弟の顔して笑うのはもうやめる 無料

弟の顔して笑うのはもうやめる 無料
はHandyコミックで無料立ち読みできます!

タイトル:弟の顔して笑うのはもう、やめる
著者 神寺千寿
発行 松文館
読めるコミックスタンド:Handyコミック

▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

弟の顔して笑うのはもうやめる 1話のあらすじと感想、ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 1話 早く死んでねお姫様(1)

すっごくキレイな絵に惚れ惚れします!
女性が描いているのかな?
柔らかい印象を受ける絵柄です~(*´ω`*)
カラーなのですが淡い色を使っていてほっこりしますね。

沈むような描写からはじまるのですが、美羽の夢でしょうか。
美羽は一人になるなと言われていても、一人で外に出てしまいます。
その理由は毎朝来るメールでした。
「おはよう 早く死んでねお姫様」
ゾクッとくるメールですね…。
美羽の元へくるメールは西条先輩のファンから、というのがみんなの認識だそうで…。

西条先輩は渋い時代小説から恋愛小説まで幅広く手がける高校生。
百華には不思議な生き物としか思えないそうです。

幼馴染で蒼介ずっと一筋な百華は美羽は本当のところ邪魔でした。
だから西条先輩と美羽が付き合う事になった時はホッとした…(´;ω;`)
女の子って感じの意見ですね。

彼女の特権を使って囲まれている西条先輩を颯爽と取っていく美羽。
これはやっかみも受けてしまいそう(;´д`)
でも囲まれているのはおもしろくないしね~。

しかも西条先輩も薬を隠されるなんてかなり陰湿ですね?
送っていくって西条先輩も言っていますが、美羽は大丈夫だと言って一人で帰ります。
心配ですね…(;´∀`)

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼
弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 2話のあらすじと感想 ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 2話 早く死んでねお姫様(2)レビューします。

先生も出てきて、また薬を盗られたのかと言っています。
これはすっごく頻繁に起こっているってことですよねー(;´∀`)
心配ですね;;。
無用心ダメ、絶対!
でも置き薬があるってことは西条先輩はなにかとんでもない病気にかかっていたり…なんてないですよね?
と思ったら薬がないと命に関わるなんてー゚(゚´Д`゚)゚。
「ふざけすぎ…」と美羽は言いますが、本当にそうだよ!
やっていいことと悪いことがありますっ!
犯人見つけたらぶっ潰すって言っていますが、そんな気持ちにもなりますよね(`・ω・´)。

その頃、蒼介と百華は教室エッチですΣ(´∀`;)。
終わってから蒼介は美羽を見かけます。
西条先輩に膝枕なんてされちゃってラブラブな様子。

美羽は西条先輩の本は一冊しか読んだことがないのですが、それでもその才能に尊敬しているそうです。
文字の羅列だけで他人の心を薙ぎ倒して魅きつけるらしく…尊敬しちゃうよね!

西条先輩の薬は蛍光どピンクだそうです。
それがなんと世良先生の机から出て…えっ!?

そして世良先生とのバトルスタート!
世良先生は西条先輩の本は好きみたいですが、自分も小説書きたかったのかな。
だからって嫉妬するのはよくないよー!

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 3話のあらすじと感想 ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 3話 早く死んでねお姫様(3)

世良先生曰く、西条先輩の筆には自分の理想や目指すものが詰まっているそうです。
そして、華がある。
でも世良先生も文芸誌に載っていたけれどひとまわりも年下の西条先輩が上でした。
だから嫉妬してしまったんですね。
少しの粗でも探してやろうとしたけど、打ちのめされながら読んだそうです。
これを聞くとすごく泣けます゚(゚´Д`゚)゚

嫌がらせにしては悪質すぎるという美羽の言葉もごもっともです。
けれど羨望や愛しさが渦巻くという言葉も理解できますよね(´;ω;`)

そして「なあお姫様」と言いながら世良先生は美羽をレイプしようとします。
新しい華が載るかも、なんてひどすぎるよぉ…(;>_<;)。

助けてくれたのは蒼介でした。
動画で撮って、脅しまで完璧。
再発予防出来た…゚(゚´Д`゚)゚。
よかった…゚(゚´Д`゚)゚。
しかもネットにUPしてしまった…。
世良先生はどうなるのかなぁ。

でもネットで見つけても非公開にしてあるそうです。
パスコードロックもかけてあるから安心だね…(´;ω;`)
美羽の顔は死角にしたから大丈夫、といいますが、次になにかしたらオープンにするそうです。

蒼介、弟だけど美羽のことが好きだったんですね。
すごく泣けました…。

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。

▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 4話のあらすじと感想 ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 4話 爆弾を抱えて笑う(1)

中二の夏に、親友から美羽を紹介してほしいと頼まれた時の表情が印象に残っているそうです。
なんだか、この漫画は絵もキレイですが言葉選びも秀逸。
淡々としているけれど、切なくて愛しい気持ちになります…!

