俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで 無料
はコミなびで楽しめます。
作者はピス☆タチオ

▼▼俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで 無料立ち読みは下記をタップ▼▼

ピス☆タチオ先生のBLマンガです。絵がとても綺麗なので、女性にはバッチリです!

~あらすじ・イントロ~
夏の外回り……
不意の雨……
課長の背に
ハッキリと
浮かびあがるアレは……

ブ……ブラ線――!!
衝撃の真実に
思わず背後から触診!
甘い悲鳴を漏らす課長!

不安そうな瞳で「この事は……ふたりの秘密にしてくれないか……?」なんて言われ。。。

俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで 無料 1話
ネタバレ

俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで 第1話
俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで
ピス☆タチオ/eternal
第1話 

日野守(32)は、
目覚まし時計の
アラームで
起こされた。
あらぬことか、
数年ぶりに
夢精していた。

夢の内容は、
課長
とのエッチ。。
それもこれも、
すべての
原因は
昨日
見たものに
あったのだ!

昨日、

日野は
課長と
外回りに
出ていたが、
急な雨に
降られて
びしょぬれ
になってしまったのだ。

慌てて
屋根のある
場所に
避難した
ものの、
背中を
向けていた課長
を見て気づいて
しまったのだ。

その時に見たもの、、、
それは雨に
濡れたシャツ
から

透ける
『ブラ線』
だったのだ!!!

動揺して
思わず
持っているものを
落としてしまう
日野。

しかし、ソレが
本当かどうか
触ってみない
とわからない。

後ろから
羽交い締めにし、
胸を(ブラを)
まさぐる日野。

ふわりと
香るいい匂いに

少しの間意識を
飛ばしていると、
課長が
「離してくれないか!」

と叫んだのに
気づいて飛び退いた。

「このことは・・・
2人だけの秘密
にしておいて
くれないか・・・」

恥じらいながら言う課長に、
日野はさっとスーツの
上着を着せながら
「もちろんです」
と答えたのだった。

こうして2人の間には、
絶対に知られてはいけない
秘密のかけらが生まれたのだった。

ブラ男・・・しかし、
あれはちゃんとしたブラだったよね。
雨に濡れたら透けるっていうより、
女子高生のと同じで
白いシャツ+ブラ
のみならこれまで
完全に透けてたと思う、、、!!

課長、手つきが
女性っぽいですしwww

さて、日野が課長を
どうやって落としていくのか。
はたまた課長に
落とされるのか?!楽しみ♪

▼▼俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで 無料立ち読みは下記をタップ▼▼

俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで 無料
2話 ネタバレ

俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで 第2話
俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで
ピス☆タチオ/eternal
第2話

日野はあれから
少し変だった。

喫茶店に忘れたという
課長のジャケット
を取りに行き、
その匂いを嗅いで喜んでいる。

朝、課長が
出社すると、

女性社員や
男性社員
まで様々な
人から声をかけられる。

彼は人気者
なのだ。

日野も挨拶
をすると、

爽やかに
挨拶が返ってきた。

そこに、どうしようもなく
ドキッとする自分がいるのだ。

今朝見た夢
(日野が女性用の
下着をつけた課長
とエッチしている)

のせいかと頭を抱える。

そのとき、
女性社員が入れたお茶が
正面から課長にかかってしまう。
途端に透けだすブラ・・・

日野は慌てて
課長を更衣室に
連れて行ったのだった。

気兼ねなく
シャツを脱ぎ、
ブラを露わ
にする課長。

そんな動作
ひとつひとつに
ドギマギ
してしまう日野は、

課長の
言動に
愛おしさ
を隠せず、

思わず
抱き寄せて
しまっていたのだ!

その後、
お互いに
同性愛者
ではない
ということを

確かめ合う
不思議
な時間
を過ごし、
解散したのだった。

日野さん、、、!
それはもう恋です、、、!

可愛い
と思って、

守ってあげたい
と思って、
抱き寄せて、

貸した
シャツを
保存しちゃう(←?!)
ちょっと
変態だけど、

恋の始まりだよね☆
課長も
まんざらでもないようだし、
2人の距離が
急速に縮まっていく、、、のか?!(笑)

▼▼俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで 無料立ち読みは下記をタップ▼▼
俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで 無料