保護者失格。一線を越えた夜 18話 ネタバレ
「ふたりきりの温泉旅行」
レビューします。

以前から2人っきりの
旅行を計画していた
瀬名とちづる、

いつものように瀬名の事を
「叔父さん」と呼んでいたちづるに、
瀬名はせっかくの旅行
だから名前で呼んでと言います。

緊張しながら「ゆきひささん」と呼び
かけるちづるに、
瀬名は嬉しそうに応えるのでした。

==待ちに待ったお泊まり旅行で、
名前を呼び合う2人とってもお似合いだね。
ちづるちゃんの緊張した呼びかけ、
瀬名おじ様の笑顔ステキ(*´ω`*)==

温泉旅館の近くで見頃を
迎えたいた紫陽花を2
人で見ながら瀬名は無邪気に
はしゃぐちづるにキスをします。

手をつないで周辺を散策し、
2人は満ち足りた幸せ
を感じていました。

==素敵なキス(*´ェ`*)。
熱く愛を求め合う姿もヨイけど、
こんな不意打ちも嬉しいよね、
ちづるちゃん。

手をつないで歩く姿も幸せそう(*ノ∀`*ネ。

温泉旅館に戻る途中雨が降り出しすっかり濡れた2人、
瀬名はタオルで優しくちづるの
髪を拭いてあげるのでした。

==お部屋は露天風呂付き、雨に濡れた2人
・・ナニかが起こりそう~∑(。>д<。)キャ。

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 19話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 19話 ネタバレ
「和室・露天風呂・キスマーク」
レビューします。

温泉旅館で露天風呂付きの部屋、
夕立ちで身体の濡れた瀬名とちづるは一緒
に露天風呂に入ります。

「こっちこないの?」と浴槽でちづるを呼ぶ瀬名、
2人は身体を寄せて抱き合います。

そして静かに唇を重ね、
お互いを求め合う
ようにディープキスするのでした。

==一緒に露天風呂入る時ちょっと
照れくさそうだったちづるちゃん、タオルで
前を隠して恥じらう姿が可愛い
ケドやっぱり瀬名おじ様のそばにいたいんだね==

瀬名の身体にキスマークを
付けようとして上手くいかないちづる、
瀬名はちづるの胸を強く吸い、
やがてうなじ、耳元、乳首へと唇を移していきます。

そして指を雌蕊へと伸ばし弄り始めます。

==やっぱり瀬名おじ様のほうが一枚上手。
逆にキスマークつけられたちづるちゃん
への攻めはまだまだ続きそう’`ァ,、ァ(*´Д`*)’`ァ,、ァ。

ギュウと瀬名にもたれかかり、
身体をビクビクさせながら瀬名に抱きつくちづる。

瀬名が指入れを止めず、動きを速めるとちづるは
「あぁーッ」っと声をあげ
イってしまうのでした。

==まずは露天風呂で第一ラウンド(´○`)ぁ。
でも夜はまだまだこれから、お泊まり
旅行の続き、すごく気になります==

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 20話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 20話 ネタバレ
「アルコールでアツくなる身体」
レビューします。

2人きりの温泉旅行の夕食の時に、
瀬名はちづるにお酒を勧めます。

ちづるは、ハタチになったばかりの
頃瀬名の友達に薦められたお酒で、
大人ぶってペースを考えず深酒
した苦い過去を思い出し、

少しためらいますが今日は瀬名
がいるから大丈夫と思い盃を受け取ります。

==そうそう、初めてのお酒で大失敗
しちゃったんだよね。

でもあの時は、自分を大人に
見せたかったんだよね、
もう大丈夫だね(*´ω`*)==

楽しく会話を交わしながら食事する2人、
ちづるは、瀬名が忙しい中で
時間を作ってくれた事に
心から感謝するのでした。

必死で言葉を選んで
気持ちを伝えようとするちづるに、
瀬名は「ごめん」と言います。

ドキッとするちづるに、
「それ以上何か言われると触りたくなるから・・ダメ」

と顔を赤らめる瀬名。
そして自分以外の前では
お酒を飲まないほうがいいと

ちづるに伝えます。

==ちづるちゃんが一途な思いを伝えてる時の
「ゴメン」はドキッとしちゃうよね。
でも焦る瀬名おじ様の表情可愛い(ノω`*)。
ちづるちゃんの事も心配なんだよね==

