さのたかよし

さのたかよし

さのたかよし
の無料で読めるエロマンガを紹介しています。
なかでも、えむ×えすはとても人気です。
そこで、えむ×えすのネタバレや感想を中心に特集しました。

えむ×えすを実際に読んでみた、あらすじ、感想見どころ
義理の親子が繰り広げる、Hな毎日!?えむ×えすは以下からチェックできますよ!

▼▼えむ×えすを今すぐ無料立ち読みするなら、こちらをタップ▼▼
さのたかよし

えむ×えす 001話 家族?家族! のあらすじ、感想

ヒロムは義理の母・真理子と妹・美佳と一緒に住んでいる。
真理子はとても天然な性格をしている。朝、ヒロムを起こしに行った母は彼と一緒に寝てしまい、朝食を作っていた美佳に起こされるのだったが、美佳が作っていた朝食は、火にかけたままだったために見るも無残なものになってしまった。

美佳は兄のヒロムが大好きだった。

朝のやりとりも母に兄を取られるのが嫌で、朝食を作るのもヒロムに認めてもらいたいがため、、ヒロムは穏やかな日常を過ごしていた。

学校でも賑やかな友人とのくだらない会話。家族との何気ないやり取り。
ある日の放課後、一緒に帰ってきたヒロムと美佳は、家に着くなり真理子の悲鳴を聞く。

●感想●
第1話はものすっっっっごく穏やかな日常が描かれていますね。

ただ、テニスをしているときに美佳の下着が見えていたり、2人で帰るときにパンツが見えるようなアングルだったり、真理子の入浴シーンでは爆乳が(あれは大きいでしょ)しっかり見えていていいですねぇ。

さて、真理子の入浴をのぞいていたのは誰だったんでしょうか。
美佳の恋?の行く末も気になるし、早く次が見たいですね。

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

えむ×えす 002話 ギリギリ兄妹 あらすじ感想

ヒロムと美佳が家に帰ると、真理子の悲鳴が聞こえる。
最近出没するという編集つ者の話を思い出し、 2人は急いで部屋に向かった。
すると、タオル一枚巻いただけの真理子が浴室から飛び出してきたのだ。

事情を聞くと、入浴中に蛇のような冷たい視線を感じた真理子が、
勢いよく窓を開けると、、、、そこには本当に蛇がいたのだった!!!

?真理子の天然さに脱力しながらも、蛇退治へと向かうヒロム。
すると、後ろから真理子がその胸を押しつけてきて、、、
悪意はないと分かっていても、ヒロムは友人の描いた同人誌を思い出し、蛇に襲われる真理子を想像してしまうのだった。

?その日の夜、、ヒロムは真理子の部屋で想像もしなかった光景を見てしまう!

?●感想● 真理子さんはヒロムのことが好きなのでしょうか?!
「ほら、ママのおっぱい・・・見て・・・」
ってすごいせりふ~写真に向かってだけど、エロいなぁ。

2階ではヒロムと美佳が手を取り合うだけでドギマギしている可愛い恋愛模様が繰り広げられているというのに、、、さてさて、色気たっぷりの真理子か気が強いけど可愛らしい美佳か。

ヒロムはどっちが好きなんでしょうね~

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

えむ×えす 003話 あぶない一線!!(前編)

ヒロムは目の前の光景を信じられないでいた。
普段なら寝ているであろう時間に真理子の部屋から声が聞こえたので、そっと覗いた。

それだけだったはずなのに、ヒロムはとんでもないものを見ている。
それは、真理子のオナニーだった。

それだけじゃない、真理子はひたすらヒロムの名前を呼んでいるのだ。
翌朝、真理子は普段通りにヒロムを起こしに来た。

飛び起きたヒロムは、着替えるからという理由で真理子を部屋から追い出してしまう。
しかし、ヒロムのモノはしっかり勃起していたのだった。

学校では日常が待っている。友人とのくだらない会話をして、妹のテニスウェア姿を見て、授業を受ける。

しかし、ヒロムは昨夜の光景が忘れられないでいた。
そこでふと思い出す。 「・・・あの本、片付けたっけ・・・?」
?早退したヒロムは超特急で部屋へ帰るとそこにはすでに真理子がいた。

●感想● どんどんと真理子との関係にいきそうな展開。。。
ヒロムくんは朝からあの同人誌で5回も抜けるんですね。
若いですねえwww。

部屋ですでに同人誌を発見してしまっていた真理子は、天然とはいえその意味に気付いたようでしたね。
自分がモデルになっていると。

ただ、彼女もヒロムでオナニーをした経験があるので、赤面赤面。
足が滑ってベッドに押し倒した形になってしまいましたが、どうなることやら、、、?

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

えむ×えす 004話 あぶない一線!!(後編) あらすじと感想

足が滑って、ベッドに真理子を押し倒してしまったヒロム。
とっさに離れて、2人は少し距離を置いて話し始める。

「真理子さんが悪いんだ!!」ヒロムは昨夜見た光景と、今朝それを思い出してその本で抜いたことを話してしまった。

すると真理子が突然「悪いママだよね・・・(´∩`。)」
と泣きだしてしまう。

ヒロムが「少し嬉しかったと言うか・・・」

となぐさめると、真理子は抱きついて責任とらなきゃ、とヒロムの前チャックを開ける。
そうしてヒロムのモノを弄りながら「こんなにおっきくなっていたのに・・・今まで気づかないでごめんね・・・」

そう真理子が耳元で囁くと、とうとう我慢できなくなって、ヒロムはイってしまった。

早かった、、と落ち込むヒロムに、真理子はもう一回弄り始めてしまう。

●感想● この1話でどんだけ展開するんだっっ!!!!笑。
ヒロムは若いし、 真理子にああやって攻められたら我慢できないよねぇ。
真理子はどんどんヒロムのモノが欲しくなっていっちゃって。。
そのうちきっとねだっちゃうねwww。

美佳を迎えに行ってあげるヒロムの後ろめたそうな顔がおもしろすぎ!
美佳の気持ちに気付いていないヒロムは美佳に優しくするけど、もし美佳が2人の事実を知った時にどうなるか楽しみだなぁ。

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

えむ×えす 005話 おかあさんといっしょ

真理子がヒロムの部屋でエロ本を見つけてから3週間、ずるずると2人の関係は続いていた。

?真理子は豊満な乳でヒロムのモノを 擦りつけてはヒロムがびくっと反応し、「我慢しなちゃ強い男の子にはなれないぞ(o´ω`o)」

と彼のモノを吸い上げる。

それに我慢できなくなったヒロムは、またイってしまう。
すると、ヒロムは真理子の下着に手をかけた。

「それだけはダメ!!」

真理子は自分が母であるということを理由に、挿入を拒んでいたのだった。

未だ挿入はしないものの、下着の上から舐めてもらったり、真理子もヒロムに翻弄され出していた。

その頃美佳は迎えに来なかったヒロム に怒りをあらわにしながら下校していた。
すると、そこに荒い息が近づいてきて、、、!

?●感想● そこまで行って、よくどっちも我慢してるよなっっっwwww。
もう挿入しててもおかしくないような展開だっていうのにねぇ。
真理子は結構派手な下着を毎回つけているんですよね、おっとりしてるのに。

逆に美佳のほうが気が強いのに 柄つきの可愛い下着をはいているところが、中身を表しているようでおもしろい。

さて、 美佳に近づく変質者は誰なんでしょう。
?大好きなヒロムとするまえに、 知らないやつに犯されちゃうんでしょうか?!
▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

さのたかよし