ドクムシ 無料 で全話チェック!

ドクムシ 無料
はHandyコミックから無料立ち読みできます。

▼▼ドクムシ 無料 立ち読みはこちらをタップ▼▼
ドクムシ 無料

PCの方OR買い切りがいい人はEBOOKJAPANから無料立ち読みできます。

作者:合田 蛍冬/八頭 道尾

ドクムシ 4話 ネタバレ

あらすじ:
廃校の探索を続けるレイジたち。
レイジたちとは別のグループで探索を行っているタイチは、メンバーの少女・ミチカにかつて自分が出会った幼い少女の面影を見る。
タイチは3年前、ある少女と公園で知り合い仲良くなるが、「自分の彼女になってほしい」という願いを拒絶された過去があった。
そしてタイチはその少女の首を絞め・・・

感想:
前回に続いてタイチの回想から始まります。
仲のよかったはずの少女に「気持ち悪い」と拒絶され、キレたタイチの行動が、思わず目を背けたくなるほどの描写として描かれます。
今回はタイチの回想だけで終わりではなく、廃校を探索するレイジたちにもスポットがあたり、「窓ガラスがない」ことなどが明かされます。
ミチカは果たしてあの日タイチと出会った少女なのか、ここはどこなのか、電光掲示板は何を意味するのか、そして誰がこんなことを仕組んだのか、相変わらず謎はほとんど解明されませんが確実に物語は動き始めていることがわかります。

▼▼ドクムシ 無料 立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【ドクムシ】一般※スマホ専用

PCの方OR買い切りがいい人はEBOOKJAPANから無料立ち読みできます。

ドクムシ 5話 ネタバレ

あらすじ:
廃校の探索を続けるレイジたちは、トイレに鏡がないことに気づく。
そして、もうひとつ不可解な点としてトイレにウォシュレットが設置されていること。
明らかに後から設置された場違いなウォシュレットの存在は何を意味するのか。
そんな中、メンバー唯一の少女・ミチカがトイレに行きたいと言い出した。
そんなミチカを気にかけるユミを見て、レイジは彼女の中にマリという女性の面影を見るのだった。

感想:
今回は第一話以来となる「マリ」という女性の名前が登場します。
第一話ではどうやらレイジが殺した?ような描写がなされていましたが、もちろんその真相はこの段階では不明です。
また、この回でも「窓ガラスがない」ということが再確認されますが、それに加えてトイレの鏡が外されている事実が語られます。
ガラス関係のものが全くないうえに、「学校」には明らかに不釣り合いなウォシュレットがかえってこの空間の不気味さをあおります。
ミチカを見るタイチの目線も怪しく、これからの展開が気になるところです。

ドクムシ 6話 ネタバレ

あらすじ:
廃校の探索を続けるレイジたちは、ついに最後の教室にたどりつく。
その部屋にあったもの、それは肉切り包丁と土鍋、そしてカセットコンロだった。
この状況を前にしてユキトシが「監視者」の意図を推理し始める。
それは、廃校に集められたメンバー同士での「殺しあい」:と「人食い」だった。
電工掲示板のカウントダウンがゼロになるまで、そして肉切り包丁は殺した人を「料理」するため・・・。

感想:
今回ついに廃校に集められた理由らしきものがユキトシの口から語られますが、もちろんユキトシも集められたメンバーのひとりです。
条件的にはレイジたち他のメンバーと何ら変わらない状況であるにもかかわらず、冷静かつ的確な判断を見せるユキトシは、果たしていったい何者なんでしょうか。
また、殺しあいをするにしてもガラスや鏡がないという事実はどう関係してくるのでしょう。
どう考えても怪しすぎるユキトシですが、それだけに彼の言うことだけを信用する必要もないと思いました。
レイジたちのその後の行動が気になりつつ次回に続きます。

ドクムシ 7話 ネタバレ

あらすじ:
最後にたどりついた教室で土鍋と肉切り包丁を発見したレイジたち。
ユキトシは集められたメンバーで殺しあいをさせるつもりではないかと推理するが、もちろんそんな状態にはならず時間だけが過ぎていく。
そんな中、ユミはレイジに自分に似ているマリという女性について尋ねる。
たわいもない会話が続くが、メンバーのひとり・トシオがユキトシに詰め寄る。
「監視している側の人間じゃないのか」

感想:
殺しあいをさせるつもりではないのか、と推理しつつもさすがにいきなり殺しあいにはなりません。
とはいえ7日間もそのままで何もせずに過ごすことはできるのでしょうか。
水が出るから死ぬことはないということなのですが、それでも限界というものはあります。
また、今回はトシオがユキトシに向かって疑念を吐露しますが、おそらく誰もが思う疑念でしょう。
事実、メンバーのひとり・アカネもトシオに同意していますのでこの「疑念」をメンバーが抱いたことでストーリーが大きく動く予感がします。

ドクムシ 8話 ネタバレ

あらすじ:
廃校に閉じ込められたメンバーのトシオとアカネに首謀者ではないかと疑われるユキトシ。
オカルトマニアを自称するユキトシは、首謀者ではないが自身の置かれている状況をむしろ楽しんでいると伝える。
そして、この状況とは古代中国に伝わる呪いのひとつで、閉鎖された空間にて人間同士を殺し合わせることが目的ではないかと推理するのだった。
もしもそれが本当だとすればここにいる全員は敵ということに・・・?

