保護者失格。一線を越えた夜 無料
はコミなびから読めます!
▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

>>>保護者失格をPCで読むならコミナビ<<<

当サイトではTLマンガや、近親相姦漫画もたくさん読めます!是非チェックして下さい。

保護者失格。一線を越えた夜 無料 1話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 1話 ネタバレ
叔父と姪、ふたり暮らし
レビューします。

8歳のとき事故で
両親を亡くした
ちづるは叔父の瀬名に

引き取られ、
12年間2人きりで
生活していました。

ハタチに成長したちづるは、
いつしか瀬名に

淡い恋心を抱いていて、
周囲から親子扱いされたり、

瀬名が自分の事を子どもを
あやすように

扱う事が面白くありません。

==
だって、ちづるは叔父の
ことが好きなんですからね。

そんな風に扱われたくないですよね。
でもそんな描写も
またかわいい!(*≧∇≦*)

ある日の夜、瀬名が同僚を
連れて帰宅し、小さい頃からの
ちづるを良く知る同僚は、

瀬名が買出しに出かけている間に、
「大きくなった」
と酒を勧めてきました。

最初は、初めての飲酒に
ためらうちづるでしたが、

子ども扱いされたくない思いで、
次第にペースアップしていき
飲みすぎて倒れてしまいます。

==
この倒れっぷりと
頬の赤らめっぷりも
必見ですよ!( ^ω^)

やがて戻ってきた瀬名は
ちづるを介抱しながら、

久しぶりに着替えを
させるうちに、

ブラからはち切れんばかりに
実った胸を目の当たりに
していつの間にか美しく、

女の身体に成長ていたちづるを
急に意識しはじめます。

==
無防備な女性の色気を
感じてしまったんでしょうね。(///▽///)

足元がふらつき、
押し付けられたちづるの
胸に戸惑う瀬名、

そして高鳴る鼓動を抑えきれない
ちづるは一体どうなってしまうのでしょうか。

保護者失格。一線を越えた夜 無料
はコミなびから読めます!
▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

>>>保護者失格をPCで読むならコミナビ<<<

保護者失格。一線を越えた夜 無料 2話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 2話 ネタバレ
もう子供じゃないんだよ・・・
レビューします。

飲んだ事も無いお酒を一気に飲み、
意識を失ってしまった
ちづるを介抱した叔父の
瀬名は、ちづるをたしなめます。

ちづるの胸の内には
瀬名への思慕が強まっていき、

「叔父さんは結婚しないの?」
と疑問をぶつけます。

「42歳だから」

と話をそらす瀬名に、

ちづるは自分に遠慮しないで
と無理して笑顔を作りますが
子ども扱いされてしまいます。

動揺を気付かれないように
その場を離れようとしたちづる
はフラついてしまい瀬名に
抱きかかえられます。

2人は急接近しますが、

瀬名の態度に素っ気無さ
を感じたちづるは傷心で部屋に戻ります。

千鶴ちゃん・・・可愛そうですね(・ω・)

「私はもう子どもじゃない」

自分の大人の一面を
持て余していた夜、

雨に打たれた
ちづるが冷えた身体を温めようと
服を脱ぎ浴室に入ると、
そこには入浴中の瀬名がいて・・。

これはもうHフラグですね!(;´Д`A
ワクワクしちゃいます。

ここでやめるなんてありえませんね。

次回のこのワクワクたまりません。///▽///)

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

>>>保護者失格をPCで読むならコミナビ<<<

保護者失格。一線を越えた夜 無料 3話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 3話 ネタバレ
どしゃぶり雨の日お風呂で・・・
レビューします。

ちづるは、雨で濡れた身体を
温めようと叔父の瀬名が
入浴している事に気付かず

全裸で浴室に入り、
先に浴槽にいた瀬名を
見て慌てふためきます。

どんなふうに慌て
ふためいているのか!

本当は画像を載せたい
くらい萌えますヾ(*´∀`*)ノ

しかし、瀬名は全く動揺
している様子はなく

「交代しよう」
と浴槽から出ようとします。

身体を隠し照れるちづるに
「子供の頃から見慣れている」
とあくまでもちづるを子ども扱
いしようとする瀬名の態度に、
ついにちづるはアプローチを開始します。

背中から抱きつき正面に
回って唇を重ねます。

一度は拒絶する瀬名ですが、ちづるは
喘ぎ求め続けます。

ついに瀬名の保護者という名の
ストッパーが外れ2人は全裸の
まま何度もキスを続け、

やがて瀬名はちづるの敏感に
膨らむ乳首を味わい細い腰に
手を伸ばしていきます。

こんなにかわいい子にせまられたら、
しょうがないですよね。。。(;´Д`A

瀬名の指がちづるのめしべに
触れた瞬間ちづるは今まで
感じたことが無い激しい衝撃

を受け、身悶えします。
瀬名は理性を取り戻し、
冷静を装ってその場を離れ、

ちづるは
火照る身体に呆然とし
その場にしゃがみこんでしまいます。

ちづるちゃん、叔父さんに
焦らされちゃいましたね・・・

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 無料 4話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 4話 ネタバレ
昨夜の情事を辿る指
レビューします。

