保護者失格。一線を越えた夜 無料 つきのおまめのTL漫画!

保護者失格。一線を越えた夜 画像

目次

保護者失格。一線を越えた夜 無料

保護者失格。一線を越えた夜 無料
はコミなびから読めます!
▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼
保護者失格。一線を越えた夜 無料

>>>こちら<<<

当サイトではTLマンガや、近親相姦漫画もたくさん読めます!是非チェックして下さい。

保護者失格。一線を越えた夜 1話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 1話 ネタバレ 「叔父と姪、ふたり暮らし」 レビューします。

8歳のとき事故で両親を亡くしたちづるは叔父の瀬名に引き取られ、12年間2人きりで生活していました。

ハタチに成長したちづるは、いつしか瀬名に淡い恋心を抱いていて、周囲から親子扱いされたり、瀬名が自分の事を子どもをあやすように扱う事が面白くありません。

**だって、ちづるは叔父のことが好きなんですからね。
そんな風に扱われたくないですよね。
でもそんな描写もまたかわいい!(*≧∇≦*)**

ある日の夜、瀬名が同僚を連れて帰宅し、小さい頃からのちづるを良く知る同僚は、瀬名が買出しに出かけている間に、「大きくなった」と酒を勧めてきました。

最初は、初めての飲酒にためらうちづるでしたが、子ども扱いされたくない思いで、次第にペースアップしていき飲みすぎて倒れてしまいます。

**この倒れっぷりと頬の赤らめっぷりも必見ですよ!( ^ω^)**

やがて戻ってきた瀬名はちづるを介抱しながら、久しぶりに着替えをさせるうちに、ブラからはち切れんばかりに実った胸を目の当たりにしていつの間にか美しく、女の身体に成長ていたちづるを急に意識しはじめます。

**無防備な女性の色気を感じてしまったんでしょうね。(///▽///)。
足元がふらつき、押し付けられたちづるの胸に戸惑う瀬名、そして高鳴る鼓動を抑えきれないちづるは一体どうなってしまうのでしょうか。**

保護者失格。一線を越えた夜はコミなびから読めます!
▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

>>>こちら<<<

保護者失格。一線を越えた夜 2話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 2話 ネタバレ 「もう子供じゃないんだよ・・・」レビューします。

飲んだ事も無いお酒を一気に飲み、意識を失ってしまったちづるを介抱した叔父の瀬名は、ちづるをたしなめます。

ちづるの胸の内には瀬名への思慕が強まっていき、「叔父さんは結婚しないの?」と疑問をぶつけます。

「42歳だから」

と話をそらす瀬名に、ちづるは自分に遠慮しないでと無理して笑顔を作りますが子ども扱いされてしまいます。

動揺を気付かれないようにその場を離れようとしたちづるはフラついてしまい瀬名に抱きかかえられます。

2人は急接近しますが、瀬名の態度に素っ気無さを感じたちづるは傷心で部屋に戻ります。

千鶴ちゃん・・・可愛そうですね(・ω・)

「私はもう子どもじゃない」

自分の大人の一面を持て余していた夜、雨に打たれたちづるが冷えた身体を温めようと服を脱ぎ浴室に入ると、そこには入浴中の瀬名がいて・・。

これはもうHフラグですね!(;´Д`A。
ワクワクしちゃいます。

ここでやめるなんてありえませんね。

次回のこのワクワクたまりません。///▽///)。

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

>>>こちら<<<

保護者失格。一線を越えた夜 3話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 3話 ネタバレ 「どしゃぶり雨の日お風呂で・・・」
レビューします。

ちづるは、雨で濡れた身体を温めようと叔父の瀬名が入浴している事に気付かず
全裸で浴室に入り、先に浴槽にいた瀬名を見て慌てふためきます。

どんなふうに慌てふためいているのか!

本当は画像を載せたいくらい萌えますヾ(*´∀`*)ノ。

しかし、瀬名は全く動揺している様子はなく「交代しよう」
と浴槽から出ようとします。

身体を隠し照れるちづるに「子供の頃から見慣れている」
とあくまでもちづるを子ども扱いしようとする瀬名の態度に、ついにちづるはアプローチを開始します。

背中から抱きつき正面に回って唇を重ねます。
一度は拒絶する瀬名ですが、ちづるは喘ぎ求め続けます。

ついに瀬名の保護者という名のストッパーが外れ2人は全裸のまま何度もキスを続け、やがて瀬名はちづるの敏感に膨らむ乳首を味わい細い腰に手を伸ばしていきます。

こんなにかわいい子にせまられたら、しょうがないですよね。。。(;´Д`A。
瀬名の指がちづるのめしべに触れた瞬間ちづるは今まで感じたことが無い激しい衝撃を受け、身悶えします。

瀬名は理性を取り戻し、冷静を装ってその場を離れ、ちづるは火照る身体に呆然としその場にしゃがみこんでしまいます。

ちづるちゃん、叔父さんに焦らされちゃいましたね・・・

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 4話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 4話 ネタバレ 「昨夜の情事を辿る指」レビューします。

