女子大生と教授(と僕)のありがちな 無料 チンジャオ娘の寝取られ漫画!

女子大生と教授(と僕)のありがちな 無料

女子大生と教授(と僕)のありがちな 無料
Handyコミックで立ち読みできます!

▼▼女子大生と教授(と僕)のありがちなの無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

>>>こちら
<<<

女子大生と教授(と僕)のありがちな 1話 ネタバレ

女子大生と教授(と僕)のありがちな 1話 ネタバレ その日彼女の身体は教授のものになった レビューします。

これは彼女と僕(仮称・B)のありがちな日常のはずだった・・・
彼女・沙依は勉強家だ。
一緒にカフェにいてもその手にはペンが握られている。
沙依とは小学校からの幼馴染で、ずっと片思いだったのだが、思い切って告白をするとなんと付き合うことができたのだ。

おっとりとした性格だが勉強熱心で、暇さえあれば勉強している。
Bと沙依の二人のデートはいたって平和な時間が流れている。
しかし、あるときその平和な時間が崩れてしまったのだ。

沙依のゼミの担当教授「K」がデートの時間に同席しているのだ。
沙依はテキストのわからないところを質問していて、なにやら大学にいるような気分になる。

しかもこの教授は手が早いと言う噂ががあり、だからこそ気が気ではない。

沙依に限ってそんなことは・・・そんなBの考えは裏切られることになってしまったのだった。

感想●手書きの荒々しさが個人的には好きな作家さんです。
大学生になって夜教授と二人きり・・・
というのも無防備なお話ww。

ちょっと警戒心が足りませんでしたね。
でも教授、キスと足の動きだけでイかせられるなんてテクニシャンw。
Bも早く手を出しておけばよかった・・のかな?

▼▼女子大生と教授(と僕)のありがちなの無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
女子大生と教授(と僕)のありがちな 無料

>>>こちら
<<<

女子大生と教授(と僕)のありがちな 2話 ネタバレ

女子大生と教授(と僕)のありがちな 2話 ネタバレ 彼女の笑顔が陰る理由に僕は気づかない レビューします。

沙依とBはまたカフェでデートしていた。
いつもの平和な時間とは少し違って、彼女の笑顔に少し影がさしている気がする。
無理をしているような・・?

「沙依・・・どうかしたの?体調悪い?」
「ううん・・・なんでもないよ」

そしてまた教授が現れたのだ。

彼はどことなく上機嫌で、Bに話しかけてくる。

Bと教授の会話は弾んでいた。

それに戸惑う沙依には気づかないまま。
沙依は教授とのあの一夜をBに知られるわけにはいかないと、必死だった。

教授から資料整理を手伝ってくれと呼び出されなにをされるかわかっていても断ることはできなかったのだ。

下着を脱がされ、おしりを教授に差し出す沙依。

資料室には人はおらず、見つかりたくない思いと助けてほしい思いとが交錯する。

しかし、教授のモノはギンギンに勃っていて待ちきれないというように一気に挿入してきたのだ!

何度も求められた沙依のソコは、もうするりと受け入れられるようになっていた。

ヂュプ・・・交差するアソコが卑猥な音を立てる。
普段の激しさがない教授・・・しかしそこにBがやってきて、彼の動きが急に激しくなりだした!

感想●教授、意地が悪すぎますwww。
沙依はBのことが大切なのに、その気持ちをぐちゃぐちゃと踏みにじって楽しんでいますね~。

しかし、沙依ちゃんの下着はいつも白の無地!
なんというか純情さが際立ってエロい感じがします。

▼▼女子大生と教授(と僕)のありがちなの無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

>>>こちら
<<<

女子大生と教授(と僕)のありがちな 3話 ネタバレ

女子大生と教授(と僕)のありがちな 3話 ネタバレ 久しぶりのデートはきっと上手くいくはずだ レビューします。

2人のデートの時間は徐々に気まずい時間となってきていた。
沙依の持つ雰囲気が暗くなっているのだ。
笑顔も見なくなり、Bは不安になって沙依をデートに誘うことにしたのだ。

デートの計画を立てていると、沙依の表情が少しずつ明るくなっていくのを感じてほっとした。

デート当日、沙依は久々に楽しい時間を過ごしていた。

教授との秘密を一時でも忘れることができ、教授との一夜以前の生活がどんなに穏やかだったかを思い出す。

夜、夕食を一緒に食べるはずだった沙依は予定ができたと帰ってしまう。
もちろん、予定を作ったのは教授だ。

高層ホテルに行き、透け透けの卑猥な下着をプレゼントされ着替えさせられる。
そんな姿をイヤだと思いつつ、秘部は正反対に反応してしまう。
愛液があふれ、あっという間に教授のモノを飲み込んでいく。