感想:
自身がオカルトマニアということで閉鎖された学校に閉じ込められているという状況すら楽しんでいるユキトシ。
結局のところユキトシの正体については確認するすべがないものの、今回である程度状況の整理が行われます。
中国の呪いとは、様々な種類の虫を食い合いさせて最後に残った虫に強い力が宿るというものですが、それを人間でやろうというのがユキトシの推理です。
電光掲示板や包丁、土鍋など用意された装置がそのために仕組まれているとすれば、この後メンバーたちを待ちうけているのは何なのでしょうか。
本当に殺し合うのか、それとも…。

ドクムシ 9話 ネタバレ

あらすじ:
ユキトシの口から語られる「殺し合い」の言葉に疑心暗鬼になっていくレイジたち。
取り乱すタイチ、殺し合いの方法を考え始めるトシオ、しかしそんな中でアカネは冷静に状況を分析する。
何も事態が好転しないまま別々の教室に分かれるメンバーたち。
そんな中で、メンバーの一人・ユミはアカネに対し…!

感想:
今回はいろいろと意外な要素が盛り込まれています。
これまであまりスポットのあたることの少なかったアカネですが、ここにきて存在感を増してきており、メンバーの中でも頼りがいのあるキャラクターになりつつあります。
加えて今回は同じ女性キャラであるユミにも意外な一面が用意されており、こちらも驚かされるシーンとなっています。
相変わらず首謀者の目的は不明であり、どのように動いていくのかどうかはわからない中でのこうした一場面は、これから始まるであろう「殺し合い」の前フリなのか、それとも何か意味があるのでしょうか。
どちらにしても、早く続きが読みたいですね。

▼▼ドクムシ 無料 立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【ドクムシ】一般※スマホ専用

PCの方OR買い切りがいい人はEBOOKJAPANから無料立ち読みできます。

ドクムシ 10話 ネタバレ

あらすじ:
仲之内俊夫、22歳。
廃校に集められたメンバーのひとり・トシオは何か気に入らないことがあればすぐにキレる、危ない若者だった。
閉鎖された廃校に拉致される前のトシオはどんな生活を送っていたのか、彼の過去が明かされる。

感想:
今回はトシオの過去回です。
メンバーの中でも最もキレやすく、最もコワモテなお兄さんであるトシオですが、その外見にたがわぬ素行の悪さが今回は語られます。
確かにこうしたコワイ人というのはどこにでもいますね。
それだけにトシオというキャラクターは、自称オカルトマニアのユキトシなどと比べると非常にリアリティのあるキャラクターだと感じました。
できれば実生活ではかかわり合いになりたくないレベルの存在ですが、そんな人が、もしも非日常的な空間に入り込むとどうなるのか…。
現在トシオは自分を除くメンバーが全員で自分を殺しに来ると疑心暗鬼になっていますが、追いつめられたトシオが何をしでかすのか、それがどう事態と関係してくるのかが気になります。

▼▼ドクムシ 無料 立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【ドクムシ】一般※スマホ専用

PCの方OR買い切りがいい人はEBOOKJAPANから無料立ち読みできます。

ドクムシ 11話 ネタバレ

あらすじ:
かつて自分を怒らせたがためにその相手の家族を死に追い込んだ過去を持つトシオ。
廃校に他のメンバーと集められたトシオはその時の記憶にさいなまれる。
一方、アカネにキスをしてしまったユミ。軽い自己嫌悪になっていたユミだが、そんな彼女をアカネが懐柔する。「一緒に組まない?」
彼女の本当の目的とは何か。
廃校から脱出するために暗躍するアカネの次の目標は、レイジ…!

感想:
トシオの最悪な過去回に続き、今回はアカネに再びスポットがあたります。
このアカネは初登場時にはそれほど重要な存在になるとは思っていなかったのですが、そのキャバ嬢みたいな外観とは裏腹にかなり頭の切れる狡猾な人間であることが今回明かされます。
おそらく、メンバーの中ではユキトシに次いで冷静に状況を分析していると思われるアカネ。
彼女が今後どのように動いていくのかでストーリーも大きく動いていくのではないでしょうか。
スポットがあたる人間が二転三転しますので、しっかりと追っていきたいところです。

ドクムシ 12話 ネタバレ

あらすじ:
アカネに自分に対する気持ちを告げられ有頂天になるユミ。
そんな彼女の前に階段からトシオが落ちてくる。
けがをしたトシオを介抱するユミに自分を狙っていると思い込んでいるトシオは、突き返す。
それでも優しく接するユミに、トシオは自分の性欲のままにユミに襲いかかるのだった・・・!