昨夜の浴室での瀬名との情事が頭を離れず、眠れない一夜を過ごしたちづる。
まるで別人のように大事なトコを荒々しく弄った瀬名の指のごつごつとした感触が、朝になっても消える事はありませんでした。

ソッと自分の胸に触れ、思い返すたびに身体中が熱く火照るのを感じずにはいられませんでした。

ちづるちゃん、女になってしまいましたね・・・ヾ(*´∀`*)ノ。

同時に、自分の内面から溢れ出した『女の顔』で瀬名を誘った大胆さを思い出し、恥ずかしい気持ちでなかなか瀬名と顔を合わせずベッドに潜っていました。

顔を合わせる事をためらっていたちづるでしたが、相手は一つ屋根の下で暮らす叔父、

会わない訳にはいかずこっそり様子を見に行きます。

意識するちづるに対して普段どおりの態度で何も変わらない瀬名にちづるは心を惑わせます。

会社で同僚から美しく成長したハタチのちづるを意識させる軽口を聞き、逆に『自分は家族なんだ』と自分自身に言い聞かせ、理性のストッパーをかけようとします。

うんうん。そりゃそうですよね。
それが本来の家族ってもんです。。。

お互いを異性として意識した2人の思いは、大人に成長したちづると理性で自分を押し殺す叔父の瀬名の中で大きく揺れ惑います。

そりゃ、こんなにかわいい姪っ子ちゃんがいたら、叔父さんの気持ちもわかります。

家族という絆が近くて遠いんですよね。(;´Д`A。
次は、どうなっちゃうんでしょうか。

ワクワクしながら、続きを待ちたいと思います。

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 5話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 5話 ネタバレ 「さっきの男とするのか?」 レビューします。

ちづるは、瀬名を意識する自分の気持ちを紛らわすため、普段どおりに振舞おうと決意します。

いつものように夕飯の買い物に出掛けたちづるは、帰りに同級生の吉村と偶然出会い、
荷物を持ってもらいます。

マンション前まで運んでもらい、吉村と立ち話をしている時瀬名が帰宅、吉村と別れた後で瀬名は自分の心の中にイラだつものを感じていました。

吉村の事を、大学の同級生でイケメンで人気者だと話すちづるに「お似合いだな」と背中でつぶやく瀬名、「なんで、そんな事言うの?」

ついにちづるの抑えていた気持ちが爆発します。

「叔父さんの事、家族として大事だけど、でもそれだけじゃない」

ちづるは思いのたけを瀬名にぶつけ、そのまま家を飛び出そうとします。

それを止めようとした瀬名の口から飛び出した言葉は「さっきの男とするのか」。
そして瀬名はちづるを激しく抱き寄せ、何度もディープキスしちづるの胸を荒々しくつかみました。

ちづるの熱い思いがまたしても、瀬名の理性のストッパーを外し、叔父と姪の関係から大人の男と女の情事へといざなっていく事になるのです。

4話で、Hするフラグ結構立ってましたからね、

でも、まだまだ、ソフト・・・まぁ、実際、こんなに若い子にハードなプレイを強いるのも酷というもの。

でも、つきのおまめせんせいもわかってらっしゃる!

ちづるちゃんを上手にじらすんですよね。

おじさんも。

ちょっとした嫉妬心が叔父さんのSッ気を刺激させていくのでしょうか!?
続きが読みたくなります。

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 6話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 6話 ネタバレ 「下着を脱いで擦り合って」レビューします。