けれど紹介するとき、蒼介は歯に衣着せぬ言い方で美羽を紹介します(*´∀`*)
その時出会ったのが、西条先輩と美羽でした。
暑かったことまで覚えてるなんて、よっぽど切なかったんだろうな…(´;ω;`)。

そして学生の喫煙シーンが出てきます。
蒼介は吸っちゃダメでしょ、と言われますが「吸いたくなる時があんの。たまに」と答えます。
おいしいか、と聞かれたらまずい。
なんでか、と聞かれたらなんでと聞かれても、と答える。
このやり取りをしているのが美羽ってだけですごく切ない…!!
蒼介はずっと心に秘めていたんでしょうね…。
美羽も「お母さんにはバレないようにしなよねー」とだけ答えるのがなんだか…!
気が付いてあげてと思いつつ、西条先輩を応援したい気持ちにもなります。

しかし蒼介と美羽は異母兄弟だったんですね!?
小さい時に兄弟になったということか…。
そこに驚きました(;´∀`)

そしてタバコ味、と言って美羽にキスする蒼介。
殴っても美羽は気にしていない風です;
しかも百華を大事にしてやれといいますし、蒼介も複雑ですね。

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 5話のあらすじと感想、ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 5話 爆弾を抱えて笑う(2)

相変わらず空気感がすばらしい漫画です…。
美羽は絶対に蒼介を恋愛対象にしないというモノローグが切なかったです(´;ω;`)
そして美羽と電話する西条先輩の幸せそうな顔にギュッと胸が締め付けられます。

修了式では世良先生の退職がひっそりと伝えられました。
そりゃあんなことになったからね…(;´∀`)
クリスマスの日、百華は蒼介に向かってクラッカーをします。
危ないよ…!?

しかし「帰れ」とつれない蒼介。
ケーキも持ってきたんだから帰りたくないでしょうwww。
「両親は仕事で忙しいんでしょ?」と言いますが「ひとり大好きですし」と本当にそっけない(´Д`;)
対して百華は「私がひとり嫌いなの!!」と強気です。

そして思い出すのは「百華大事にしてあげなよ」という美羽の言葉。
このシーンは複雑な気持ちになりますね…゚(゚´Д`゚)゚
結局クリスマスは2人で過ごすことにします。

ここで重大ニュース発覚。
蒼介と桃華はつきあってませんでしたΣ(´∀`;)

西条先輩はクリスマスは2人で過ごしたいけれど、蒼介が1人なら来ればよかったねなんて言います。
(桃華と2人だっていうのは知った上で、ですけど)
恋人と2人でとは思うけれど、蒼介はそういうのとはまた別でやっぱり大事、とのこと。
西条先輩かっこいい…┣¨キ(*´ェ`*)┣¨キ。

西条先輩は心臓の病で一学年遅れで学校に通っていたのか…。
そりゃ薬がなければ命に関わりますね。

でも出会った時は心あらずでずっと西条先輩を見ていたそうです。
蒼介とは手をつないでいましたが、これは気がついていたの!?どうなの!?

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 6話のあらすじと感想、ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 6話 夜の羽(1)ネタバレ、レビューです

恋なのか執着なのかもわからないまま、悶々とする蒼介。
でも西条先輩に美羽を渡したくないという考えはとても男の子らしいと思います。
絶対美羽が断ると思っていただけにさ、気持ちは複雑ですよね…(´;ω;`)
美羽も女の子ですし、あっさりってわけでもなかったと思うんですけど!でもね!?
もどかしい;:

紹介された時に手を握ってきたことさえ、美羽はなにも言いません。
再婚で姉弟になったとはいえ、蒼介にとって美羽は「姉」というより1コ上のちょっときれいな女の子。
そうだよね、大きくなってからの再婚ですもんね…。
どこかで変えなきゃいけなくても、なかなか難しい。

無防備に寝る姿を見て、少し困らせてやるという気持ちで美羽を触る蒼介。
この時、あんまりにも表現が綺麗でゾクッとしましたね…!

