私の「下僕」さま! 無料

私の「下僕」さま! 無料
はComicFestaで無料立ち読みできます

▼▼私の「下僕」さま! 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
私の「下僕」さま! 無料

 私の「下僕」さま! 1話 ネタバレ

 あいつに奪われた「王子様」の座。
 レビューします。

 主人公の新宮は、
学園の「王子様」……でした。

 舞台は女子校。女の園で、
成績優秀かつスポーツも万能で、
ショートカットヘアの似合う新宮は、
他の女子たちの憧れを一身に浴びていた存在でした。
誰も彼もが新宮に憧れており、
ちょっとした擬似恋愛状態。

相手が女子とはいえ、
モテモテであることを新宮は楽しんでいました。

 そりゃ、まあ。
 自己顕示欲が強い年頃ですよね。
思春期ってo( ̄ー ̄;)ゞ。

 でもそんな矢先、学園が男子校と合併し共学へ。
そうして新しく学校にやってきた葛城という男が、
また成績優秀なイケメンだったのです。

いくら新宮がかっこよくても、
所詮女の子。

そりゃ、他の女子たちは葛城に一気に傾きますよね。
 それが面白くない新宮は、
葛城に一方的に勝負を仕掛けます。

 ま、仕掛けるきっかけは、
葛城が新宮が女の子であることすら知らずに、
つまり一切の興味関心を払っていなかったからなんでしょうけど; ̄ロ ̄)!!。
新宮からみれば面白くないでしょうしね。
 しかし、こういう話だと、
主人公って大体負けますよね?
新宮、ひどい目に遭わなきゃいいけど( ̄、 ̄=)。

▼▼私の「下僕」さま! 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
[ComicFesta]【TL】私の「下僕」さま!.ver1.2.1

 私の「下僕」さま! 2話 ネタバレ

 負けた方が、「下僕」になること!!
 レビューします。

 新宮が葛城に仕掛けた勝負は、
バスケにて、先に3ゴール取った方が勝ちというもの。

 いつの間にかギャラリーも揃って大盛況です。
もともと学校で人気のある新宮と、
期待の新星たる葛城との勝負ですし、
負けたら下僕だなんて、
面白そうですよね。私のその場にいたかった。

 読者としては、
主人公の新宮に勝って欲しいわけで、
まず1ポイント取った時
はほっと安心しました(゚ρ゚*)。

 しかし次は葛城が、
圧倒的なスピードを持って圧勝\(;゚∇゚)/。
 あー、このまま負けるのかなー、
ちょっと新宮が可哀相だなーと思っていたら、
主人公の底力を見せつけ、無事、勝ってくれました(;^_^A 。

 大体の漫画だと、主人公側が負けて
挫折を経験して更なる成長に
つながるとか、負けてひどい目に遭うとか、
そういう展開になったことでしょう。

 この話だと新宮は勝者です。
 でも、新宮は葛城を下僕にしたかったのではなく、
単に彼をぎゃふんと言わせたかっただけ。

なのに葛城、衆人環視の前で跪いて手にキスですよ。
 何なんだこの男、
我らが新宮さまに、なんてことを(`Д´) ムキー!!!

▼▼私の「下僕」さま! 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
[ComicFesta]【TL】私の「下僕」さま!.ver1.2.1

 私の「下僕」さま! 3話 ネタバレ

 は、はなれて!密着する身体に戸惑って…
 レビューします。

 可哀相な新宮、うっかり葛城を下僕認定したものの、
葛城がそれを新宮の想像以上
のクオリティで引き受けたもんだから、
却って周りからの目がひどいことになってます。

なるほど、勝負に勝ったからといって、
新宮の思い通りにならないわけで、
結果的にはよくある展開になりそうですね(⌒-⌒)。

 こんだけ葛城のことを意識しているのだし、
そのうち恋心が芽生え……るんでしょうしね。

 よし、その状態をニヤニヤしながら
傍観させていただこう(≧∇≦)b。

 早速、「重い荷物を一人で運ぶ」イベントが発生しましたよ!
それを上手い具合に葛城が目撃するという!
うわー、少女マンガ的展開!

当然葛城は手を貸すし、
その過程でカラダが密着して妙に
どぎまぎしてしまう新宮の可愛さ!

 ボーイッシュな見た目だし、
王子様してきた娘だけど、
そういえば新宮自体、
女子校育ちの女の子なんですよね(*´∇`*)。

 顔を真っ赤にしながら、ありがとうと言って膨れる様……
葛城にも新鮮に映るんじゃないでしょうか。

 しかし、新宮も必死ですね。
そもそも委員会の仕事を引き受けたのも、
少しでも葛城を出し抜きたいって一心ですから。
本心から「王子様」に戻りたいというよりは、
とにかく葛城に勝つことしか考えてないんだろうなあと思います。

 知ってます?ある人のことを
長く考えるようになると、
それは恋の入り口なのです。
 特に相手が異性だと、ね( ̄▽ ̄)。

▼▼私の「下僕」さま! 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
私の「下僕」さま!