激しく唇を重ねあう瀬名とちづる。
瀬名の熱い吐息を感じ、ちづるは立っていられない程の足が震えてしまいます。

やがてちづるのパンティの上に、硬くなった瀬名のモノが擦り当てられちづるは、たまらず瀬名に必死にしがみつきます。

あぁ~ん(´○`)。

長い長いディープキスが終わった瞬間、体中の力が抜けたちづるはその場に座り込んでしまうのです。

そんなちづるを見て瀬名は、ちづるは感じやすくてすぐ濡れると言いながらパンティの中に指を滑らせます。

クチュクチュ音を立てさせ、瀬名はちづるのめしべを指で掻き回します。

**ああぁ、エロいね~。(;´Д`A。
ここはホント漫画でチェックしてもらいたい描写!(>_<)。**

たまらず声を漏らすちづるに、瀬名は意地悪く「誰でもいいなんて言うから慣らしておかないと」
とさらに指の動きを速めてゆき、ちづるの耳元でイヤらしく舌を鳴らします。

やがてパンティを脱がされ両手を壁につくように命じられたちづるは、太股で瀬名のモノを挟み込みバックから激しく押し付けられます。

火照るめしべに瀬名のモノが擦れてぶつかり、喘ぐちづるに対し瀬名は「男は好きな相手じゃなくても出来る」と言い放ちます。

**せっかく愛し合ったと思ったのに瀬名おじ様どうしちゃったの(゚Д゚≡゚Д゚)?打ちのめされるちづるちゃん、そして瀬名おじ様の真意は・・。**

いきなりのドS発言に千鶴ちゃんもドキドキ、う~ん。どうなっちゃうんでしょうか。。。次回が気になります。

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

>>>こちら<<<

保護者失格。一線を越えた夜 7話 ネタバレ

叔父さんのベッドで同じ夜を レビューします。

熱く激しい情事の後で突然冷たい言葉を放った瀬名に対して、ちづるは泣きながら瀬名に真意を問います。

しかし瀬名自身もまた、自分の心に生じている感情に戸惑っていたのでした。

**そうだよね、ずっと一つ屋根の下で大事に育ててたちづるちゃんを、急に大人の女性として意識しだしたんだから、キモチ高ぶるのもわかります(*・ω・*)ポッ。**

「それでも叔父さんが好き」

とまっすぐに自分を見つめ、情事を無かった事にだけはしないで欲しい。
と懇願するちづるの一途で正直な姿に接して、瀬名は張り詰めていたものが解き放たれたような優しい笑顔を見せます。

その様子に安心したちづるは、意を決して「今夜一緒に寝てもいい?」
と瀬名に尋ねます。

いつもの優しい調子でうなずいた瀬名、そして普段どおりの時間を過ごし2人は同じ寝室、同じベッドに入ります。

**健気なちづるちゃんの想いが、瀬名おじ様に伝わったみたい(つω`*)ヨカッタ。**

ちづるは瀬名に頼んで手をつなぎ、12年前ちづるが引き取られた頃の思い出話しをします。
ちづるの両親が亡くなった8歳の夜、今と同じように一緒にいてくれた瀬名の隣りで寂しくて泣いた夜「俺がいる」と優しく抱きしめてくれた瀬名の言葉を思い出して、ちづるは心が温かくなるのを感じていました。

**瀬名おじ様、やっぱり素敵(´▽`)。さあ、ひとつのベッドで、どうなっちゃうの。**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 8話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 8話 ネタバレ 「望んだキス、嫌なキス」レビューします。

瀬名と同じベッドに横たわり手をつなぎ、安らぎに包まれたちづるは、両親を亡くした12年前一番つらい時を優しく支えてくれた瀬名こそが自分にとって何より大切な存在だと伝えます。

**れからずっと、ちづるちゃんの事支え続けてたんだね|ω・。)シガンバレ…**

翌日、大学でアイドル的存在のイケメン、吉村に声をかけられたちづるは何気ない会話を交わしながら一緒に帰ります。

すると吉村は突然真顔になり、ちづるに好きな人がいるか尋ねます。

ちづるを家まで送った際挨拶を交わした瀬名の存在を口にする吉村は、ちづるに告白し
抱き寄せていきなりキスをします。

**キャー、なんて強引な吉村君。さわやか好青年が狼に豹変(#゚ロ゚#)ッ!!**

突然の出来事に、ちづるは驚き吉村を突き離し駆け出します。

帰宅した瀬名は、部屋の隅で泣きじゃくるちづるを見つけ何があったか尋ねます。

瀬名の優しい口調と、握られた手の温かさに気持ちがほぐれたちづるは吉村にキスされた事を瀬名に打ち明けます。

「好きじゃない人からのキスは嫌だった」

とちづるの頬には涙がとめどなく流れ落ちる姿を見て、瀬名はちづるにそっとキスします。

**ぅん((´д`*)ぅん、瀬名おじ様の心に吉村君への嫉妬心が芽生えてきてちづるちゃんへの思いが静かに恋愛感情へと変わってきた感じ(d゚ω゚d)オゥイェー♪。
次の展開が楽しみです( *゚ェ゚)(゚ェ゚* )ネー。**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 9話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 9話 ネタバレ 「触って欲しい」レビューします。

「叔父さん、キスして」

せがむちづるの言うままに抱き合って唇を重ねる瀬名、2人はベッドを共にします。
「触るよ?」瀬名の問いに悦びの表情でうなずくちづる**
瀬名はちづるの胸に顔をうずめ乳首をむさぼり吸いました。

**ついにベッドインだね(*ノωノ)キャッ、頑張れちづるちゃん**

イヤらしく舌を使い乳首をソッとつまみ、めしべに指を滑らせていきます。
「濡れてるね」と言いながら瀬名はちづるの脚を開き、ピチャピチャ音を立て舌を這わせてめしべを舐め回し始めます。

「ダメーぇー」

たまらず悶え喘ぐちづるに、瀬名はおかまいなしで舌を這わせ続けちづるはたまらず絶頂を迎えます。

あぁんいくーーー(´○`) ちづるちゃんKO!