胸を触って思っていた以上に「やばい」と思う蒼介がとても「お年頃」って感じです。
この絶妙な間がなんとも言い難いほど、綺麗。
純粋なのにどこかねじ曲がってしまったような、そんな危うさを感じてしまいます…!!
そして美羽の微妙な反応で、蒼介は美羽が起きていることを知りますΣ(゚д゚lll)。
美羽がどうしてそんな行動になるのか、心の奥底を覗いてみたい気持ちになります…(´;ω;`)。
蒼介のやってることは完全に無視なのかな?
なんていったって姉と弟ですからね、義理とはいえ!
女の子の考えることは深いですね…。

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 7話のあらすじと感想、ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 7話 夜の羽(2) のレビュー、ネタバレです。

美羽が起きていることがわかって、怒りが覚める蒼介です(・・;)
いつまでも寝たふりをさせていられないという気持ちは男としてわからなくはないですけど!ね!?
どうしても蒼介は目を開けて、自分を見てほしいんですね…。
どうやっても美羽が自分のことを見てくれないから仕方ないといえば、仕方ないですけど;;

そしてほとんどエッチしている状態にも関わらず、美羽は目を開けません。
頑なに無視。
蒼介の方にもどんどん火がつきます。
どうしても見てほしいっていう想いが切なすぎる…(´;ω;`)
脱がせても、指入れても、見てくれないんですからね。

反応は微々たるものですが、それでも起きていることはわかります。
本気で悔しがる蒼介が…!!悲しい!!

そして時間は戻って、クリスマス。
西条先輩と美羽は一緒にいて、最初に会った日のことを語り合います。
美羽が最後まで目を開けなかった理由は、何もなかったんだと全部否定出来るようにするためでした。
しっかりしてるよ…(´;ω;`)

「頼むから弟でいて」というセリフが切実でした。
気まぐれに触らないでって言っても、気まぐれなようなそうでもないような…。
その理由は家族を失いたくないというものでした。
失いたくない…。
その言葉が重くて、美しかったです。

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 8話のあらすじと感想、ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 8話 踏み込んで曳き千切る(1) ネタバレレビューです。

お正月、初詣に美羽と蒼介の家族はそろって初詣へ出かけます。
しかし蒼介はご機嫌斜め。
高校生男子にとって親と一緒に出かけるのは、たしかに面倒なことでしょうね(´;ω;`)

ここで意味深な黄色い花の登場です。
いつもそうだって言ってますが、なにを意味するんでしょう(´・ω・`)?

そして桃華の家は母親の帰りがいつも遅い様子。
悔しがる顔が、なんだかとてもかわいい…と不謹慎にも思ってしまいました。
窓から蒼介たち家族の初詣を見る桃華は、とても「女」って感じですね。
少女の色気って感じ…。

共働きで不規則な親のため、家族で揃って出かけるのは年数回。
その数回を両親が大切にする気持ちも、美羽が大切にする気持ちもわかる気がします…。
貴重だもんね゚(゚´Д`゚)゚
うれしいものなんだよ…!気が付いて蒼介!!
だって美羽すごくうれしそうじゃないですか!

けれど両親とはぐれたことをいい事に、蒼介は美羽と二人になります。
蒼介のところにメールがきたため「先に帰っていて」と連絡をして…なんて用意周到な!
美羽は蒼介を疑いもせず、初日の出を一緒に見に行くことにします。

そんな時に西条先輩からのメール。
これをきっかけに「どんなところが好き?」と聞く蒼介。
「キョーダイで恋ばなとかしたくない」と言う美羽に「キョーダイじゃねえじゃん」と決定打が!
うわーキタ――(゚∀゚)――!!

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 9話のあらすじと感想、ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 9話 踏み込んで曳き千切る(2) ネタバレ含むレビューです。

美羽の言う、血が繋がっていなくても法的にはちゃんと家族。が正論ですね…。
ここにきて蒼介がずっと言っていた「自分を見ない」がわかってきた気がします。
そっけないというか、正論を淡々と話すというか…(´;ω;`)
いろんな想いがあってこう言っているんですけどね?
美羽も頑なだからこそすれ違うのかな…(´;ω;`)

でもここにきて蒼介は美羽に告白!!!
でも「好きかもしんないんだよなぁー」と曖昧な言い方をしてしまっています”(°°;)””((;°°)”
また躱されない!?大丈夫!?
そう思ったら「かも」という曖昧な気持ちで言われたことが嫌な様子の美羽。

