ヒトヅマカリ 無料

ヒトヅマカリ 無料
はHandyコミックで無料立ち読みできます!

▼▼ヒトヅマカリ 無料立ち読みは今すぐこちらをタップ▼▼
ヒトヅマカリ 無料

ヒトヅマカリ 1話 金と引き換えに資産家に貸した妻 感想!

ヒトヅマカリ 1話 金と引き換えに資産家に貸した妻 感想についてです。
ヒトヅマカリ
イナフミン(著)

「ヒトヅマカリ 第1話 金と引き換えに資産家に貸した妻」レビューします
流れているDVDからは、楽しむ男の声と苦しそうな女のうめき声がずっと聞こえてくる。
それを見ている男は、手をグッと握りしめながら恐ろしげに震えていた。

目には涙を溜めながら・・・映像では拷問のようなセックスが続く。
「だ・・・めですご主人様ぁぁぁ!狂っちゃ・・・あぁ・・!」手足を固定され、
何度も秘部を弄り弄ばれる。「何度逝けば気がすむんだ?!」
男の楽しそうな声が響く。

映像の女は、必死に夫へ謝罪繰り返しているが、男の手が止まることはない。
映像を見ている男は、なぜ女がこんなことになってしまったのか、
理由を知っていた。女の名前がミサキであることも・・・
男の名前が藤ノ宮正隆という資産家であることも・・・すべては子供のためだったのだから。

==感想==
あああ、悲しすぎる。子供の手術費用が2億って、一般家庭はもとより普通の資産家でも無理なんじゃないの?
でも、あんな変態資産家を紹介する医者もエグいなw。
資産家紹介したら行くでしょ。

▼▼ヒトヅマカリ 無料立ち読みは今すぐこちらをタップ▼▼
ヒトヅマカリ 無料

ヒトヅマカリ 第2話 全ては子供の為!妻は性奴に身を落とす 感想

「ヒトヅマカリ 第2話 全ては子供の為!妻は性奴に身を落とす」レビューします

病室に戻ると、息子は楽しそうに笑っていた。
法外な金額とはいえ治療法が見つかったことが家族の希望になっていた。

父も母も、何があってもこの子を助けると決意を新たにしてその資産家
へ連絡を取ったのだった。

直接話をしたいとの要望で、資産家の家へ行くふたり。
出迎えてくれたのは、品のいい長身の老紳士だった。
ほっとしたのもつかの間、老紳士が出した条件は
「ユウタくんの治療それに関わる費用の一切を私が引き受けます。

その代わり、A国に渡っている間、奥さんの体を私に貸していただきたい」
ニッコリと言われたその言葉に、夫は激怒する。

しかし、それを止めたのはミサキだったー・・・
多くはない条件の最後に、妻には内緒で撮影された映像を、夫は保管することというものがあった。
見る、見ないは自由。
最初に届いたのは、A国到着の5日後だった。

??感想??
おお、バイアグラ。優しそうな顔してなんて怖いオジサンw
ここまでは特にひどいなぁってことはないが、
5日目には映像が送られてくるとか早いっw
でも夫としてはA国では入院する息子とは別にひとりなんだから、ツライよなぁ?

▼▼ヒトヅマカリ 無料立ち読みは今すぐこちらをタップ▼▼
ヒトヅマカリ 無料

ヒトヅマカリ 第3話 媚薬と絶頂と快楽の中で・・・ 感想

「ヒトヅマカリ 第3話 媚薬と絶頂と快楽の中で・・・」レビューします

午前10時、夫と別れてすぐに車の中で飲んだ薬がきいてきた。
ミサキの息は上がり、頬が上気している。
そしてアソコもすでに濡れそぼっていた。
くちゅ、くちゅ、音を立てて触られると、「んっ」とミサキから声が漏れる。

「可愛い声だ、もっと聞かせておくれ」
そして、その豊満な胸に手を伸ばす。

移植手術を含めても最低1年は夫も息子も帰国出来ない。

だから恥ずかしがる必要はないんだと・・・
秘部をひたすら弄られて、弱いところを執拗に責められる。
ミサキは顔をまっかにして、唇を噛み締めた。
しかし、その手の快楽には勝てないようで、

「やっ、あああっ」
少しずつ声が出始める。それに合わせて男の手も激しくなり・・・!