「挿れて」悶え狂うちづるの口から洩れた言葉に、瀬名は「ダメだ」と断ります。
何故、と問いかけるちづるにもう少し待って欲しいと言う瀬名。

このまま寝るという瀬名に、発射をしない事を申し訳なく思うちづるは、瀬名のズボンをソッと下ろし瀬名のモノを咥えるのです。

**ち、ちづるちゃんが、自ら瀬名おじ様のモノを・・(*/∀\*)ダイタン。**

ちづるの突然の行動に戸惑う瀬名は、断ろうとしますが結局発射します。
そしてちづるに「明日空いているか」と尋ねます。

**ちづるちゃんの大胆発言「挿れて」(ノω`*)、にストップをかけた瀬名おじ様の真意は・・。そして行き先は?次が楽しみですね~**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 10話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 10話 ネタバレ 「ふたりきりの外出」レビューします。

瀬名との2人っきりのお出かけに胸弾ませ準備したちづる。
実は瀬名が、ちづるの両親のお墓参りに行くために誘った外出でした。
ちづるは瀬名からの急な誘いにちょっとびっくりしますが、瀬名は「どうしてもちづると一緒に行きたい」と意味深に答えます。

**2人きりでお出掛けって、お墓参りか~。
お墓の前で瀬名おじ様は一体ナニを報告するつもりかしらッ拝啓ご両親様~…..φ(-ω-。`)**

出掛ける直前に同級生の吉村から突然電話が入り、瀬名は「行っておいで」とちづるを優しく送り出します。

駐車場で待っているから、と言う瀬名の言葉に後押しされちづるは外で待つ吉村の元へ向かいます。

吉村はちづるに深々と頭を下げ、機能の強引なキスを必死で謝ります。
けれど、自分がちづるを好きなことは本当だと言い切る吉村、

胸のうちではちづるの心が瀬名しか見ていない事を知っていたけれど、伝えずにはいられなかったのです。

**吉村君の突然の電話にも余裕の瀬名おじ様、そして潔かった吉村君。
2人ともちづるの気持ち伝わったんだと思う(ノ・`ω・)ノ゙かっこよかったよ、吉村君。**

吉村と別れ、瀬名の待つ駐車場へ向かったちづる。
瀬名は何も聞かず、静かに微笑み車を走らせます。

ちづるは、吉村の気持ちに思いを馳せながら、瀬名以外の人は考えられない自分の心を確信するのでした。

ちづるの両親のお墓の前で手を合わせる2人、ちづるは自分を親不孝な人間だと心の底で詫びるのでした。

**そうね(´・ω・`)叔父と姪、道ならぬ恋だもんね。
さて瀬名おじ様は、どんな思いで手を合わせたのかな~。
とっても気になる(*´-ω・`人´・ω-`*)ねッ。**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 11話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 11話 ネタバレ 「車内で火照る身体」
レビューします。

「好きだ」ちづるの両親の墓前で、ついに瀬名は自分の想いをちづるに伝えます。

ちづるは今まで押し殺してきた思いが溢れ出し、やっと自分の思いを受け止め、そして手を差し伸べてくれた瀬名の胸に飛び込んでいくのでした。

**よかったね、ちづるちゃん( ´∀`ノノ☆ハ。
思いがつながった2人の感動シーン、瀬名おじ様の表情、
絶対漫画でチェックして欲しいデス**

「大事にするから」瀬名はちづるをしっかりと抱きしめ、胸の内で「ごめんな、兄さん」と謝ります。

ちづるの両親であり、瀬名の兄・・墓前を後にする時、瀬名の迷いがたち切れていきます。

**「本当に?」って胸の内に問いかけたちづるちゃんの両親、そう瀬名おじ様のお兄さんに「本当に」って言い切ったのは真実。そう誓いなんだね(n´v`n)。**

車に乗り込むと、2人は熱いキスを交わし、瀬名は涙を浮かべるちづるを優しく抱き寄せ何度もディープキスします。

やがて瀬名の手はちづるの胸に伸びて、「帰ったら、抱いていい?」
とイタズラっぽく聞いてきます。

顔を赤らめながら承諾するちづるは、瀬名の変化をしっかり感じ取っていました。
帰るなり瀬名は、ご飯やお風呂を気にするちづるの口を唇で塞ぎ熱い抱擁をするのです。

**迷いの消えた瀬名おじ様、激し過ぎ((´д`*)ぁあ~。感じすぎるちづるちゃん、次はいよいよ・・。続きが気になる~(*」´ェ`)」。**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 12話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 12話 ネタバレ 「挿れるよ?」 レビューします。

