CATEGORY 笹倉ぱんだ

笹倉ぱんだ

笹倉ぱんだ 無料
おじさん、私を好きになって
のネタバレ、無料立ち読み、感想についてです。

▼▼おじさん、私を好きになって 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
おじさん、私を好きになって-背徳の夜-

※おじさん、私を好きになって
と検索

 おじさん、私を好きになって―背徳の夜― 1話 ネタバレ

第一夜 彼は私のお母さんが好き
レビューします。

主人公・みちるは、20歳になったばかりの女の子です。両親が他界した8年前から、両親の古い友人であり、自分を引き取って育ててくれたおじさん・慶ちゃんと一緒に暮らしています。
慶ちゃん、とても穏やかそうな雰囲気で、とにかく優しい、まさに理想の”お父さん”な人。でもみちるは、慶ちゃんのことが好きで、今日こそ告白をしようと決意していましたo( ̄ー ̄)o。

今日こそというか、それまでも何度も告白してきたけれど、見事にスルーされていたようです(w_-;。
20歳の節目の日、これを最後の告白にしようと、決意しているわけです。みちる、健気。
見てくれは可愛らしいから、普通ならイケると思うのですが、親代わりに同居していた人が相手で、かつ、その人はみちるの亡き母を好きだったという……。

うーん、前途多難(゚ー゚;A?

約束の夜、街には幸せそうなカップルばかり。手をつなぎたいと思い、そっと手を出そうとするみちる、いじらしいですね。
ところで、一生懸命おめかししたみちるを見た途端、慶ちゃんがちょっとだけ変な反応をしたのですよね。みちるを見て驚いているような(・・;)。
みちるはそれを、自分のおしゃれに驚いたからだと勘違いしているようですが、そうではなくて、慶ちゃんが好きだったみちるの母に似ていたとか、そういう理由じゃないのかなあと思うんですよね。

果たしてみちるは、亡き母の幻影に勝てるのか( ̄ー ̄?)?

▼▼おじさん、私を好きになって 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
おじさん、私を好きになって-背徳の夜-

※おじさん、私を好きになって
と検索

 おじさん、私を好きになって―背徳の夜― 2話 ネタバレ

第二夜 女の子として意識して
レビューします。

映画が終わってから、少し付き合ってほしいと慶ちゃんに言われたみちる。彼女が連れていかれた先は、いかにも高級そうな、大人が行くようなレストランでした。
みちる、精一杯のオシャレはしているけれど、そういうのは初めてなのでしょう、目を輝かせています。なかなかそういう場所に行く機会なんてないですもんね。

そんな場所で、いきなり背後からペンダントを付けられるという!
きゃー!そんなにくっついたらみちる真っ赤になっちゃうじゃないですか(*´σー`)!

レストランもプレゼントも、お母さんではなく自分のために。感激したみちる、つい告白してしまいます。
わー、わかるその気持ち。それだけしてくれるってことは?と期待してしまいますもんね。
でも慶ちゃんは、異性としては見れないときっぱり; ̄ロ ̄)!!

みちる……o(;△;)o。

でも、慶ちゃんも脈は大有りだと思うんですよね。なぜならば、雨の中、濡れながら泣いてるみちるを追いかけてきてくれたから。みちるを大事に思っていることは変わりがないし、それは”お父さん”としての感情だけではないと思うんですけどね。

世の中のお父さんって、娘の20歳のお祝いに、オシャレなレストランを予約してくれたりするのかしら。
まあ、いないこともないか。そんな憧れのお父さん(* ̄∇ ̄*)。

▼▼おじさん、私を好きになって 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
おじさん、私を好きになって-背徳の夜-

※おじさん、私を好きになって
と検索

おじさん、私を好きになって―背徳の夜― 3話 ネタバレ

第三夜 初めて見る男の顔
レビューします。

みちるが2話の最後で仕掛けた一世一代の勝負・キス(。・・。)。
慶ちゃん、驚いて、キスをしてきた相手を見ます。まじまじと。するとまあ、雨に濡れて服の奥の下着が透けて見えます。はっきり見えるってことは、みちる、下品にならない程度にぎりぎり濃くて可愛い下着を、わざわざ選んだのではないでしょうか。

その光景が、ついに慶ちゃんの牙城を崩しました。
もう、きゃー!の一言ですよこのシーンヽ(=´▽`=)ノ!

今まで絶対に本気に捉えなかったくせに、いきなり男としてみちるを求めてきたんですよ。それまでの”おじさん”の顔ではなく、一人の大人の男の顔をして。
いきなりみちるを裸に剥いて、あちこち胸やら首筋やらにキスを落として。
ギャップがあると余計にドキドキするんですよねー(*’-‘*)。

ていうか、恋しい相手とセックスする良さって、そこにもありそう(‘-‘*)フフ。
誰も知らない彼の顔を私だけは知っているという優越感!

ただし、みちるは一抹の不安を拭い去れないまま。それはきっと、慶ちゃんの亡き母への想い。みちるが疲れ果てて眠っている横で、慶ちゃんは一人、意味深な表情で一枚の写真を見つめていました。
詳しくは描かれていませんでしたが、多分みちるの母のものだと思うんですよねヽ(  ̄д ̄;)ノ 。

うーん、慶ちゃんにもみちるにも、多大なる試練の予感。

▼▼おじさん、私を好きになって 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
おじさん、私を好きになって-背徳の夜-

※おじさん、私を好きになって
と検索