えむ×えす 無料

えむ×えす 無料
はまんが王国で無料立ち読みできます!

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

えむ×えす 6話 ヒロムのいちばん長い一日

ひとりで下校していた美佳。

すると、後ろから荒い息が聞こえたと 思った瞬間に羽交い締めにされてしまう!
なんとか逃げ出した美佳だが、
変質者は後ろから追ってきている。

心の中で、ヒロムに助けを求めると、迎えに来ていたヒロムに 出会うことができたのだった!

美佳の崩れた制服とその様子で何があったかを把握したヒロム。
通りかかった町会長に美佳をまかせ、変質者を追う。

すると、学校で美佳を追いまわしている友人に遭遇した。
「お前か、、、」

鬼のような顔で近付くヒロムに、 友人は必死に弁明を繰り返す。

「美佳ちゃんを追っていたが、 美佳ちゃんにに抱きついたやつがいて、必死に追いかけたんだけど、、」

友人の証言を頼りに、変質者の行ったであろう方向へ行くと、、、ヒロムは変質者に襲われながらも捕まえることに成功した。

?部屋で美佳に手当をしてもらっていると、美佳がおもむろにキスをしてきた。

?●感想● つっこみどころ満載!!!!www。
美佳はキスできゃっきゃしてるし、真理子は熱を出したヒロムにとうとう 挿入しちゃうし。
こらこら真理子さん、母だのなんだの言ってた あの時間はなんだったのかwww。
あっさり入れて、ヒロムもあっさりイって、「愛してるわ・・・」 ってどうなっちゃうんだろう。
美佳も応援してあげたいんだけどなー。

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

えむ×えす 007話 涙(1)のあらすじ、感想、レビュー

変質者事件から数日たって、ヒロムの功績をたたえて町内会での温泉旅行に家族3人で招待されることになった。

混浴だという情報を得ると、美佳の背後から炎が立ち上る!!
真理子は単純に家族旅行を楽しみにしている様子だった。

学校へ行ったヒロムは、あの日美佳をずっと撮っていたという友人から、美佳が自分のことを好きだということを知らされる。

テニスコートへ行くと、応援する友人やら恥ずかしがる美佳やらでそれが本当なのだと言うことを自覚し、妙に意識してしまうのだった。

●感想●
これまでの展開とは一変して、まったく変化のない日常を描いた短いお話wwww。
まあ確かに、前回までがなんとも説明的というか展開が多すぎと言うか。
ただ、混浴に対する美佳の盛り上がりを見ると、温泉旅行で何か確実におきますね。 町内会の爺婆さまをかいくぐって、どこまで展開出来るのでしょうか。

ひとつ気になることと言えば、サブタイトルの『涙』の意味がまったく分からなかったことでしょうかねww。

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

えむ×えす008話 涙(2) あらすじと感想

怪我も癒えてきたヒロム。
包帯を変えるという真理子をそっと抱きしめ、またセックスしたいと呟く。

数日前、熱に犯されながらも真理子とセックスしたことを覚えていたのだった。

「いいわよ・・・」真理子が足を開いてヒロムのモノを招き入れた。

「あとは・・ヒロ君の好きに動いて・・(●´ω`●)」
照れながらも言う真理子に、ヒロムは腰を止めることができず、とうとう真理子をイかせるのだった。

部屋の外に美佳がいるとも知らずに・・・

●感想●
み、美佳・・・・!いつバレるかなぁと思っていたけど、やっぱりセックスしてる最中ですよねぇ。

しかも、真理子も声を抑えられないし、
ヒロムも真理子を初めてイかせられるとなって興奮しているし、部屋の外に声だだもれwww。

家の外にだって聞こえてるんじゃないのか?
と思わせるほどの激しいセックスを、とうとう美佳に知られてしまいましたな。
美佳はヒロムのことが純粋に好きだったのに、そりゃぁ泣いちゃうよね(´A`。)