下着姿で瀬名に抱かれるちづる、あっという間にブラを外されプリンと飛び出した乳首を舐められ、舌先で弄ばれます。

**(´○`)あぁん、瀬名おじ様の見事な先制攻撃にちづるちゃんはたまらず声を漏らします**

綺麗な体をしてる、と瀬名に褒められ、言われるまま足を広げるちづるのめしべは、
瀬名が指を滑らせると湿りを帯びていました。

音を立てて弄り回す瀬名に、「いや、だめぇ」と声を漏らすちづる、
瀬名の指が次第に奥へと入っていきます。

クリトリスを弄られながら喘ぎまくるちづる、瀬名の指がめしべとクリトリスを一緒に
指で弄られると身体に電気が走るようにビクつくのを感じていました。

**( ;´Д`)イヤぁ、身体をビクつかせるちづるちゃん。
だんだんオンナの悦びを感じてきたみたい。
喘ぎ声を漏らして悶え狂うトコ(´○`)ぁん、漫画で要チェック~**

熱いディープキスをした瀬名は、ちづるに呼びかけ「挿れるよ?」と告げスキンを付けます。

うなずくちづるのめしべに、瀬名のモノがゆっくり奥まで入っていきます。
瀬名はちづるを気遣いながら身体を動かし、ちづるは喘ぎ声を漏らしながら、瀬名と一つになった喜びを感じるのでした。

**ついに一つになった瀬名おじ様とちづるちゃん( ´∀`ノノ。2人のこれからに期待!です。**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 13話 ネタバレ

身体を繋げた翌朝・・・ レビューします。

瀬名と一つになった翌朝、瀬名はちづるの身体を気遣います。

昨日は帰宅してすぐに愛し合ったのでお風呂に入っていない事を思い出したちづるはお風呂に入る事にしますが、瀬名も一緒に入ると言いました。

明るい浴室に照れるちづる、瀬名に身体を洗ってもらいますが、スポンジで洗われているだけでつい声を漏らしてしまいます。

**うんうん(o’∀’))、エッチした翌日はめしべの奥が熱くズキン(´○`)ぁん、ってしてしちゃうけど、さすが瀬名おじ様、ちづるちゃんの事、大事にしてますね(*ノ∀`*)。**

「昨日の今日だから、余り煽らないで」
と我慢している瀬名にたしなめられ、裸のまま2人は抱き合ってディープキスをし、瀬名に抱きとめられるように浴槽に入ります。

再び唇を重ねる瀬名は、ちづるのめしべに痛みがないかを気遣って尋ね、クリトリスにシャワをあて指で刺激し始めました。
ちづるは喘いで悶え感じまくり、身震いするほどの衝撃を身体に受けて「い、いっちゃうっ、ぁあo┤*´Д`*├oアァー」
と声を漏らして絶頂します。

**ちづるちゃんの弱いトコはクリトリスなのねφ(´・∀・`)))。
朝から絶頂させちゃうとは瀬名おじ様のテクはスゴイ(d゚ω゚d)。
これからもバンバン攻められそう。**

堂々としたデートは出来ないけど、旅行に行こうと誘ってくれた瀬名にちづるの表情はパッと明るくなるのでした。

**そうネー、人目を忍ぶ恋になっちゃう予感がします(´;ω;`)。
続きが気になります**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 14話 ネタバレ

「ちづるが小学生の時のおはなし」 レビューします。

ちづるを引き取った12年前、瀬名にはちづるの知らない葛藤がありました。

**今回のお話しは、ちづるが小学生の時、瀬名おじ様に引き取られた当初の頃が舞台なのね。
詳しく聞くのは初めて~(。・ω・)
ちづるちゃんも知らない話し、スゴイ楽しみ(o’∀’))♪**

当時瀬名には結婚を誓いあっていた彼女がいて、ちづるを引き取る時に別れを告げられていたのです。

「自分の人生、犠牲にするつもり?」

彼女が言い残した言葉を、ちづるを育てていく間に何度も自問自答する瀬名。

しかし当時小学生だったちづるは懸命に瀬名に心を寄せ、歩み寄ろうとしていたのでした。

同級生に、「お父さんでない人と一緒に暮らすのは変」
と言われた事を気にして、瀬名に「お父さん」と呼びかけ瀬名を動揺させます。

ちづるは今にも泣き出しそうなほど必死な表情で、「ここにいていい?」と瀬名に尋ねるのです。

**小学生のちづるちゃん、両親を亡くしたばかりで寂しかったはず。
瀬名おじ様に懸命に歩み寄ろうとする姿がすごい健気で涙が出ます(´;д;`)。**

優しく応えてくれた瀬名に、こらえていたいろんな想いを飲み込むような表情を見せたちづるは、手を握り締めてくれた瀬名の温かさを感じながら、「ありがとう、叔父さん」と笑いかけるのでした。

**ぅん((´д`*)ぅん、小学生のちづるちゃんが見せた笑顔に、瀬名おじ様は自分の、きっと選んだ道が間違っていないって確信したはず。
でもこの2人の歩いていく道の行方、すごく気になる~(*´・д・)。**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 15話 ネタバレ