お酒を飲み喉が渇いたちづるは、
一人で旅館の自動販売機に
水を買いに出掛け、夜するのかな・・って
チョッピリ想像しながら部屋に
戻ろうとします。

そこで男の子2人組とぶつかり、ナンパされてしまうのです。
そこに瀬名が現れて・・。

==あらら、ちづるちゃん、
夜の事考えてうわの空だったもんね(*´ェ`*)。登場した
瀬名おじ様、どうなっちゃうの~∑(*゚д゚艸)。

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 21話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 21話 ネタバレ
「乱された浴衣」
レビューします。

ナンパされそうになったちづるですが、
瀬名が現れ「なんだ、家族連れか」と
残念そうに退散します。

はたから見たら家族、恋人同士のつもりでいたちづるは
ショックを隠せません。

うつろな表情のちづるの腕
を瀬名は強く引っ張り、
部屋に入るなり乱暴にキスをします。

「どこか触られた?」と尋ねる瀬名に、
大丈夫と答えるとちずるのキスマークに
ソッと頬を寄せ、瀬名は心から安堵するのでした。

ピンチは免れたけど、恋人に見られなかったのが
悲しかったんだね( *>д<)。

でも
瀬名の心配ぶりは、子どもに対して
ではなく完全に“自分の女”
そのものですね

そして浴衣を脱いだちずるの
胸を弄りながら、
2人はディープキスを交わします。

胸に舌を這わせ激しく吸う瀬名の攻めに、
声を漏らすちづる。

瀬名が怒っていないか
気にかけるちづるに、
熱い指を雌蕊に挿れ
「おしおき」と言いながら、

ちずるの下半身

を天井へ向け露わになった
雌蕊を舐め回す瀬名。
じっくりとすべてを見られて、

「だめっ、恥ずかしいよぉ」

と声をあげるちづるは震えながら
布団に潜ってしまいます。
硬くなっている瀬名のモノを感じながら、
ちづるは思い切った行動に出るのでした。

瀬名おじ様ったら、なんて大胆な攻めを・・。
女子の雌蕊を白日に晒すなんて(´○`)。

で、でも硬くなった瀬名おじ様の
モノを見てちづるちゃんってば
一体何をシテあげちゃうの~?

気になります

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 22話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 22話 ネタバレ
「舐め合いだけじゃ足りなくて」
レビューします。

「叔父さんにも気持ち良くなって欲しい」
ちづるが、瀬名のモノを口に咥えると、

瀬名は短く声を発しながら
ちづるの雌蕊に舌を這わせます。
音をたてて舐め合う瀬名とちづるは、

言い知れぬ快楽に全身を貫かれていきます。
そして、スキンの封が開き、
瀬名のモノがちづるの雌蕊に挿入され、
「あ・・は・・ぁぁ」ちづるは

たまらず声を漏らし受け入れるのでした。

==「瀬名おじ様に悦んで欲しい」
ちづるちゃんはもう、
恋人を想う女性の気持ちを
ちゃーんと分かっていたんだね(*’д`*)。
お返しもバッチリo┤*´Д`*├oアァん。==

奥まで入り、瀬名はパチッパチッと
身体をちづるに突きあてます。

「好き」を何回も
つぶやきながら、雌蕊は瀬名のモノをギュゅ~っと掴んで、
2人は絶頂を迎えます。

お互いの気持ちをハッキリ
と確信した2人は、
強い絆を感じていました。

「幸せだな・・」

例え周りからどう思われようと、
こうして、ずっと一緒にいたいと
いう思いをかみしめるちづるでした。

==うんうん、道ならぬ恋だけど、
2人の気持ちは本物だもの(´;ω;`)。
今の気持ちを大切にしたいって
言う2人のこれからが気になります==

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 23話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 23話 ネタバレ
寝起き姿にそそられて・・・
レビューします。

温泉旅行での1夜が明けて
目を覚ました瀬名は、
まだ無邪気な姿で
寝ぼけているちづるの姿にキスをし、

うなじを味わって乳首を舐め回します。

目を覚ましたちづるは、
浴衣の前がはだけ胸があらわ
になっている自分の姿に
気付くと、驚いて顔を赤らめるのです。

==ちづるちゃんの寝顔チョ~無防備(つω`*)ヤン。
瀬名おじ様が欲情しちゃうのも無理ないです。
浴衣ってオッパイポロリになっちゃうし(*´∀`*)アン。==

「朝なのになんで・・」するの?