さて、美佳はどういう行動に出るのでしょうか。

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

えむ×えす 009話 雫 あらすじと感想

真理子はカレンダーに向かって楽しそうに温泉旅行の日に丸を描いていた。

家族は日常に戻っていた、と思いきや、美佳が突然旅行 には行かないと言いだしてしまう。

なぜだと詰め寄る真理子を冷たくあしらい、ヒロムにはもう迎えはいらないと言い捨てて部屋へ行ってしまった。

なぜ突然美佳の態度が急変したかわからない2人は困惑するばかり。
一方の美佳はあの日のことを思い出していた。

ヒロムを心配して部活を抜け出してきたのに、母と大好きなヒロムの セックスを見てしまったこと・・・

2人のセックスを思い出して、 じんわりと濡れる美佳。
思わず、ヒロムの名を呼びながらオナニーを始めてしまう。

●感想●
美佳、可哀想だけどそうなっちゃうよね。でもオナニーで血が出るなんて、結構ひどくやったんだろうなぁ・・・

お母さんがうらやましいってスゴイ状況。
でも、終わって自己嫌悪になってる美佳がなんかみじめに見えちゃいました。。。

ヒロムは美佳の気持ちを知ったはずだけど、今後どうなるんだろう?

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

010話 チャーンス?(1) あらすじと感想

部活中、美佳は大あくびをして同級生にからかわれている。
「ヒロムのことで頭がいっぱいなんじゃないの?v( ̄∇ ̄)ニヤッ」

そんな友人に、美佳は大声で否定するも信じてもらえない。
雨が降り始め、部活が中止になっても美佳はなかなか帰れないでいた。

明日に迫った町内会の温泉旅行に行こうと、 母に何度もせがまれるからだった。
結局ひとりで部室に残ったものの、居眠りをしてしまう。

なぜ、美佳がそんなに眠いのかと言えば、毎夜オナニーをしているからだった。

部室にあるシャワー室でもしてしまった美佳。
帰ろうと立ちあがると、目の前の景色がゆがんでいくのだった。

●感想●

美佳は「あの行為」=オナニーにはまっちゃったんですね。
明け方までやって、 気絶するように寝たって何回やったんだwww。

確かにそこまでやれば、 シャワーの水が当たっただけでも反応する身体になっちゃうかもしれないねぇ、、、

でも鍵の掛かっていない部室のシャワー室で オナニーはまずいでしょ(笑)
どれくらいやってたかわからないけど、熱いお湯浴びながらだったからくらっときちゃったみたい。
どうなる、美佳?!!

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

えむ×えす 011話 チャーンス?(2)

家では、雨が降っているのに美佳が帰ってきていないことに 真理子が心配していた。

真理子はその天然っぷりを活かして、自分が温泉旅行に 誘い過ぎたせいで美佳が本当にグレてしまったのではないか、と泣きながら発狂していたのだった。

外に美佳を探しに出たヒロム。

最近様子がおかしかった美佳のことを考えていた。

歩いていると、同じテニス部の同級生に会う。
美佳は部室にいたはず、と聞きみんなで部室へ向かうと、美佳がシャワー室で倒れているのを 発見したのだった。

美佳が目を覚ますと、そこは自分の部屋だった。
?のんきに良く寝た、とあくびをしながら階段を下りると、母と兄と町内会長が温泉旅行をキャンセルすると話していた。

●感想●
温泉旅行キャンセルのはずが、町内会長は真理子さんだけでも。とねばってきたwww。
最初っから真理子だけに来てほしかったんだからそうなるよね(笑)
ヒロムも純なんだか天然なんだか、美佳の看病をひとりですると 宣言しちゃった!!!

美佳、止めに出ていかなくてよかったねぇ。

これが実現したら、2泊3日真理子がいない間はふたりっきり。
美佳とヒロムに新たな展開?!