「叔父さんのシャツの匂い」 レビューします。

急に出張が入った瀬名は、自宅で留守番をするちづるに電話を掛け、今度行く旅行の事や他愛のない話題を楽しく話します。

「は・・・やく帰ってきてね」

と声を漏らすちづるに、瀬名は欲しがるちづるの心を悟って「わかった」と応えます。

電話を切った2人はお互い、離れている相手に思いを馳せるのでした。

**女の身体になって初めてのお留守番(´○`)は、や、く帰ってきて欲しい気持ちは、心だけでなく身体も瀬名おじ様を欲しがる、女の本音ですね(*/∀\*)ハズカシイ。。**

一人でいる孤独感に押し潰されそうになったちづるは、瀬名の寝室に入り瀬名のシャツを抱きしめ、ベッドで瀬名のニオイを感じます。

次第に言い知れぬ興奮に包まれたちづるは、自分のパンティに指を滑らせめしべが濡れている事に気付きます。

**ココ、だったよね(_´Д`)ぁ、クリトリスをソッと弄るちづるちゃん、瀬名おじ様
のニオイに甘い感触を思い出してるみたい。もう身体は、おじ様ナシじゃいられないね**
瀬名が攻めるトコを指で弄りながら、ちづるは瀬名を感じ寂しさを紛らわせるのでした。

**明日の朝には、おじ様帰ってくるよ(o’∀’))。さあ、どんなオネダリするのかな**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 16話 ネタバレ

「ひとりでしてたの?」 レビューします。

出張から帰宅した瀬名、けれど部屋はシンと静まり返っています。

開いている自分の部屋を怪訝に思いながら、瀬名が中に入ると目に飛び込んできたのは、瀬名のベッドの上で瀬名のシャツを握りしめて自分のパンティのなかに指を入れたまま寝入ってしまっているちづるの姿でした。

反応に困る瀬名。

** ( ;゚∀゚)アララ…ちづるちゃんたら・・・瀬名おじ様メチャ困ってるよ~=**

寝ぼけながら目を覚ましたちづるは、瀬名に自分の行為がすべてバレてしまった事を悟り、恥ずかしさから布団にもぐってしまいます。
「布団の中からゴメンなさい」を連発するちづるは、瀬名に嫌いにならないでと懇願します。

**悪戯が見つかって謝る子どもみたいな純粋で可愛いちづるちゃん、でもその行為は自分を全身で恋い慕ってヤっちゃった( ;゚∀゚)事だから怒れないよね、瀬名おじ様**

「嫌いになんてならないよ」優しくちづるに触れる瀬名は
「一人でしてたの?」と耳元で囁きます。

顔を赤らめるちづるをソッと抱き寄せる瀬名は、自分がいない間にした行為を見せて
とちづるに言いながら唇を重ねます。

**アノ行為(´○`)ぁ.を見せてだなんて。
でも瀬名おじ様のお願いを聞いちゃうちづるちゃんのめしべはジンジン熱くて、やる気満々ですね(´Д`)ぅ。**

そして瀬名の言うままに自分のめしべを弄りながら、瀬名とディープキスを交わします。そんなちづるに

「たくさん濡れてる、いやらしいね」
と言いながら、ちづるの行為で膨らんだモノを触り始めます。

**ぁん(*´д`*)、瀬名おじ様の指がちづるちゃんの弱点に伸びてきちゃいましたネ。
いよいよ、次は瀬名おじ様の怒涛の責めが始まりそう( *>ω<)待ち切れなーい!**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 17話 ネタバレ

「お仕置き」レビューします。

瀬名に、自分のめしべを弄るように言われ行為に及ぶちづる。
そんなちづるの指に自分の指を重ねた瀬名は、「ここと・・・ここが気持ちいいはずだよ」
と、ちづるの性感帯をクリクリと刺激します。

**自分の指じゃ届かない、ってスネるちづるちゃん。
やっぱり瀬名おじ様の指が一番だネ**

「おいで?いっぱい触ってあげる」
と瀬名に呼びかけられたちづるは、恥ずかしさと悦びで静かにうなずくのです。

瀬名のベッドに横たわったちづるはキャミソールの上から乳首を何度も吸われ乳首が硬くなり、さっき2人の指で弄っためしべは瀬名が指を滑らせて中に入るとジュブジュブと音をたてていました。

**濡れ湿ってイヤらしい音をたててるめしべ、漫画の表現はサスガです(´○`)**

「はっあぁーっ」
たまらず声を漏らすちづるの腰を持ち、バックから激しく自分のモノを突き入れる瀬名。
ちづるは奥まで突き入れられた衝撃にゾクゾクしますが、瀬名は自分がいない間にちづるが一人でしていた罰だと言うのでした。

瀬名が後ろで動くたびキュウぅッと締まるちづるのめしべは、瀬名のモノが突き入れられるたびちづるの全身を熱く震わせるのでした。

「叔父さん・・・顔が見えないの嫌なの」
感じながらも愛する瀬名の顔を見ながらしたいちづるは、瀬名と抱き合い唇を重ねながら絶頂を迎えるのでした。

**バックでイっちゃいそうだったのにo┤*´Д`*├o。
やっぱりちづるちゃんは瀬名おじ様と呼びかけ合って身体を重ねて愛し合いたいんだね(*´∀`*)。今回の描写は漫画必見です**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 18話 ネタバレ