感想:
アカネからの気持ちを告げられ「うれしい」という表情になっているユミですが、「あぁ、やっぱりソッチの人だったのか」と少し残念な気持ちになりました。
また、今回はそんなユミの「隙」?をトシオに突かれてしまうのですが、あの状況下では遅かれ早かれそうなったと思うと、むしろ自然な流れといえるかもしれません。
いろいろとトラブルメーカーなトシオではありますが、この状況でユミのような女性がいたのでは、何もするなというのが無理な話です。
個人的にはかかわり合いになりたくないタイプのトシオですが、今回だけはトシオに少しだけ同意できるかもしれません。
とはいえ、これで済むはずもないので果たして続きはどう流れていくのか気になります。

ドクムシ 13話 ネタバレ

あらすじ:
廃校に監禁されてから14時間が経過していた。
何もすることもないまま時間だけが過ぎていく中、レイジはユミの帰りが遅いことに気づく。
そんなレイジと共にユミを探しに出たアカネは、階段の踊り場でトシオに襲われたユミを見つける。
ユミの体について笑いを交えて話すトシオに対し、嫌悪感をあらわにするレイジ達。
だがこの状況を打開する策もなく・・・。

感想:
舞台は再びレイジ達のいる教室に戻り、アカネの暗躍が始まります。
レイジを連れてユミを探しに行くアカネの本当の狙いは何なのかまだわかりません。
そんな二人の前にトシオとユミの姿が!
「こんな状況だからやることをやった」と言わんばかりのトシオに対し、ユキトシですら「やっていいことと悪いことがある」と反論しますが、これについては難しいところでしょう。
なにしろいつ殺されるとも知れないところに女がひとり来たわけであり、しかも「殺そうとしている相手」から説教をされても響かないのは当たり前かもしれません。
さらに孤立を深めるトシオはこの後どうなるのでしょうか。

ドクムシ 14話 ネタバレ

あらすじ:
トシオをひとり残して離れるレイジたち。
強がりを言うトシオに対してユキトシが告げる言葉は「何もないところで一人でいられるほど人間は強くない」
その言葉通り、一人になったトシオはかつて自分が死に追い込んだ子供の幻覚を見る。
一方、トシオ以外のメンバーは教室に集まり今後のことを相談する。
トシオをどうにかしなければならない。
誰もが思うことだが、誰がどうすれば良いのか…。

感想:
今回はいろいろとユキトシの言葉が印象的です。
「何もないところで一人でいられるほど人間は強くない」
「ここにはルールも警察もいないから自分たちで守るしかない」
トシオをどうにかしなければならないとはいえ、では何をどうすれば良いのか、できれば考えずに済むならそれが一番ですよね。
レイジくん、と呼ばれるところで次回に続きますが、どうするのが本当の解決になるのかわからないまま少しずつ物語が動いている感じがします。
トシオもまた強がっている言葉の裏には常に罪の意識にさいなまれているようで、このまま無事?に済むのか、それとも・・・。

▼▼ドクムシ 無料 立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【ドクムシ】一般※スマホ専用

PCの方OR買い切りがいい人はEBOOKJAPANから無料立ち読みできます。

ドクムシ 15話 ネタバレ

あらすじ:
レイジのパーカーのヒモでトシオを拘束することを提案するユキトシ。
まさか本当に殺すわけにもいかないと言いつつも、その後に「君はそうしたかった?」と続けるユキトシに、レイジは軽い嫌悪感を覚える。
ひとりになってさらに手がつけられなくなっていくトシオを、できるだけ刺激しないことと、廊下には見張りをたてること等の取り決めを作っていくユキトシだが、レイジやアカネなど彼の少し無神経な言い方を嫌う者もいて…!

感想:
レイジに対して「殺すつもりだったのか。怖い人だな」と言うユキトシですが、この時のユキトシの表情もかなり怖かったです。
ある意味最も信用ができない人物であるユキトシですが、廃校メンバー全員が腹に一物持っている人ばかりのため、ユキトシばかりを疑うのも難しいところでしょう。
実際に「いなくなってほしいだけだ」と心の中で思うレイジも、ユキトシの言う通り「怖い人」なのかもしれません。
一見普通に見える人が実は最も怖いというのはサスペンスの定石なので、主人公格のレイジが動く時が物語が大きく動く時といえるでしょう。

ドクムシ 16話 ネタバレ

あらすじ:
トシオが狙ってくるのはアカネ?
ユキトシのそんな推理に強がりつつも、アカネの体は震えていた。
そんなアカネを見て、ユミは自分が彼女を守ると決意をする。
見張りのタイチが覗き見する中、そっとアカネを抱き寄せるユミ。
そして、アカネとミチカが寝入った頃を見計らってユミはひとりトシオのいる教室を訪れ、彼と対峙する・・・!