その様を鏡のように反射する窓ガラスで見て、恥ずかしさといやらしさで真っ赤になった沙依。

「んっんっんっあっ」

教授の動きが激しくなり、その瞬間が近いことを肌で感じ、目の前のガラスに映る女性が髪を振り乱しながら喘いでいるさまを見る。
現実を突きつけられるように・・・

感想●気持ちはイヤがっていても、身体や反応は正直・・・っていうストーリー展開にやられました(笑)

純情だった沙依が少しずつ落ちていくさまを、ほぼ語りだけで過ぎていく流れがちょっとリアル。

▼▼女子大生と教授(と僕)のありがちなの無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

>>>こちら
<<<

女子大生と教授(と僕)のありがちな Handyコミック無料 4話 ネタバレ

女子大生と教授(と僕)のありがちな 4話 ネタバレ 変わっていく彼女、取り残される僕 レビューします。

徐々に沙依の顔から憂いが消えてきた。

ほっとしたのもつかの間、Bとの関係は以前にもまして薄くなっていくようだった。

ゼミに入りびたり、夜も予定が詰まっているようで、黙って家に行ってみたが深夜でも帰ってきていなかった。

沙依は少しBとの関係に面倒くささを感じていることに、罪悪感があった。

朝から深夜まで教授に呼び出され、あの行為を迫られる。
そんな毎日に少し慣れてきたころ、教授の呼び出しがぱたりとなくなったのだ。

やっと解放される?

でも今更、、そう考えながら1週間が過ぎたころ、酒に酔った教授が部屋に押しかけてきた。

有無を言わさず服を剥ぎとり胸にしゃぶりつく教授。
以前とは違う姿に、沙依はすこし恐怖を覚えながらも身をゆだねた。
「あっあっやっだめ・・やっ」

その鬼気迫る行為の裏側に教授が何かにおびえているように感じた沙依。
かわいそうに感じて、彼のモノを手でシゴキ始める。

そして、2人で高みへ昇って行ったのだった。

感想●沙依がBくんをスリルのために使ったなんて・・・!
純朴な彼女はどこへwww。

次はとうとうBくんにばれてしまう、いやばらしてしまう?
恋人同士のようになっている2人をどう思うのでしょう・・・(ドキドキ)

▼▼女子大生と教授(と僕)のありがちなの無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

>>>こちら
<<<

女子大生と教授(と僕)のありがちな Handyコミック無料 5話 ネタバレ

女子大生と教授(と僕)のありがちな 5話 ネタバレ その夜彼女の全てが教授のものになった レビューします。

温泉旅行に来ていた教授と沙依。

貸し切りの露天風呂では、さっそく淫らな行為が始まっていた。

「あん、だめですよ先生こんなところで」
「こんな君の姿をみてがまんできるわけないだろ」

教授も沙依の身体に欲情していた。

二人は恋人同士のように相手を気遣い、快楽の行為に浸っていたのだ。

腰を打ち付け、焦らし、胸を揉みしだく。

温泉の水音とつながっているところからの水音が混ざり合い、行為はさらに激しくなっていく。

「あんっ、ひんっ、ひあ!」

そして教授は沙依の中にその精液をまきちらしたのだった。

この温泉旅行の目的、それは二人の子供を作ることだった!

教授には妻がいるが、どうやら浮気をしていて子供は自身の血を引いていないというのだ。

その反動から何人もの女子生徒に手を出したのだと。

沙依は教授を哀れみ、彼の子供を産んであげたいと思ったのだった。

2泊3日の長い時間の大半を淫らな行為に費やし、身体も心も教授のものとなっていく沙依。

そのとき、沙依の携帯電話が震えた。

相手はB・・・スリルが味わいたいと思ったのだろうか。
沙依は電話に出たのだ。

それと同時にさらに激しくなるそれ・・・
携帯はしっかりその水音を拾っているようだ。

感想●ああああ・・・Bがかわいそうでならないですっ!

彼女(だと思っていた)が別の人とセックスしている声。
を一晩中聞くなんて・・・いや、よく聞いてたなw。

最後にいつも一緒にいたカフェに座っているBを想像すると泣きそうです。

▼▼女子大生と教授(と僕)のありがちなの無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

>>>こちら
<<<

チンジャオ娘トップにもどる。