「ふたりきりの温泉旅行」 レビューします。

以前から2人っきりの旅行を計画していた瀬名とちづる。

いつものように瀬名の事を「叔父さん」と呼んでいたちづるに、瀬名はせっかくの旅行
だから名前で呼んでと言います。

緊張しながら「ゆきひささん」と呼びかけるちづるに、瀬名は嬉しそうに応えるのでした。

**待ちに待ったお泊まり旅行で、名前を呼び合う2人とってもお似合いだね。
ちづるちゃんの緊張した呼びかけ、瀬名おじ様の笑顔ステキ(*´ω`*)**

温泉旅館の近くで見頃を迎えたいた紫陽花を2人で見ながら瀬名は無邪気にはしゃぐちづるにキスをします。

手をつないで周辺を散策し、2人は満ち足りた幸せを感じていました。

**素敵なキス(*´ェ`*)。
熱く愛を求め合う姿もヨイけど、こんな不意打ちも嬉しいよね、ちづるちゃん。
手をつないで歩く姿も幸せそう(*ノ∀`*ネ。**

温泉旅館に戻る途中雨が降り出しすっかり濡れた2人、瀬名はタオルで優しくちづるの
髪を拭いてあげるのでした。

**お部屋は露天風呂付き、雨に濡れた2人・・ナニかが起こりそう~∑(。>д<。)キャ。**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 19話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 19話 ネタバレ 「和室・露天風呂・キスマーク」レビューします。

温泉旅館で露天風呂付きの部屋、夕立ちで身体の濡れた瀬名とちづるは一緒に露天風呂に入ります。

「こっちこないの?」と浴槽でちづるを呼ぶ瀬名、2人は身体を寄せて抱き合います。
そして静かに唇を重ね、お互いを求め合うようにディープキスするのでした。

**一緒に露天風呂入る時ちょっと照れくさそうだったちづるちゃん、タオルで前を隠して恥じらう姿が可愛いケドやっぱり瀬名おじ様のそばにいたいんだね**

瀬名の身体にキスマークを付けようとして上手くいかないちづる、瀬名はちづるの胸を強く吸い、やがてうなじ、耳元、乳首へと唇を移していきます。

そして指をめしべへと伸ばし弄り始めます。

**やっぱり瀬名おじ様のほうが一枚上手。
逆にキスマークつけられたちづるちゃんへの攻めはまだまだ続きそう’`ァ,、ァ(*´Д`*)’`ァ,、ァ。**

ギュウと瀬名にもたれかかり、身体をビクビクさせながら瀬名に抱きつくちづる。

瀬名が指入れを止めず、動きを速めるとちづるは「あぁーッ」っと声をあげイってしまうのでした。

**まずは露天風呂で第一ラウンド(´○`)ぁ。
でも夜はまだまだこれから、お泊まり旅行の続き、すごく気になります**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 20話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 20話 ネタバレ 「アルコールでアツくなる身体」レビューします。

2人きりの温泉旅行の夕食の時に、瀬名はちづるにお酒を勧めます。
ちづるは、ハタチになったばかりの頃瀬名の友達に薦められたお酒で、大人ぶってペースを考えず深酒した苦い過去を思い出し、少しためらいますが今日は瀬名がいるから大丈夫と思い盃を受け取ります。

**そうそう、初めてのお酒で大失敗しちゃったんだよね。
でもあの時は、自分を大人に見せたかったんだよね、もう大丈夫だね(*´ω`*)。**

楽しく会話を交わしながら食事する2人、ちづるは、瀬名が忙しい中で時間を作ってくれた事に心から感謝するのでした。

必死で言葉を選んで気持ちを伝えようとするちづるに、瀬名は「ごめん」と言います。

ドキッとするちづるに、「それ以上何か言われると触りたくなるから・・ダメ」
と顔を赤らめる瀬名。

そして自分以外の前ではお酒を飲まないほうがいいとちづるに伝えます。

**ちづるちゃんが一途な思いを伝えてる時の「ゴメン」はドキッとしちゃうよね。
でも焦る瀬名おじ様の表情可愛い(ノω`*)。ちづるちゃんの事も心配なんだよね。**

お酒を飲み喉が渇いたちづるは、一人で旅館の自動販売機に水を買いに出掛け、夜するのかな・・ってチョッピリ想像しながら部屋に戻ろうとします。

そこで男の子2人組とぶつかり、ナンパされてしまうのです。
そこに瀬名が現れて・・。

**あらら、ちづるちゃん。夜の事考えてうわの空だったもんね(*´ェ`*)。登場した瀬名おじ様、どうなっちゃうの~∑(*゚д゚艸)。**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 21話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 21話 ネタバレ 「乱された浴衣」レビューします。