感想:
タイチの見た目どおりのゲスな覗きでスタートした今回は、アカネの過去が少しだけ語られます。
日常的に「暴力」を見てきたアカネだからこそ、トシオのような凶暴な男を前にしても動じることがなかったのでしょう。
気丈に振る舞っているとはいえ、アカネも女性であることは変わらないようで、ユミに震えていると指摘されます。
本当はトシオを恐れているのか、それとも別の理由かまではわかりませんでしたが、次回はいよいよトシオとユミの直接対決です。
見張りといいつつ部屋を覗いていたばかりか、ユミが出ていったことも気づかないタイチは相変わらずですが・・・。

ドクムシ 17話 ネタバレ

あらすじ:
アカネたちの教室を抜けだし、ひとりトシオのいる教室を訪れたユミ。
「自分を守って」と告げるユミに迫るトシオだが、ユミは3階の教室への移動を提案する。
一方、レイジはトイレへ行こうと教室を出る。
ユキトシの言葉を思いだし、彼への対抗心からまだ行ったことのない3階の女子トイレを探索しようと決意する。
その3階では、事を終えて寝入ったトシオを冷たく見下ろすユミがいて・・・!

感想:
今回はユミが文字通り「体」を張ってトシオに迫ります。
単純なトシオはユミの誘うままに3階に移動しますが、これもユミの作戦なのでしょうか。
その3階にレイジが近づいているということにも当然気づいていませんが、次回はこのまま鉢合わせになるとすれば、かえってユミが危険な気もします。
ユキトシに「怖い人」と揶揄されたレイジですが、今回のユミの表情を見るとユミの方がよほど「怖い人」かもしれません。
ここまでじらされてきた感じがしますが、もしかすると次回「惨劇」の幕が開くのでしょうか。

ドクムシ 18話 ネタバレ

あらすじ:
寝入っているトシオの首にヒモをかけて引っ張るユミ。
その頃レイジは3階のトイレで排気口を発見していたがさすがに届かずにいた。
そこへ響くトシオの悲鳴。トシオを殺そうとしたユミだったが失敗し、ユミはトシオに殴られてしまう。
逆にユミの首にヒモをかけるトシオ、そこへ現れるレイジ。
ユミをかばってトシオに飛びついたものの、レイジがかなうはずもなく・・・。
そして残されたユミはヒモを自分の手に結び・・・?

感想:
自分を殺そうとしたユミに対して激昂し、ひたすら彼女を血が出るまで殴り続けるトシオ。
顔が腫れ上がったユミの顔は見るにたえられません。
もっとも、自分を裏切ったあげく殺そうとまでした彼女を前にして、冷静でいられる方が難しいでしょう。
かといってあそこまでユミをボコボコにしたのは、やはりトシオだからでしょうか。
そんなトシオでもユミの首にかけたヒモを引く際には多少なりともためらいがあったようです。
このあたりはためらいなくトシオの首を絞めたユミとの対比が面白いですね。

ドクムシ 19話 ネタバレ

あらすじ:
トシオから逃げるレイジ。
しかし、すぐにトシオに追いつかれ首を絞められてしまう。
殺される、そう思ったレイジだったがそこに現れたのはヒモを手に結びつけたユミだった。
ユミはトシオの首にヒモをかけると、レイジに言う
「トシオの足を離さないで」
そのままユミは自分の体重ごとトシオの首にかけるように階段から身を投げる・・・!

感想:
今回ついに最初の犠牲者が出ます。
これが果たしてカメラ越しに監視しているであろう首謀者の思った通りなのかどうかはともかく、廃校メンバーについに死者が出てしまいます。
今回犠牲になったキャラクターはこの後もストーリーにからんでくるかと思っていましたが、意外に早い退場でした。
この犠牲によって、さらに「殺しあい」が加速していくのか、それとも逆に収まっていくのか・・・。
ストーリー的にはこの後殺しあいがエスカレートしていくパターンがセオリーですが、果たしてどう動いていくのか目が離せません。

▼▼ドクムシ 無料 立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【ドクムシ】一般※スマホ専用

PCの方OR買い切りがいい人はEBOOKJAPANから無料立ち読みできます。

ドクムシ 20話 ネタバレ

あらすじ:
自分の全体重をトシオの首にかけることで、彼の命を奪ったユミ。
駆けつけたユキトシらの協力を得てユミを助けだすことに成功するが、自分の目の前で死んだトシオの姿はレイジの頭から離れない。
「君たちが殺したんだろ」
ユキトシの言葉がレイジの心に跳ねる。
トシオの死体を片づけるレイジの脳裏に浮かぶのは、かつて自分と何らかの関係のあったマリで・・・?

感想:
廃校メンバー最初の犠牲者はトシオでした。
階段の踊り場からユミが自分の体重ごとトシオの首にヒモをかけるという方法だったのですが間接的にはレイジも協力して殺したことになります。
死んだトシオを前にして吐きながらも、レイジは「悪いのはトシオの方だ」と思おうとしますが、理由はどうあれ殺したことに変わりはありません。
もっとも、トシオを殺したことに対する是非はこの場合はなかなか難しいところです。
ただでさえ閉鎖された廃校という特殊な状況なのですから、残されたメンバーもどこまで理性を保てるか、は誰にもわからないでしょう。

▼▼ドクムシ 無料 立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【ドクムシ】一般※スマホ専用

PCの方OR買い切りがいい人はEBOOKJAPANから無料立ち読みできます。

ドクムシ 21話 ネタバレ

あらすじ:
ユミの手によって首を絞められたトシオ。
レイジはタイチと共にユキトシの指示でトシオの死体を運んでいた。
「よく殺せたね」と話すユキトシの言葉についカッとなるレイジだったが、結局自分は何もできないということに気づくだけだった。
トシオは土鍋と包丁のある教室にとりあえず置かれることになったが、ユキトシによれば「死体はいずれ臭う」からだという。
本当にそれだけなのか、ユキトシの真意はどこに・・・?