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

えむ×えす 12話 (・・・)(1) あらすじと感想

結局真理子ひとりで町内会の温泉旅行へ行くことになった。
真理子は純粋に家族旅行がみんなで出来なかったことを悲しんでいたが、部屋で寝ていた美佳は違った。 本当に叶ってしまったふたりきりの生活。

たった2泊3日だけど、期待で胸がゾクゾクしていた。
そこへ、真理子を見送ったヒロムが戻ってきた。

美佳は、 病気なのをいいことにヒロムに思いっきり甘えていた。
「おかゆ、はいっ(*´○`)」真理子が作っていってくれたおかゆを、ヒロムに食べさせてもらう美佳。

今だけは自分だけのヒロムなのだ、と考えて少しさみしくなる。

真理子が帰ってきたら、2人はまたあの時のように。。。
そこまで考えて、美佳は立ちあがる!

●感想●

ガンバレ、美佳!!!!ここまでけなげだと、本当に応援したくなっちゃうぞ(笑)
ヒロムも美佳がどういう好意を自分に抱いているか、本当の意味では気づいていないんですね。 兄妹愛じゃないです、本当に好きなんです、美佳は!!!

でもこのままじゃ真理子が帰ってくるまであっという間だと気付いた美佳が立ちあがったwww 襲っちゃうのか?ww。

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

えむ×えす 13話 (・・・)(2) あらすじと感想

先にお風呂に入ったヒロムは、湯船につかりながらおかゆのレシピを見ていた。

具合の悪そうだった美佳に、作ってあげようとしていたのだ。
そこへ、裸の美佳は入ってきた。「Σ(っ゚Д゚;)っ」

ヒロムはあたふたとするだけで、一方的に美佳が楽しそうに話をしている。
そして「お母さんとああいうことしていいなら・・・妹の私だってこのくらいフツーでしょ」
「(°◇°;) バレテター!!」

美佳がヒロムの背中に抱きつき、ヒロムは美佳の乳首やらなにやらを背中で感じて勃起してしまった。
「それ、あたしがしてあげよっか・・・?」
美佳がヒロムに思いを伝えると、、、「セックスするぞ・・・美佳・・・」

●感想●
ヒロムーーーっ!!!!軽すぎるぞおまえっっwwww。
まあ確かに妹とはいえ血が繋がってないなら『女』の裸が目の前にあるわけだけども。
さっきまでイヤイヤ言ってたのに、突然ぎゅっと抱きしめて
「セックスするぞ」

はないんじゃないかなぁ???
でもまあ、美佳の作戦勝ちってことですよね。
さあ、次回はやっと美佳はヒロムとセックスできるのでしょうか?!

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

えむ×えす 14話 もっともっと

お風呂のなかで、2人はキスを繰り返している。
そして、美佳の待ち望んでいたヒロムのモノを入れることが出来たのだった。

真理子と違ってキツイ美佳のナカを割って入るヒロム。
「ヒロム・・・いっぱいエッチしよ!私・・・もっともっとキモチよくなりたい」

泣きながらそういう美佳に風呂場で一回出したヒロムは、部屋へ行ってもまだセックスを続けていた。

ヒロムがイっても、美佳が舐めてまた勃たせ、セックスをする。
その繰り返しで朝になった。

セックスをしながら友人の電話に出るくらいに、、、翌日、青い顔をして真理子が帰ってきた。

美佳は真理子の前に立ちー・・・

●感想●

よかったね、、、美佳っっ!!それにしても、ふたりとも若いなぁ。。。
夜にスタートして、夜明けの時点でまだやってたから、本当にまるっと1日ヤり続けたんだなぁ・・・

ヒロム馬並みwwww笑。

美佳はこれで真理子に素直になれるわけだけど、ヒロムはどっちとも関係を持っていて、それを知っているのは美佳とヒロム。
真理子は何も知らないから、これからどんな事件に発展するやら、、、楽しみ♪

▼▼えむ×えす 無料立ち読みはこちらをクリック▼▼

えむ×えす 無料

さのたかよしトップにもどる。