 私の「下僕」さま! 4話 ネタバレ

 お、お姫様だっこで登校!?
 レビューします。

 それはある朝。遅刻しそうな新宮は、
登校中に、同じく遅刻しそうなのに
悠長に歩いている葛城に遭遇します。

 葛城のことなどほうっておけばいいのに、
わざわざ「わたしの下僕らしく
品行方正に振舞え」なんて無茶を吹っかけます。

 あの、新宮ちゃん、今までも散々
葛城にちょっかい掛けては倍返し
食らってましたよね?いい加減勉強しようね?キミヽ(~~~ )ノ。

 その朝も、お姫様抱っこされ投稿する羽目に。
 あー、言わんこっちゃない……( ̄‥ ̄)。

 登校早々、親友のくま相手に愚痴を零していますが、
その後、予想だにしない事態に……
葛城は女子たちの間で人気があるといいましたが、
それと親密な関係に見える新宮を
敵対視する女子たちが登場したのですΣ(゚口゚;!
 わー!なんだかお約束の展開だぞΨ( ̄∇ ̄)Ψ!!

 どうやらその子たち、女子校時代に新宮を
慕ってくれていた子たちらしい。

なんだ、葛城に惹かれているからお
邪魔虫してるでのはなくて、
新宮が遠くに行ったようで戸惑っていたんですね。

 まあ、てめぇら勝手に自分の理想
押し付けておいてそれが叶わなくなった
途端イジメかよサイテーだな( ̄⊿ ̄)!
とは思いますけどね。

 世の中のアイドルとかは、
こういう目に遭ってるんでしょうね。
夢を売る仕事はタイヘンだ。

▼▼私の「下僕」さま! 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
[ComicFesta]【TL】私の「下僕」さま!.ver1.2.1

 私の「下僕」さま! 5話 ネタバレ

 上から目線だけど、実は優しい…?
 レビューします。

 うわー、これだから
大して取り得のない女子って嫌い(∴`┏ω┓´)/!

 新宮の教科書を隠し、
授業に遅刻させる原因を作り出しました。
普段は真面目な新宮にとって、
それと、トイレで盗み聞きした内容は
とてもショックが大きいようです。そりゃそうですよね(..、)ヾ(^^ )ヨシヨシ。

 くだんの女子たちは、偶然ですが葛城のこと見つけて、
新宮の悪口を言ってます。

それも、結局新宮が自分たちの
理想にそぐわなくなったからでしょう。

勝手に慕っておいて勝手に
裏切られたと被害者ぶって
その愚痴をよりによって葛城に吐くか。
 葛城の、その女子たちに
対する冷たい視線には、やってやったな!と膝を打ちます。

 ホント、新宮が可哀相で(ToTw)。

 で、葛城、判っちゃうんですよねー。
何故新宮が落ち込んでいるのか。
 葛城は葛城で、新宮がいろいろ
自分に噛み付いてくるのを楽しんでたようです(;^_^A。

 葛城は言います、
「女って勝手に理想像作って勝手に幻滅するようなめんどくせー生きもん」
だと。そう!その通りですね(゚ー゚)(。_。)ウンウン。

 新宮は、葛城が慰めてくれたことに驚いています。
多分これで、葛城への印象が好転するでしょう。

▼▼私の「下僕」さま! 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
[ComicFesta]【TL】私の「下僕」さま!.ver1.2.1

 私の「下僕」さま! 6話 ネタバレ

 キス、初めてだったのに…!
 レビューします。

 それは掃除を終えたとき。
 ついにあのアホな女子たちが新宮に絡みます。
あることないこと言っちゃって。
てめぇらが勝手に幻想抱いてただけだろ!
と憤慨しつつそれを見守っていたところ、
さすがの新宮もカチンときたようで、
それはもうガツンと言い返しておりました。
 いいね、新宮、それでこそ「王子様」ですよヽ( ´ ▽ ` )ノ。

 へこんでいた新宮も、葛城に励まされたこともあるし、
冷静に考えて怒りを覚えていたのでしょうね。
こういうシーンはすっきりします。

 ただ、騒ぎが大きくなり、そこに葛城が登場。
 あくまでその女子たちを追っ払うためとはいえ、
とんでもないことを……衆人環視の中で、新宮にキスをするのです!

 うわー!こいつどっからそんな自信わいてくるんだ!
 イケメンだから、恋愛経験は豊富ですってかヾ(-_-;) ?
 ついでに全員に「付き合っている宣言」
&「下僕云々はそういうプレイ宣言」Σ( ̄ロ ̄lll)。

 当然新宮は葛城のことを好きなんて思ってないから、
ほっぺたひっぱたきます。
そのまま泣きそうになりながら逃げ出す新宮。
葛城、お前はやり過ぎた。
 新宮は自分の力で女子たちを
追っ払おうとしていたのに、本当にとんでもないことを……してくれましたね( ̄へ ̄|||)?

▼▼私の「下僕」さま! 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
私の「下僕」さま!