感想:
今回は、ユキトシとレイジの間の確執が描かれます。
ふたりとも表面だって対立しているわけではありませんが、それでもレイジの中にくすぶるユキトシへの不満が少しずつ表れてきており、これが今後のストーリーの軸となっていくのではないでしょうか。
トシオを土鍋と包丁のある教室へ連れて行った時にはまさか「食べる」のかと思いましたがさすがにそのシーンはありませんでした。
とはいえ、全く意味なくそこにトシオの死体を放置するというわけでもないでしょうから、こちらも何らかの理由があるのかもしれません。

ドクムシ 22話 ネタバレ

あらすじ:
トシオに痛めつけられたユミを介抱するアカネ。
ユミはそんなアカネに寄りかかり「これで自分とアカネの仲を邪魔するものはいなくなった」と告げる。
トシオを殺したユミに少しの恐れを感じるものの、それでもアカネは「帰る」ために行動に出る。
そんなアカネが向かったのはレイジのいる場所だった・・・!

感想:
前回、アカネとユミの「着替え」シーンをはからずも覗いてしまったレイジですが、今回はその着替えシーンをオカズにトイレで自慰行為に励んでいます。
そこへいきなりアカネがやってくるのですが、男子トイレにアカネが来るというのはレイジにとってはかなり焦る展開ではないでしょうか。
タイチはともかく、ユキトシとも気まずくなっているレイジですが、こうした人間関係もアカネにとっては好都合といえるのかわかりませんが、このアカネも何が目的なのかわからない女性です。
トシオを殺してから少しずつユミが壊れていっているような感じですが、その辺も気になるところです。

ドクムシ 23話 ネタバレ

あらすじ:
男子トイレにいるレイジの前にやってきたアカネ。
彼女はレイジの服を脱がせ、自分の体を押し付けるように迫る。
アカネの姿に冷静さを失ったレイジは、そのままアカネを押し倒し激しく彼女を求めるのだった。
アカネがいるとも知らずにトイレにやってくるユキトシ、そしてそのアカネを探すユミ、登場人物それぞれの思惑が複雑にからみあって・・・?

感想:
レイジに迫るアカネですが、ここまでのアカネの行動を見ているとやはり何か裏があるのは間違いなさそうです。
しかし、もっと心配なのはアカネを探すユミの目でしょうか。
自分の傷を拭いた布が捨てられていたというだけでもうアカネを殺す気になっているかのような冷たい目が印象的です。
さて、今回の見どころはやはり狭いトイレでのレイジとアカネのセックスシーンでしょう。
ドクムシという作品は、基本的には血なまぐさい凄惨なシーンが多いのではないかと思っていましたが、今回は少し毛色の違う話だったと思いました。

ドクムシ 24話 ネタバレ

あらすじ:
トイレでのアカネのセックスを終え、夢見心地のレイジ。
だが、アカネの真意はレイジとは別のところにあった。
「精液は貴重な栄養源」と言い切るアカネは、あくまでもこの廃校からの生還だけを考えていた。
そんなことも知らないレイジは知らず知らずゆるみきった表情のままでユキトシやユミのいる教室へと戻ってくる。
そんなレイジにユミは・・・。

感想:
さすがはテクニシャンのアカネ、トイレという狭い空間であってもレイジを見事にイカせることができるのは見事と言うほかありません。
さらに、「精液は栄養源」などと完全にレイジを食料扱いです。
個人的には飲んでみたいとは思いませんが、これも閉鎖された空間に身をおかれた人間ならではの発想なのでしょうか。
それともアカネ自身が普段からそんなことを考えている人間だとすれば、彼女もやはり普通の人間ではなかったということになります。
次回からは再びユミがメインになりそうですが、アカネの内面をもっとみたいと思いました。

▼▼ドクムシ 無料 立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【ドクムシ】一般※スマホ専用

PCの方OR買い切りがいい人はEBOOKJAPANから無料立ち読みできます。

ドクムシ 25話 ネタバレ

あらすじ:
幼いころから内向的に育ったユミ。
女子高に通う高校生になったユミは、先輩・ユキナにあこがれて新体操部に入部する。
そんなユミに目をかけるユキナ。彼女はユミに対し愛情を注ぎ、ユミもまたユキナとの「学校での密会」が楽しみになっていた。
だがそんなある日、ユミはユキナが「別の女生徒」と関係を持っている場面を見てしまう。
信じていた人に裏切られたユミは…。

感想:
今回はユミの過去回です。
高校生の頃のユミの話ですが、ユキナ先輩とのレズシーンは間違いなく今回のみどころナンバーワンでしょう。
ユキナ先輩の美しい体にはユミならずとも虜になりそうですが、気になるのはユミがいつ頃から「ソッチ」だったのかということです。
少なくとも高校に入る前からその気はあったのかもしれませんが、より完成されていったのはユキナ先輩によるところが大きいといえます。
アカネにも裏切られているユミですが、次回ユキナ先輩がどうなるのか気になります!