笑ったかと思ったら、美羽は泣いていました。
蒼介の言い方だとガックリきて泣いちゃうよね…。
そしてスッキリと美羽は話を終わらせようとします。
けれど蒼介は逃がしません。
捕まえて、また話をします。
それなら最初から好きだって断定してあげてー゚(゚´Д`゚)゚
そうもいかないのもわかるけど、すれ違いすぎて悲しいです;;
もう目が離せません;;

やめるのは話なのか、西条先輩を裏切っていることなのか…。
そう聞くと平手打ちをして逃げ出す美羽。
やっと反応した、という蒼介がうれしそうでもなく、どことなくホッとした感じで切ないです。

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 10話のあらすじと感想、ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 10話 彼女の涙に思うこと(1) ネタバレが嫌な人は見ないで下さい。

フラッシュバックする場面から今回の話は始まります。
お父さんと弟がおらず、母がいる。
これは美羽の昔の記憶でしょうか…?
蒼介の前にも弟がいたんですね(・・;)

公園に1人美羽はいますが、小さな兄弟を見て微笑ましくなっています。
西条先輩に電話をかけようと思っても、蒼介の言ったことが頭から離れない様子。
はやく離れてほしいけれど、離れないという気持ちがよくわかります。
そんな時に西条先輩から電話がかかってきますが、美羽はとれません。
この時の美羽の表情切なすぎ…゚(゚´Д`゚)゚

そんな時、蒼介は家に帰ってきます。
美羽の「おかーさんって呼んであげな」という言葉を思い出して呼ぼうする姿がかわいい…。
でも呼べないんですけど!!
部屋で何回か呼ぶ練習をしますが、簡単に言えなくなっています。
言えると思っていた、というのがまた…高校生らしくてね…!

そして蒼介も「好きかも」じゃなくて「好き」だと自覚します。
少しタイミングが遅かった!
これぞすれ違い!!
執着でもあって、恋でもあった…なんて…(´;ω;`)
それがあっての家族はムリ、という蒼介を見るとこっちまで苦しくなってきますね!?

いろんな想いが絡まって、絡まって、全然うまくいかない。
青春というよりも切ないストーリーでした…。

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 11話

弟の顔して笑うのはもうやめる 11話目彼女の涙に思うこと(2) ネタバレレビューです。

美羽が目を覚ますと、大きな笑い声がしていました。
状況が一瞬つかめない美羽。
起きた目線の先には、ショートカットのお姉さんがいました(゚д゚)!エッ……。
誰…と考える美羽でしたが、相手は西条先輩のお姉さん。
勢いよく謝る美羽がかわいいwww
今まで冷静な美羽ばかり見てきたので、なんだか新鮮でほっこりしました…(*´ω`*)

西条先輩の電話に出て家に行き、久々にお姉さんがいて、おとそなどを勧められて記憶をなくすww。
なんだか年頃の女の子らしくて癒されますねぇ…(´∀`*)
時間を見て帰ろうとする美羽でしたが、西条先輩が止めてくれました。
美羽のこと美羽さんって呼ぶ西条先輩癒し系ですね?
連絡までしてくれて…いい人だ(*´ω`*)
そんな西条先輩を美羽は大人だな、と感じます。
これは心地いいですね…。
たしかに蒼介とは真逆…。
そして美羽は西条先輩に「大人だ」と言います。

でも西条先輩は心臓の負担にならないようにしているだけだ、と静かに語りました…。
なにその泣ける話(´;ω;`)
しかもその後に「今日はちょっと慌てた」なんて言うとか!!キュンとしちゃう!!

そして飲んだ時には蒼介のことを愚痴っていたようでした。
ケンカしたの?と聞かれてもなかなか答えられませんよね…(´;ω;`)

しかも桃華が家出してしまいます。
えっ…!?

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 12話 のあらすじと感想ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 12話 私の好きな男はひとでなし(1) ネタバレレビューです。

百華は最初から「女」という感じだったそうです。
最初のキスがかくれんぼをしてる時なんて、すごくおませさんですよね?
最初のセックスは部活で使うバッシュを買いに行った帰りになんとなく、なんて…。
百華もいろいろ考えてやっていたのでしょうけど、蒼介には伝わらなかったのかな…(´;ω;`)
いつも百華からとはいえ、気持ちいいからって理由だけでやってしまってはダメですよ!!
女の子傷ついちゃうよ!!