と言いかけたちづるの口を、熱いキスで
塞いだ瀬名は、

グッショリと濡れたちづるのパンティ
を脱がせ雌蕊に指を
滑り入れてきたのです。

「ぐしょぐしょだ」と言いながら、音を立てて
ちづるの雌蕊を指でかき回す瀬名、

ちづるは、にゅちっと突きあたる刺激に
ゾクッゾクと駆け巡る快感を抑えきれず
イキそうになり、自分のモノを挿入
してきた瀬名を受け入れて一緒に絶頂を迎えます。

==そう、朝なのにしちゃった2人(´○` )
グッチョリ濡れてたちづるちゃんの雌蕊
触っちゃったらもう、
挿れてしまうしかないですね==

そしてチェックアウトの時間を迎え、
いよいよ2人っきりの旅行は終わりの時が
近づこうとしていました。

==幾度も、身体を重ね心を通わせた旅、きっと2人の絆は深まったはず・・
なんだけど、なんだか謎めいたメールが・・。ああん、気になる~==

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 24話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 24話 ネタバレ
指輪の意味
レビューします。

チェックアウトを済ませ温泉旅館
を後にした瀬名とちづる。

帰りにちづるの親友へのお土産を買い、
お店の人に初めてカップルと言ってもらえ、ちづるは
喜びの気持ちでいっぱいになります。

アクセサリーに目がとまり、
散策の時に瀬名にキスしてもらった
思い出の紫陽花をかたどった指輪に

心魅かれるちづるですが、瀬名は指輪ではなくブレスレットを勧めるのでした。

帰りの車中で
「ごめん」と謝った瀬名、

ちづるは瀬名の真意が分からず、帰宅するまで
うわの空だった瀬名を気にかけます。

==アララ、指輪はスルーされちゃったねc(´ω`o)。
ちづるちゃんは、瀬名おじ様が選んでくれたブレスレットに喜んでるけど、
瀬名おじ様の微妙な表情。ここは
マンガでぜひチェックしてもらいたい場面です==

わざと元気に振る舞い「幸久さん」
2人の時は名前で呼んでいいよね、

このくらいはいいよね、
という気持ちで瀬名の腕をつかみます。

しかし瀬名はそれはダメだ、
と言い、

車で聞いたごめんの言葉と
共にちづるを不安にさせるのでした。

そしてあんなに近くに感じた瀬名の心が、
遠くに離れた様に感じてしまうのです。

==ちづるちゃんの、まさにすがり
付きたい気持ちが痛いほど伝わってきます。
「ダメだ」「ごめん」と言った
瀬名おじ様の本心が知りたいですよね(Pд`q。)。==

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 25話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 25話 ネタバレ
親友にも言えない好きな人
レビューします。

ちづるが子どもの頃から願っていた事、
せっかく瀬名と心を通わせる事が出来た
と思った温泉旅行。

けれど帰りに瀬名の心がまた
フッと離れてしまったようなちづるは、

帰って以来2人の関係がぎこちなく思えていました。

==普段通りに振る舞おうとする2人だけど、
だからこそ感じるものがあるみたい。==

親友のちよ子のメールで、
相談があると呼び出されたちづるは、
お互いの昔を良く
知る相手との会話で心を和ませていました。

==すごいボーイッシュで大人っぽいちよちゃん、
昔からちづるのナイトみたいな
存在だったんだね(o’∀`o)。
ネイリストでオシャレな雰囲気バッチリな子です==

複雑な家庭に育っていたちよ子
はよくちづる達の家に遊びに来て、

瀬名の事も良く
知っている間柄なのです。

ちよ子の相談とは、瀬名よりも年上で、ずっと付き合って
きた相手と結婚するかもしれないというものでした。

「でも、迷っている」と
ちょっと浮かない表情のちよ子の本音は・・。

==おおー、おめでとうちよちゃん( ´∀`ノノ
と言いたいところですが、ちづるへの
相談の本題、悩みの内容メチャ気になるよね~(*´・д・)。==

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 26話 以降はこちらをクリック