▼▼ドクムシ 無料 立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【ドクムシ】一般※スマホ専用

PCの方OR買い切りがいい人はEBOOKJAPANから無料立ち読みできます。

ドクムシ 26話 ネタバレ

あらすじ:
信じていたユキナに裏切られ、毎日が苦痛の日々となってしまったユミ。
かつてユキナと共にすごした早朝の駅で、ユミはユキナを問い詰める。
だが、ユキナの答えは冷たいものだった。「あんたのそういうところがイヤなの」
それでも諦められないユミはユキナと駅でもみ合いになる。
そのはずみで線路に落ちるユキナ、そこへ電車が入ってきて・・・!?

感想:
信じていたユキナに裏切られたユミですが、もともとの発端は転校生に手を出したユキナに問題があると思います。
ユミからすれば、ユキナに裏切られたというよりも、かつて自分が居た場所を奪われたということの方が怒りの源だったのかもしれません。
今回は、駅でのショッキングなシーンがありますが、ユミの心の葛藤も相まってなんともいえない後味の悪さが残ります。
舞台は再び閉鎖された廃校に戻りますが、相変わらず首謀者は姿を見せず、ただ時間だけが過ぎていきますがやはりユミもまた他のメンバー同様に心に闇をかかえていることがわかる話でした。

ドクムシ 27話 ネタバレ

あらすじ:
レイジがアカネと何らかの関係を持ったと確信したユミは、彼の後を追う。
最初は軽くあしらっていたレイジだったが、ユミの表情に異様なものを感じ取り違う教室へと逃げ込むのだった。
そんなレイジを執拗に追いつめるユミ。トシオを殺したうっ血した手で今度はレイジの首を狙ってくる。
たまらずユキトシのいる教室へ戻ったレイジだったが、そこにいるはずのユキトシはいなくなっていて…?

感想:
いよいよユミがキレだしました。
髪の毛を振り乱してレイジを追い回す姿は、初登場時の美少女キャラからは想像もつかないほど恐ろしい姿になっています。
特にレイジが逃げ込んだ教室のドアを開ける場面などは完全にホラー映画のノリでした(笑)
とはいえ、逃げるレイジからすればたまったものではないでしょう。
なにしろユミはトシオを殺した女ですので、一人殺すも二人殺すも変わらないとユミが思っていたらただでは済みません。
加えてユキトシも消えてしまいました。彼もまた闇を抱えているのでしょうか。

ドクムシ 28話 ネタバレ

あらすじ:
ユキトシたちのいるはずの教室へ逃げ込んだレイジ。
しかしそこには誰もいなかった。茫然とするレイジの首にひもをかけ、トシオのように殺そうとするユミ。
かろうじてユミから逃れたレイジだったが、やはりどこにも誰もいない。
やむなくトシオの死体が安置されている部屋にたどりついたレイジは、肉切り包丁を手にとる。
その頃、外ではユミの両親が警察に捜索願を届けていた。

感想:
暴走したユミが今度はレイジをも殺そうと追いかけてきますが、さすがに主人公のレイジはここで退場することはありませんでした。
また、この回には再びユミの中にマリの面影を見るシーンが登場します。
第一話からずっとレイジの回想に見え隠れするマリですが、毎回陰惨なイメージしかありませんので、どうやらレイジもまた他の廃校メンバー同様にどす黒い闇を抱えているのでしょう。
それにしても、ユキトシはともかくとしてタイチやミチカ、アカネがいないのはどういうことなのでしょうか。
このままレイジとユミの一騎打ちを高みの見物?気になります。

ドクムシ 29話 ネタバレ

あらすじ:
ユミの影におびえ、肉切り包丁を手に教室にたてこもるレイジ。
殺るしかない、強迫観念にとらわれたレイジはいつしかマリの夢を見る。
そんなレイジに伸びる手。思わず包丁を振り上げたレイジだが、そこにいたのはユキトシだった。
今までどこへ・・・と思ったレイジの目に飛び込んできたのは、変わり果てたユミの姿。
「君が殺したのか?」ユキトシの問いかけにレイジは・・・

感想:
前回から引き続き、完全にホラーキャラと化したユミが怖すぎます。
ただ、今回は何かと不可解な場面が多く少し混乱しそうです。
まず、前回から姿の消えていたユキトシやアカネたちはどこに行ってたのか、そしてユミは誰が殺したのか、マリとは誰なのか。
特にユミはこの回でまさかの退場なのですが、レイジが殺したとしか思えない描写もあり、彼女の死がどう影響してくるのかが見ものです。
また、これまでほとんどストーリーにからむことのなかったミチカの存在も不気味といえば不気味なのですが・・・。

▼▼ドクムシ 無料 立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【ドクムシ】一般※スマホ専用

PCの方OR買い切りがいい人はEBOOKJAPANから無料立ち読みできます。

ドクムシ 30話 ネタバレ

あらすじ:
自分の知らない間に殺されていたユミ。
アカネたちからユミを殺したのは自分ではないかと疑われるレイジだが、状況から判断すればどう見ても自分が殺したとしか思えない。
そんな中、ユキトシだけはレイジにユミの返り血がついていないという理由からユミを殺した犯人とは思えないという判断を下す。
だが、問題なのはこの短時間で2人が死んだこと。
そのプレッシャーに耐えられず、タイチはひとり走りだすのだった…!