百華がいなくなったことに気が付いて心配するみんな。
蒼介は周囲を見てくると、家を飛び出します。
でも百華が誰と仲がいいか、友だちがいるのか、なんてことは蒼介は知らなかったようです(゚д゚)!

百華は男達に話しかけられ、車に乗せられそうになります。
助けに来てくれたのは蒼介。
百華ってとにかく、さみしさから誰かと一緒にいたいんじゃないかな…。
その役割は蒼介であってほしいと思ってしまいます゚(゚´Д`゚)゚

そんな時、美羽は西条先輩のお姉さんと2人きり。
不自由な思いをさせることもあるでしょう、と言われて「いえ…」と答える美羽はいい子だな…。
私の方が頼ってばっかり、と美羽自身は本気で思っているんでしょうね(´;ω;`)
お姉さんが西条先輩を大切に思うからこそ、美羽は後ろめたくなってしまいます。
悲し…(´;ω;`)

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 13話 のあらすじと感想ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 13話 私の好きな男はひとでなし(2) ネタバレレビューです。

危ないところに駆けつけてくれる蒼介本当によかったです!!
美羽に対してはタイミングめっちゃ悪いですけど、百華に関してはタイミングめっちゃいいですね(*´ω`*)
よかった…。
百華に何事もなくてよかったです;;

しかしケンカを売るわけではなく、「危なくないように一緒にいてくださったんですよね」というスマートな返し!
これは文句言えなくなりますね…(*´д`*)
角も立たないし、いろんな時に使えそうなセリフ(笑)
蒼介出来る子!!

帰ると連絡する蒼介ですが、百華は「帰らない」と言います。
放っておこうとしたら泣きそうになって、後ろから抱きつく…。
この流れが秀逸です゚(゚´Д`゚)゚

でも、なかなか素直に言えない百華は「エッチしよっ」と言います。
どうしても何も出てこなかったんでしょうね…(´;ω;`)
そこからの逃げるな、というセリフからのエッチしない宣言をされる百華。
さみしさから逃れるための唯一の手段だったのかな。
かなり絶望した顔をして、気持ちがギュッとなりました…;;

蒼介のことが好きなのに、自分に興味がないと感じる百華は、なんだか美羽を思う蒼介に似ています。
両親も離婚寸前みたいだし、すごく百華寂しかったんだろうな…(´;ω;`)

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 14話 のあらすじと感想ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 14話 散り散り、乱れる(1) ネタバレレビューです。

家族の予定表に書き込みをする美羽。
美羽の家はカレーに目玉焼きをのせる派なんですねーヽ(*´∀`)ノ
この回、美羽がポニーテールをしてくれるんですが、それがとってもかわいい!!
甘いカレーには残ったバナナを入れるなんて裏ワザも見れました(*´ω`*)

告白から一ヶ月経ちましたが、蒼介はなにも言ってきません。
それが不思議というか…違和感です。
美羽の方は「気まぐれなんだ」と結論づけてしましますが…(´Д`;)
穏やかな家族らしく過ごせて、これでいいと感じています。

そして美羽はバイトでもしようかと考えます。
大学は付属の持ち上がりで高校と同じ敷地。
でも一緒に行くことはなくなりそうです。
「百華と一緒に行けば?」と美羽は言いますが、衝撃事実発見!
百華とはもう一緒に学校に行ってませんでした。

美羽は百華の両親が年明けに離婚したことを最近まで知りませんでした。
百華は溜め込むタイプですね…。つらい。
知らなかった事実その2で蒼介は短期のバイトを始めていました(゚д゚)!
やっぱりバイトをしようと決意する美羽に、送れないから俺のバイトが終わってから、と言います。
そんな時に泣きたくなる、なんてすごく切ないです…。

そして夕飯が1人のため、作るのが億劫な美羽。
そのため、カップ麺で済ませようとしますがその時に百華と出会います。

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 15話 のあらすじと感想 ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 15話 散り散り、乱れる(2) ネタバレレビューです。

百華と美羽でレッツクッキング☆
肉入れすぎとか言われてるよ美羽wwww
1人の食事が2人になったからご機嫌ですねー(*´ω`*)
大体いつも蒼介がいたので、百華と美羽の2人きりは初めてという…かえってオドロキ。
連れてきてよかったと思いますが、百華が気になるのは蒼介。
バイトをしていることを告げる美羽。