??感想??
絶頂マシーンすごいな!
脳波を見て絶頂ギリギリで止められ続けるって、キッツイなぁ。

でも顔隠しちゃったら男はヨガってるミサキの顔が見れなくていいのかな?
それで良いんだとしたら、本当にそのゲームを楽しんでるってことで、意地が悪すぎるっっw
1年のうちの1週間くらいいなくても良いじゃないですか?

▼▼ヒトヅマカリ 無料立ち読みは今すぐこちらをタップ▼▼
ヒトヅマカリ 無料

ヒトヅマカリ 第4話 逃れられない!24時間の快楽調教 感想です!

「ヒトヅマカリ 第4話 逃れられない!24時間の快楽調教」レビューします

手足を縛られ、裸の状態で寝ているような体勢になる。

足の手も大の字のように広げられ、下から機械でずっと刺激が与えられ続けている。
目隠しをされているミサキには、何が触れているのか全くわからず、より感覚が研ぎ澄まされてしまうのだった。

「くっ、うんっ、く・・・」
ヴヴヴヴヴヴ…となり続ける機械音。
まずは身体中にニチュニチュと何かが触っていく。

乳首も執拗に触れていくそれらは、本当にミサキの弱いところを熟知しているようだった。
唇を噛み締めながら、耐えるミサキ。
コリコリッ何かがアソコに触れた瞬間、「はぁぁぁぁっあぁっ!」
大きく反応してしまった。徐々に、脳波のメーターが上がっていく。

??感想??
8時間もよく耐えましたねぇ、ミサキさん。でも8時間もいけたなら、
頑張ればもっといけたんじゃないかっていうwww

さて一体どんなお仕置きが待ってるんでしょうか。
陰湿なオジサンですから、そりゃもうネチネチヤられまくるんでしょうね・・・

触手マシーンは本当えろいので、この手が好きな人にはたまらないマシーンですよ!

▼▼ヒトヅマカリ 無料立ち読みは今すぐこちらをタップ▼▼
ヒトヅマカリ 無料

ヒトヅマカリ 第5話 何度も何度も絶頂に達して・・・」 感想です!

ヒトヅマカリ 第5話 何度も何度も絶頂に達して・・・

レビューします
これ以上の快楽に耐えらえず、ミサキはボタンを押してしまった。
すると、それまで一定の速さで動いていた触手たちが一斉に激しく動き出す、
さらに刺激を与える!!

「やっああっ!!」

ズチュン、ブチュ、ゴリュッ!
全身から音が聞こえ、ミサキの身体もビクビク震えっぱなしだ。

そしてメーターが振り切れたとき、アソコから液体とともにイってしまった。

それを始終見ていた男は、その姿を楽しそうに見て
「やはり堕ちたか・・・
残念だよ。
君ならあるいは・・・
と思っていたが」

と言って目隠しを外した。

お仕置きはもう始まっていると、男は言った。

このまま、激しい刺激を受け続け、絶頂を味わい続ける。
これこそがお仕置きなのだと。

==感想==

男性から見れば、お仕置きに理由はありませんからね。
理由は後付なんです。

まぁ、それは良いとして、ミサキの痙攣してぐったりしたシーン。
一斉に激しくしょくしゅが動く描写はかなりそそります!

触手プレイとお仕置きはほんとに相性抜群ですなぁ。^^
文字だけで、このエロスが伝わらないから、ぜひ、無料立ち読みポチッと押しちゃって下さい!

▼▼ヒトヅマカリ 無料立ち読みは今すぐこちらをタップ▼▼
ヒトヅマカリ 無料

ヒトヅマカリ 第6話 モニターの向こう側・・・なす術もない夫 感想!