感想:
まさかの展開というか、ユミを殺したのはレイジではない可能性が浮上しました。
確かにユキトシの言う通りなのかもしれませんが、ではユミに手をかけたのは誰なんでしょうか。
現実的に考えて廃校に集められたメンバーの誰かがユミを殺したのですが、現段階で最も怪しいのはやはりユキトシと思うのですが…。
これでもしもミチカが犯人とすれば、極めて意表をついた展開となるものの、真相は結局不明のままユミは退場です。
文字通り惨劇の幕が開いてしまった廃校ですが、これからどうなっていくのでしょうか。

▼▼ドクムシ 無料 立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【ドクムシ】一般※スマホ専用

PCの方OR買い切りがいい人はEBOOKJAPANから無料立ち読みできます。

ドクムシ 31話 ネタバレ

あらすじ:
ユミの死体をトシオと同じ教室に運ぶユキトシとアカネ。
だがユキトシは意外な言葉を口にする。
「ユミさんとレイジくんを食い合わせたんだよ」
ユミをけしかけたのはユキトシだった・・・思わず手が出るアカネだったが、自分もレイジを利用して生き延びる方法を画策していたことを見抜かれてしまう。
ユキトシの姿に追いつめられるアカネ。
そんなアカネにユキトシは包丁を手に・・・!

感想:
ユミの死から一気にストーリーが動き出しました。
これまで謎の言動と行動をとっていたユキトシとアカネですが、ここでいよいよ直接対決です。
が、立場は決して対等とは言い難く、ユキトシの方がアカネよりもかなり優位な状態であり、包丁を持ったアカネを前にしても余裕のある態度を崩さないあたり、ユキトシが相当な手練れであることがうかがえます。
ユミは誰に殺されたのか、それがわからないままストーリーが進むのか、それとも謎解きが始まるのか、いよいよ目が離せなくなってきました。

ドクムシ 32話 ネタバレ

あらすじ:
アカネを追いつめるユキトシは、レイジにも「君を食おうとしている」と忠告する。
そんなレイジが見たのは、顔を腫らし髪の毛を切られたアカネの姿だった。
「二人で生きて帰ろう」と言うレイジにアカネも生還への決意を新たにする。
しかし廃校へ集められてから三日目が経過し、状況は相変わらず変化がない。
メンバーそれぞれにも限界がみえはじめ・・・?

感想:
物語開始当初は、どう見てもユミがヒロインかとばかり思っていたのですが、ここにきてアカネがヒロインに昇格しそうな勢いです。
(というよりもユミは死んでしまったので昇格せざるをえないのかもしれませんが)
「二人で生きて帰ろう」というレイジの言葉にアカネの表情が変わりました。
もしかすると、この言葉でレイジに対して本気で惹かれ始めているのかもしれません。
真っ先に死ぬかと思われたタイチも一応(?)元気な状態が続いていますが、消去法的に考えると次の犠牲者はタイチのような気もします。

ドクムシ 33話 ネタバレ

あらすじ:
廃校に集められて三日目。既に二人が死亡している状況の中、タイチがミチカに襲いかかる。
それを制止するレイジだが、「どうせもう終わりだ」と告げるタイチとそれを冷静に見守るユキトシにいたたまれなくなりミチカを連れて教室を出ることに。
自分のそばで眠るミチカを見たレイジだが、彼女の髪の毛に白髪がまじっていることに気づく。
子供でありながら泣き言を言わないミチカを守ってやりたいと思うレイジだが、そんなレイジを見るミチカの目は…。
そして、廊下では再びユキトシとアカネが対峙していた…!

感想:
今回はミチカに少しだけスポットが当てられます。
これまでほとんど言葉も話さず、リアクションも少なかった彼女ですが、ある意味廃校メンバーの中で最も不気味な存在だったかもしれません。
そんな彼女がレイジに見せる態度は、やはり子供ならではのものでしたが、それでもミチカに生えた白髪は何か意味があるのでしょうか。
レイジを見る目線もユミに似た冷たいものがありますし、やはり彼女も何かを抱えていそうです。

ドクムシ 34話 ネタバレ

あらすじ:
空腹に耐えかね、タイチはトシオとユミの死体がある教室へやってくる。
さすがに人間の体を食べることはできないと思いつつも、それでもユミの体を見てどこからなら食べられるかと考え始めるタイチ。
やがてタイチは包丁を手に、土鍋に向かい・・・。
その頃、レイジは隣で寝ていたはずのミチカがいないことに気づいていた。