そんな時に百華は蒼介に言われたことを思い出します。
そして写真を見て、いつも家族が一緒なことを痛感…(´;ω;`)
「ちょーぬるい」って言葉にさみしさが透けて見えます゚(゚´Д`゚)゚
「仲良すぎてキモいんですけど」という言葉は、百華の寂しさの象徴かな?
でも美羽からしてみたらドキッとする一言ですよね…(´Д`;)

そして5歳からしか写真、アルバムがないことで美羽と蒼甫が実の兄弟でないことを知る百華。
蒼介が話してなかったことに美羽は驚きます。
私も驚いたよ!!
百華の中でいろんなものがつながっていきます”(°°;)””((;°°)”

兄弟のフリして恋愛しないで、と言って百華は逃げますが、美羽にとっては予想外。
ただの家族で、美羽にとっては弟。
それでも「うそつき」と言われてしまいます。
そこからのケンカの時にまさかの蒼介帰宅Σ(゚д゚lll)

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 16話 のあらすじと感想 ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 16話 だから触れてはいけない(1) ネタバレレビューです。

百華と美羽でレッツクッキング☆
肉入れすぎとか言われてるよ美羽wwww。
1人の食事が2人になったからご機嫌ですねー(*´ω`*)
大体いつも蒼介がいたので、百華と美羽の2人きりは初めてという…かえってオドロキ。
連れてきてよかったと思いますが、百華が気になるのは蒼介。
バイトをしていることを告げる美羽。

そんな時に百華は蒼介に言われたことを思い出します。
そして写真を見て、いつも家族が一緒なことを痛感…(´;ω;`)。
「ちょーぬるい」って言葉にさみしさが透けて見えます゚(゚´Д`゚)゚。
「仲良すぎてキモいんですけど」という言葉は、百華の寂しさの象徴かな?
でも美羽からしてみたらドキッとする一言ですよね…(´Д`;)

そして5歳からしか写真、アルバムがないことで美羽と蒼甫が実の兄弟でないことを知る百華。
蒼介が話してなかったことに美羽は驚きます。
私も驚いたよ!!
百華の中でいろんなものがつながっていきます”(°°;)””((;°°)”

兄弟のフリして恋愛しないで、と言って百華は逃げますが、美羽にとっては予想外。
ただの家族で、美羽にとっては弟。
それでも「うそつき」と言われてしまいます。
そこからのケンカの時にまさかの蒼介帰宅Σ(゚д゚lll)

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 17話 のあらすじと感想ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 17話 だから触れてはいけない(2) ネタバレレビューです。

美羽が思い出すのは百華のこと。
けっきょく余裕、蒼介が自分より他にいくわけがないとわかってる。
そう言われても、美羽は「蒼介は家族」と自分に言い聞かせます。

美羽は、家族と言いながら、西条先輩とつきあいながら、どこかで蒼介を受け入れている自分にも気づいています。
それでも「自分で西条先輩を紹介しておいて、百華のことをテキトーにしておいて」と言います。
こんな切ない心情があっただろうか…゚(゚´Д`゚)゚。
見透かされてた…って思いながら「あんたのそーいうところがイヤなんだ」と突き放します。
あー!って思わず声が出てしまいましたよね。

するとちゃんとしたら美羽は付き合ってくれるのか、と蒼介は改めて告白Σ(゚д゚lll)

百華とはいい加減にしないと言った。
タバコをやめた。
バイトを始めた。
そこまで本気なんだ、と告げる蒼介は最初の頃よりも成長したなって思います…゚(゚´Д`゚)゚

逆ギレしてはぐらかすことも出来なくなった美羽。
そこで「ちゃんと見てほしいんだよ、俺を!!」と宣言する蒼介かっこよすぎです!!

しかしそこで美羽は、自分と蒼介に積み上げてきたものがあることを肯定。
その上で西条先輩との間にもそれがあることを話して、なかったことにはできないと言います。
「わかったか、バカ!!」
涙ながらにこれを話す美羽はきっと悲しかったよね…。

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 18話 のあらすじと感想ネタバレ

今回は美羽が覚えていない西条先輩の話です。
蒼介にも話していない、大切な思い出。

小中学校は長期欠席がザラ。
勉強は家庭教師や姉、祖父から教わっていた西条先輩。
時間だけはあった時、西条先輩は自分自身が腐って溶けてなくなってしまいそうだと感じていました(´;ω;`)
やっと最後で四度目の心臓手術が終わりました。
泣かすなよ…。
不意打ちすぎるよ…。

病室で書いた、自分の状況とは真逆の短編で小さな賞をもらったそうです。
そこで西条先輩の入院生活が終わりました。
なんて綺麗な空なんだろう…!