「ヒトヅマカリ 第6話 モニターの向こう側・・・なす術もない夫」レビューします

出国して5日目に送られてきた映像には、
妻がひたすら機械に犯され続ける映像が収録されていた。
それを見た夫は、ブルブルと震えながら涙を流す。

しかも、自分のモノが反応していることに罪悪感も感じてしまう。
その日は、もう何も手につかなかった。

A国に渡って3ヶ月。

ユウタに適合する心臓が見つかり、手術の準備は順調に進んでいる。
幼いユウタは寂しさや不安など欠片も見せず、気丈にふるまっている。

しかし、妻との電話にはビクビクしてしまう。

妻がどんな生活をしているのか、知っているからだけではない。
1枚目に送られてきたディスクから、数日おきに新しいディスクが送られてくるが、
その細かく丁寧に進む行程を見ながらオナニーをしているからだった。

??感想??
老紳士、細いってw。
でも、セックスの仕方はとても緻密なんですね。
どうしたらより良く快感を感じられるようになるか、
考えられている。

恐ろしい・・・。
老紳士のモノでもイけるようにするためでしょうかw。

こういう、日常描写との対比がこの漫画をおもしろくさせているんですよねぇ。

▼▼ヒトヅマカリ 無料立ち読みは今すぐこちらをタップ▼▼
ヒトヅマカリ 無料

ヒトヅマカリを読んでいる人はこの漫画も読んでいます!

ヒトヅマカリを読んでい人はこちらの漫画もおすすめです!

NO1:ネトラセラレ

▼▼ネトラセラレ 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

 

感想・ネタバレはこちら>>>ネトラセラレ

NO2:淫習の村

▼▼淫習の村 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

感想・ネタバレはこちら>>>淫習の村~籠目の儀式~

ヒトヅマカリ 第7話 触るだけで絶頂!全身性感帯になった妻 感想

「ヒトヅマカリ 第7話 触るだけで絶頂!全身性感帯になった妻」レビューします

ベッドルーム映像はまだ続く。
連日、数時間に及ぶ乳首や秘部への調教が行われる。
愛液や潮を吹きながら何度も何度も繰り返し行われるそれは、
確実にミサキの感度を上げていた。

2ヶ月が過ぎた頃には、乳首もアソコも太く長く、勃起したように変化するようになっていた。

他人の妻を玩具のように弄ぶ藤ノ宮に対して怒りがわく。
しかし、身体は正直だった。

他人に犯される妻を見て、身体が反応するのだから・・・
そして、それを見ながら自分自身を快楽へと向かわせる。
自分も狂っている。

聞いたこともない妻の甘い声、見たこともないとろけた表情に興奮する。
知らない女を見ているようだった。身体の感度が良くなっていくと、藤ノ宮は次の段階へと進めた。

??感想??
調教というより開発?

藤ノ宮のいいようにするというよりは、快楽をより強く感じられる身体にするって感じ。
次は子宮口、子宮内の感度アップだってw。
こんなにネチネチされたくないけど、ちょっと興味出てきましたw
エロさもあるけど、次はどんなことするのか気になります。

▼▼ヒトヅマカリ 無料立ち読みは今すぐこちらをタップ▼▼
ヒトヅマカリ 無料

ヒトヅマカリ 第8話 子宮の中に直接射精!意識を支配する蜜の味 感想!

ヒトヅマカリ 第8話 子宮の中に直接射精!意識を支配する蜜の味
レビューします

「人は直立歩行するため他の哺乳類より子宮口が硬く、閉じている」
そう始まった新たな段階は、子宮口の開発だった。

藤ノ宮の顔の前で広げられた足。
両方の指を使って、子宮に直接快楽を与えていく。

そうすることで、性具と藤ノ宮の手でしか快楽を味わえないような身体になるのだという!
「んぅんんっ、んっ」激しく動く指に、ミサキはずっと喘ぎ続けている。

潮を吹けばかかる距離に顔がある、

それすらも楽しんでいるような顔だった。

朝晩責められ続け更に一ヶ月が経った頃、藤ノ宮が手にしていたのは特製プジー。

藤ノ宮尿道に挿入し、使うのだという。

ミサキの顔は恐怖と少しの興奮が見える。そして、ミサキのアソコへ挿入したのだ!