感想:
今回はかなりショッキングなシーンがあります。
死体というのは死後どれぐらいで臭い始めるのか経験がないのでわかりませんが、何の処理もしていなければいつまでもその状態が保たれるというわけでもないことはわかります。
空腹のタイチは、なんだかんだ言いつつも結局はユミから食べようとしているのか、嘔吐を繰り返しつつも「料理」を始めてしまいました。
これがもし本当に「ユミを使った料理」であれば恐ろしいことになるのですが、まだそこまでの描写がありませんので確定はできません。
また、ミチカがどこかに行ってしまいましたが、彼女が本格的にストーリーに関係してきそうな感じがします。

ドクムシ 35話 ネタバレ

あらすじ:
再び姿を消したミチカとアカネを探すレイジ。
そのアカネは別の教室でユキトシとのセックスに臨んでいた。
そのことを知らぬままレイジは、ユミがトシオを殺したヒモの存在に気づく。
アカネがユキトシを殺すかもしれないと直感したレイジは、ヒモを回収するために移動するが、そこで通りがかった教室からの「声」に足を止める。
そこでレイジが見たものは…!

感想:
「二人で一緒に生き延びよう」というレイジの言葉にぐらっときたのかと思いきや、今度はユキトシを誘っていたアカネ。
レイジの時と同じようにユキトシの精液を飲んで栄養を確保しようとするアカネですが、レイジの時とはいろいろと思うところが違うようです。
前回ショッキングな「料理」シーンを披露していたタイチですが今回はミチカともども出番なし。
ですが、タイチはともかくミチカは本当にどこに行ってしまったのでしょうか。
子供ながらも何を考えているのかわからないミチカの存在が間違いなく「ドクムシ」のキーとなりそうです。

ドクムシ 36話 ネタバレ

あらすじ:
教室での物音に気付き、扉に近づいたレイジが見たものはユキトシとアカネのセックスだった。
一緒に教室を出るユキトシとアカネを待ちうけるレイジ。
その瞳にはアカネに対する怒りの炎がゆらめく。
一方その頃、ついにタイチがユミの体を土鍋に入れて…食べてしまっていた…!

感想:
あれだけ嫌悪していたユキトシにすら股を開き、腕をとるアカネの真意はどこにあるのでしょうか。
以前にレイジにぐらついたかと思いきや、今度はユキトシにも寄りかかる、単なる尻の軽い女性なのか、それとも何か考えのあってのことなのか。
今の段階ではユキトシとアカネは互いに必要な存在ということなのでしょうか。
そして、ついにユミの肉を食べてしまったタイチ。その表情は完全に壊れてしまったイメージが漂います。
ユキトシ・アカネ・レイジの三人とは少し距離を置いた感じのするタイチですが、もちろんこれで終わるはずがないのでどこまで壊れていくのか注目したいところです。

ドクムシ 37話 ネタバレ

あらすじ:
教室から出てきたユキトシとアカネを待ちうけるレイジ。
しかし、ユキトシは相変わらず余裕のある態度を崩さない。
さらに追い打ちをかけるようにユキトシの言葉がレイジに刺さる。
「君は恋人がいながらアカネの体を楽しんだろ?」
「アカネが君を求めたのは生き延びるためさ」
レイジの見ている前でアカネの服を脱がせるユキトシに、たまらず飛びかかるレイジ。
そんなレイジたちの姿を、カメラを通して見ている謎の人物がいることも知らず…。

感想:
今回ついにレイジたちを廃校に集めたとされる関係者らしき人物が登場しました。
教室のいたるところに仕掛けられた監視カメラから見ているその顔は、少しユキトシにも似ているような気もしますがもちろんこの段階ではわかりません。
そのユキトシですが、ますます意味不明な言動が多くレイジはもちろん読んでいる側も混乱してしまいます。
また、この回では漫画のタイトルである「毒虫(ドクムシ)」という言葉も初めて登場しますが、その言葉を発したのもユキトシなのでやはり何らかの秘密を握っているのかもしれません。

ドクムシ 38話 ネタバレ

あらすじ:
ここに集められた人間は毒に満ちている、そう話すユキトシ。
そして、その毒を引き出すのが自分の役目だとも。
ユミをけしかけ、その間に姿を消していたのはすべてユキトシの策略だったことに気付いたレイジは、ユキトシの首に手をかけるもやはりユキトシを殺すことはできない。
その有様を嘲笑するユキトシだったが、キレたレイジは再びユキトシに向かっていき…?

感想:
この状況を楽しんでいる、とうそぶくユキトシですが、本当に何がしたいのでしょうか。
しかし、今回不気味だったのはそんなユキトシよりもその様子をどこかで見ているであろうミチカでした。
目の前で殺し合いが行われているにもかかわらず表情を変えることなくその様子を見ているのですが、なぜこんな子供が廃校に集められたのでしょう。
また、今回はレイジの彼女であるマリについても言及されます。
これまで断片的にマリについての情報が語られましたが、いい加減何があったのか知りたいところです。

▼▼ドクムシ 無料 立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【ドクムシ】一般※スマホ専用

PCの方OR買い切りがいい人はEBOOKJAPANから無料立ち読みできます。