高校を一年休学し、釣りや山登りなどいろんなことをしました。
それでも、症状が緩和されたとはいえ倒れることもあったそうです。
完治がムリなんて…悲しすぎる(´;ω;`)

病院の帰り道、西条先輩は雨の中でずぶ濡れになります。
自分ひとりがいなくなっても世界は変わらない。
いっそ肺炎でも起こして死んでしまおうか。
そんなことを西条先輩は考えます。

その中で声をかけてくれたのが、美羽でした。

運命の出会いじゃんーウ・・・━━(。-ω-)ウワ━(。・ω・)ァァ━・゚・(。>ω<)・゚・━━ン!!!。
気遣うような言葉までかけてくれて、美羽は天使かな?
西条先輩が無事で、本当によかった…!

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 19話 のあらすじと感想ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる、19話目濡れ鼠の見る夢(2)購入前にあらすじチェックです。

湿気でふくらむ髪を気にしながらっていうのが女の子らしすぎー!!
もうかわいいですっ!
美羽かわいい!!
そして西条先輩が泣き止むのをずっと待っていてくれたとか優しすぎかな?
これは惚れるよ…゚(゚´Д`゚)゚
恥ずかしくないよ、これはうれしいよ!!って西条先輩に言ってあげたくなります!

ズブ濡れすぎてバスもタクシーも乗れない。
家も歩いて帰れる距離ではない。
とりあえず2人は病院に行くことにします。
手を握られて赤面する西条先輩かわいすぎですね(*´ω`*)

美羽の母親は西条先輩がかかっていた病院で働いていたんですねー!
そして顔なじみのよしみで洗濯室を使うことにします。
手際よく選択してくれて、乾燥機にかけてくれる美羽。
院内の売店で傘を売っていることまで教えてくれて、立ち去ります。

10分前まで絶望していても、美羽が手を引いてくれたことで生きる希望が湧く西条先輩。
その一瞬の感動がずっと西条先輩を支えました。
そして復学して蒼介と初めての友だちになり、家に行った時に美羽と再会。

美羽は覚えていませんでしたが、西条先輩は感動するよね…。
そりゃ恋に発展しますよ。

そして現在に戻って、百華が西条先輩の元へやってきます。
忠告!?
なにいう気なのぉ…゚(゚´Д`゚)゚

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 20話 のあらすじと感想ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる、20話 彼と彼女と、それを眺める(1)ネタバレレビューです。

新歓コンパのおかげで少し遅くなるという連絡が西条先輩の元に入ります。
誰から!?
そう思ったら、美羽でした。
美羽と西条先輩は同じ年でも学年が違いますからね…。

でも美羽は新歓コンパでかなりお疲れ気味。
すぐに帰りたいと言い出します(笑)

西条先輩が切羽詰まったことをメールから感じ取る美羽。

西条先輩は帰りがいつになるかもわからないから、家のそばで待って早く逢いたいと願います。

そうなった理由は、百華の忠告でした。
美羽をしっかりつかまえといてください、と宣言された西条先輩。
西条先輩と美羽が付き合いだしたとき、百華はホッとした。
でも蒼介は美羽を見ている。
西条先輩だって気づいてるんじゃないの?と問いかけます。

やめてあげてー゚(゚´Д`゚)゚
今まで疑ってなかったんですよ!!
しかし胸騒ぎが止まりません。
兄弟でしょ、という言葉に対して連れ子同士だとここで初めて西条先輩も知るとか…(´;ω;`)
はやめに言っておこうよ…!
再婚が5歳の頃だから仕方ない、けど…!

しかし新歓コンパのお迎えには蒼介が来るとは…!
しかも父親が門限に厳しくて~なんて嘘が出るわ出るわでww
西条先輩がいるって美羽もはやめに言っておけばよかったのにー!
でも盛り上がりっぷりから察するにそれどころじゃなかったですよね…(´;ω;`)

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 21話 のあらすじと感想ネタバレ

弟の顔して笑うのはもうやめる 21話目彼と彼女と、それを眺める(2) のネタバレが嫌な人は20話をみましょう。

仲良く帰りますが、父親じゃなくて彼氏がいるって!言えばいいのに!!
蒼介の立場からすると言わないだろうけど…(´;ω;`)

同時に、西条先輩は焦っています。
美羽を紹介してくれたのは蒼介。
それでも、百華の忠告が気になって仕方ありません。
迎えに行こうとスマホを取り出すと、蒼介と美羽の姿が目に入りますΣ(゚д゚lll)