??感想??
人妻を寝取る妄想でしか勃起しない男・・・
お金では買えない妻の存在でなければいけなかったなんて、少しかわいそうに思いますね。
でも興信所とか使っていたということは、かなり前から目をつけていたってこと?!
医者も含めた計画的犯行?!

変態調教とサスペンスの入り交じる展開に目が離せません!!

▼▼ヒトヅマカリ 無料立ち読みは今すぐこちらをタップ▼▼
ヒトヅマカリ 無料

ヒトヅマカリ 第9話 貸した妻が資産家の性奴に堕ちるまで 感想!

ヒトヅマカリ 第9話 貸した妻が資産家の性奴に堕ちるまで
レビューします

「この十数年、実に長かったよ・・・」
感慨深くつぶやく藤ノ宮。
「だからこそ、最初の挿入は最高の瞬間にしたかった」

そういいながら、ゆっくりと腰を埋めていく。

「あっあっあっ!」藤ノ宮の調教の甲斐あって、そんな少しの刺激でもミサキは大きく反応する。
激しく声をあげ、涙を流し、ビクビクと震えるミサキ。

そして、初めての挿入で藤ノ宮はミサキの中に射精したのだった。

興奮と快楽をで震える身体とにやける顔の藤ノ宮。
若い頃のセックスのように、キスをし、腰を動かす。

何度射精しても、老体のアソコが衰えを見せないことに、藤ノ宮も笑いが止まらない。

「これはまだほん始まりだ」
「うあ・・・やぁ・・」
「ミサキ・・・君はもう私の元を離れられない」

??感想??
あああ、夫はよ情けないw犯される妻をオカズにするなんてね。
でも藤ノ宮は色々とリサーチしてこの夫婦に決めたんですね。
色々な人妻を犯してきたけど、ミサキに決めたってことは、
ミサキを返すつもりはないってことですよね。

ミサキは喘ぐだけで何も話さないから、どう思ってるんだろう(笑)

▼▼ヒトヅマカリ 無料立ち読みは今すぐこちらをタップ▼▼
ヒトヅマカリ 無料

ヒトヅマカリ 第10話 堕ち続けた妻の小さな抵抗 感想!

「ヒトヅマカリ 第10話 堕ち続けた妻の小さな抵抗」レビューします

日に日に痩せ、髭も伸び、顔色の悪くなる夫。
数日のうちに送られてくる新しいディスク。
見なくても良いというのに、必ず見てしまう自分がいる。

そこに映るミサキは、嗚咽を漏らしながら潮を吹き、
何度も何度もイき狂い続けていた。

始めのうちは抗えない快感に耐えるような表情だったミサキも、
2週間が過ぎる頃にはただ快楽に翻弄される虚ろなものへと変貌していた。

夫の倍近くあるような藤ノ宮の太く長いモノをねじ込まれるだけで
イってしなう淫らな身体になっていく。

時々声が途切れて、果てたことを理解する。

そしてまた声を上げる、それの繰り返しだ。
しかし、あるとき突然ミサキが足を振り上げ、小さな抵抗を見せたのだ!

??感想??
え、突然の抵抗!?これまで恐らく何かを考える余地すら与えられないほどに
犯され続けていたのに・・・

もし本能的なものだとしたら、なんだか切なくて泣けてきます?(笑)
でも抵抗しないのが条件だったはず。
大丈夫なのか!?

ここまで頑張って、手術しなかったら鬼ですね。汗

▼▼ヒトヅマカリ 無料立ち読みは今すぐこちらをタップ▼▼
ヒトヅマカリ 無料