昨夜の浴室での瀬名との情事が
頭を離れず、眠れない一夜を過ごしたちづる。

まるで別人のように
大事なトコを荒々しく弄った
瀬名の指のごつごつとした

感触が、朝になっても
消える事はありませんでした。

ソッと自分の胸に触れ、
思い返すたびに身体中が熱く
火照るのを感じずにはいられませんでした。

ちづるちゃん、
女になってしまいましたね・・・ヾ(*´∀`*)ノ

同時に、自分の内面から溢れ出した
『女の顔』で瀬名を誘った

大胆さを思い出し、
恥ずかしい気持ちでなかなか
瀬名と顔を合わせずベッド
に潜っていました。

顔を合わせる事をためらっていた
ちづるでしたが、相手は一つ屋根の
下で暮らす叔父、

会わない訳にはいかず
こっそり様子を見に行きます。

意識するちづるに対して
普段どおりの態度で何も変わらない瀬名
にちづるは心を惑わせます。

会社で同僚から美しく成長した
ハタチのちづるを意識させる軽口を

聞き、逆に『自分は家族なんだ』
と自分自身に言い聞かせ、
理性のストッパーを
かけようとします。

うんうん。そりゃそうですよね。
それが本来の家族ってもんです。。。

お互いを異性として
意識した2人の思いは、
大人に成長したちづると理性で自分を
押し殺す叔父の瀬名の中
で大きく揺れ惑います。

そりゃ、こんなにかわいい
姪っ子ちゃんがいたら、
叔父さんの気持ちもわかります。

家族という絆が近くて遠いんですよね。(;´Д`A
次は、どうなっちゃうんでしょうか。
ワクワクしながら、続きを待ちたいと思います。

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 無料 5話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 5話 ネタバレ
さっきの男とするのか?
レビューします。

ちづるは、瀬名を意識する
自分の気持ちを紛らわすため、
普段どおりに振舞おう
と決意します。

いつものように夕飯の買い物
に出掛けたちづるは、帰りに同級生
の吉村と偶然出会い、

荷物を持ってもらいます。
マンション前まで運んでもらい、
吉村と立ち話をしている時瀬名が帰宅、
吉村と別れた後で瀬名は自分の心の中に
イラだつものを感じていました。

吉村の事を、大学の同級生でイケメンで
人気者だと話すちづるに

「お似合いだな」
と背中でつぶやく瀬名、

「なんで、そんな事言うの?」

ついにちづるの抑えていた
気持ちが爆発します。

「叔父さんの事、家族として大事だけど、
でもそれだけじゃない」

ちづるは思いのたけを
瀬名にぶつけ、そのまま家を
飛び出そうとします。

それを止めようとした瀬名の口から
飛び出した言葉は

「さっきの男とするのか」。

そして瀬名はちづるを
激しく抱き寄せ、

何度もディープキスしちづるの
胸を荒々しくつかみました。

ちづるの熱い思いがまたしても、
瀬名の理性のストッパーを外し、

叔父と姪の関係から
大人の男と女の
情事へといざなっていく
事になるのです。

4話で、Hするフラグ
結構立ってましたからね、

でも、まだまだ、ソフト・・・
まぁ、実際、こんなに若い子に
ハードなプレイを強いるのも酷というもの。

でも、つきのおまめせんせい
もわかってらっしゃる!

ちづるちゃんを上手に
じらすんですよね。

おじさんも。

ちょっとした嫉妬心が
叔父さんのSッ気を
刺激させていくのでしょうか!?
続きが読みたくなります。

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 無料
6話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 6話 ネタバレ

下着を脱いで擦り合って
レビューします。

激しく唇を重ねあう瀬名とちづる。
瀬名の熱い吐息を感じ、

ちづるは立って
いられない程の足が震えてしまいます。

やがてちづるのパンティの上に、
硬くなった瀬名のモノが擦り当てられちづるは、
たまらず瀬名に必死にしがみつきます。

==
あぁ~ん(´○`)

長い長いディープキスが終わった瞬間、体中の力が抜けたちづるはその場に
座り込んでしまうのです。そんなちづるを見て瀬名は、ちづるは感じやすく
てすぐ濡れると言いながらパンティの中に指を滑らせます。

クチュクチュ音を立てさせ、瀬名はちづるの雌蕊を指で掻き回します。

==
ああぁ、エロいね~。(;´Д`A
ここはホント漫画でチェックしてもらいたい描写!(>_<)

たまらず声を漏らすちづるに、瀬名は意地悪く「誰でもいいなんて言うから慣ら
しておかないと」とさらに指の動きを速めてゆき、ちづるの耳元でイヤらし
く舌を鳴らします。

やがてパンティを脱がされ両手を壁につくように命じられたちづるは、太股
で瀬名のモノを挟み込みバックから激しく押し付けられます。

火照る雌蕊に瀬名のモノが擦れてぶつかり、
喘ぐちづるに対し瀬名は「男は好きな相手じゃなくても出来る」と言い放ちます。

=せっかく愛し合ったと思ったのに瀬名おじ様どうしちゃったの
(゚Д゚≡゚Д゚)?

打ちのめされるちづるちゃん、そして瀬名おじ様の真意は・・。=

いきなりのドS発言に千鶴ちゃんもドキドキ、う~ん。どうなっちゃうんでしょうか。。。

次回が気になります。

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

>>>保護者失格をPCで読むならコミナビ<<<