呼んでも、少し遠いのと車の音で美羽は気がつきません。
帰りに会ったのかわからない西条先輩。
百華の忠告をまた思い出して、大声を出します。

そして美羽は西条先輩の元にかけより、体の心配をします。
いつものように、元気な姿で…(´;ω;`)
そこから、西条先輩はたまらなくなって美羽を抱きしめます。

見せつけられた蒼介は、顔を逸らしてしまう…゚(゚´Д`゚)゚
西条先輩はただ黙って美羽を抱きしめる。
美羽は意味がわからなくて「どうした?」と聞く。
この三人の温度が悲しいです…。
なかなか恋とはうまくいかないもの。

家に帰った蒼介は「重ねてきたものがある」という美羽の言葉の重さを知って焦り、後悔します。
西条先輩を紹介しなければ良かった、と考えますよね…。
初めてそれを後悔するなんて、よっぽど重くのしかかったんでしょうね…(´;ω;`)
「うぬぼれすぎてたかなー…」という言葉が、切ないです…。

弟の顔して笑うのはもう、やめる はeBookJapanHandyコミックで無料立ち読みできます。
▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

あらすじ、ネタバレ>>>弟の顔して笑うのはもう、やめる

※PCもスマホからでもOK

弟の顔して笑うのはもうやめる 22話 のあらすじと感想ネタバレ

抱きしめる絵っていうのが、こんなに透明感があるものだとは思いませんでしたね。
しかもそこから西条先輩は美羽にキスをします(/ω\*)
でも意味が理解できない美羽。
外で見境なくキスするような西条先輩ではないんですね…。紳士です。
振り返れば蒼介もいないし。

蒼介はキスの前に行った、と言い「安心した?」と聞いてしまう西条先輩のいじらしさね!
本当に頭がぐちゃぐちゃでなにも考えられていないんでしょうね…(´;ω;`)
この漫画のストーリーまじで切ない!
本当に切ない!!

美羽の顔を見たら落ち着くと思った、なんて殺し文句まで西条先輩は言います。
それでも百華や、蒼介のことが頭から離れません。
心配になった美羽はご飯を食べにおいで!ついでにお風呂に入ってあったまって!泊まって!と言います。

そして繋いだ手を、西条先輩は離せないと…。
誰にも渡せないと…。
そりゃ、出来ないよ…(´;ω;`)

渡さないと決意する西条先輩はかっこいいね。
美羽の切ない表情も気になるけど…。

そして来るのがわかっていたと言わんばかりに蒼介は着替えからお風呂から用意してくれています。
何この子?
弟というより良妻賢母?
一瞬錯覚しましたよね(笑)

▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【弟の顔して笑うのはもう、やめる】※スマホ専用

弟の顔して笑うのはもうやめる 23話のあらすじと感想ネタバレ

西条先輩の態度がおかしい。
蒼介も感じたのか「なんだよ?」と聞きますが西条先輩は答えません。
答えられないよね…(´;ω;`)
兄弟で恋愛してるのかなんて聞けないよね…(´;ω;`)

そして西条先輩がお風呂に入っている間、蒼介と美羽は2人きり。
「ホッとした?」というセリフが美羽の頭をよぎります。
男連れ込んでんじゃねーよ、と言いますが、蒼介は蒼介でちゃんと西条先輩を心配します。
らしくない、と。
だから余計放っておけないと美羽は話します。

けど「ほんとつきあってるみてーじゃん」って付き合ってるんだよぉ蒼介!!!
美羽も同じことツッコんだね。
しかも穏やかな表情で…。
そして日常会話をする美羽の腕を掴んで、蒼介はキスをします。
今度は前みたいに寝たふりなんて出来ない!
けっこう激しくキスしますね!?
美羽は嫌がりますが、蒼介は離してくれません。

終わっても、怒ったり、シカト決め込んだりは美羽も出来ませんでした。
力なく座り込んで、ただほろりと泣くだけ。
それから逃げ出して、部屋に飛び込みます。

今夜はなんなのかわからない!
なんて思いながらも「ホッした?」という言葉を思い出して「してない!」と呟く美羽が悲しかったです…。
幸せになってほしい…。

▼▼弟の顔して笑うのはもう、やめる 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
Handyコミック【弟の顔して笑うのはもう、やめる】※スマホ専用

神寺千寿トップにもどる。