ナンパされそうになったちづるですが、瀬名が現れ「なんだ、家族連れか」
と残念そうに退散します。

はたから見たら家族、恋人同士のつもりでいたちづるはショックを隠せません。
うつろな表情のちづるの腕を瀬名は強く引っ張り、部屋に入るなり乱暴にキスをします。

「どこか触られた?」と尋ねる瀬名に、大丈夫と答えるとちずるのキスマークにソッと頬を寄せ、瀬名は心から安堵するのでした。

ピンチは免れたけど、恋人に見られなかったのが悲しかったんだね( *>д<)。
でも瀬名の心配ぶりは、子どもに対してではなく完全に“自分の女”そのものですね
そして浴衣を脱いだちずるの胸を弄りながら、2人はディープキスを交わします。

胸に舌を這わせ激しく吸う瀬名の攻めに、声を漏らすちづる。
瀬名が怒っていないか気にかけるちづるに、熱い指をめしべに挿れ「おしおき」と言いながら、ちずるの下半身を天井へ向け露わになっためしべを舐め回す瀬名。

じっくりとすべてを見られて、「だめっ、恥ずかしいよぉ」
と声をあげるちづるは震えながら布団に潜ってしまいます。

硬くなっている瀬名のモノを感じながら、ちづるは思い切った行動に出るのでした。

瀬名おじ様ったら、なんて大胆な攻めを・・。
女子のめしべを白日に晒すなんて(´○`)。

で、でも硬くなった瀬名おじ様のモノを見てちづるちゃんってば一体何をシテあげちゃうの~?気になります。

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 22話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 22話 ネタバレ 「舐め合いだけじゃ足りなくて」レビューします。

「叔父さんにも気持ち良くなって欲しい」ちづるが、瀬名のモノを口に咥えると、瀬名は短く声を発しながらちづるのめしべに舌を這わせます。

音をたてて舐め合う瀬名とちづるは、言い知れぬ快楽に全身を貫かれていきます。
そして、スキンの封が開き、瀬名のモノがちづるのめしべに挿入され、「あ・・は・・ぁぁ」ちづるはたまらず声を漏らし受け入れるのでした。

**「瀬名おじ様に悦んで欲しい」ちづるちゃんはもう、恋人を想う女性の気持ちをちゃーんと分かっていたんだね(*’д`*)。
お返しもバッチリo┤*´Д`*├oアァん。**

奥まで入り、瀬名はパチッパチッと身体をちづるに突きあてます。

「好き」を何回もつぶやきながら、めしべは瀬名のモノをギュゅ~っと掴んで、2人は絶頂を迎えます。

お互いの気持ちをハッキリと確信した2人は、強い絆を感じていました。

「幸せだな・・」

例え周りからどう思われようと、こうして、ずっと一緒にいたいという思いをかみしめるちづるでした。

**うんうん、道ならぬ恋だけど、2人の気持ちは本物だもの(´;ω;`)。
今の気持ちを大切にしたいって言う2人のこれからが気になります**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 23話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 23話 ネタバレ 「寝起き姿にそそられて・・・」レビューします。

温泉旅行での1夜が明けて目を覚ました瀬名は、まだ無邪気な姿で寝ぼけているちづるの姿にキスをし、うなじを味わって乳首を舐め回します。

目を覚ましたちづるは、浴衣の前がはだけ胸があらわになっている自分の姿に気付くと、驚いて顔を赤らめるのです。

**ちづるちゃんの寝顔チョ~無防備(つω`*)ヤン。
瀬名おじ様が欲情しちゃうのも無理ないです。
浴衣ってオッパイポロリになっちゃうし(*´∀`*)アン。**

「朝なのになんで・・」するの?

と言いかけたちづるの口を、熱いキスで塞いだ瀬名は、グッショリと濡れたちづるのパンティを脱がせめしべに指を滑り入れてきたのです。

「ぐしょぐしょだ」と言いながら、音を立ててちづるのめしべを指でかき回す瀬名、ちづるは、にゅちっと突きあたる刺激にゾクッゾクと駆け巡る快感を抑えきれずイキそうになり、自分のモノを挿入してきた瀬名を受け入れて一緒に絶頂を迎えます。

**そう、朝なのにしちゃった2人(´○` )。
グッチョリ濡れてたちづるちゃんのめしべ触っちゃったらもう、挿れてしまうしかないですね**

そしてチェックアウトの時間を迎え、いよいよ2人っきりの旅行は終わりの時が近づこうとしていました。

**幾度も、身体を重ね心を通わせた旅、きっと2人の絆は深まったはず・・
なんだけど、なんだか謎めいたメールが・・。ああん、気になる~**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 24話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 24話 ネタバレ 「指輪の意味」レビューします。

チェックアウトを済ませ温泉旅館を後にした瀬名とちづる。
帰りにちづるの親友へのお土産を買い、お店の人に初めてカップルと言ってもらえ、ちづるは喜びの気持ちでいっぱいになります。

アクセサリーに目がとまり、散策の時に瀬名にキスしてもらった思い出の紫陽花をかたどった指輪に心魅かれるちづるですが、瀬名は指輪ではなくブレスレットを勧めるのでした。

帰りの車中で「ごめん」と謝った瀬名。

ちづるは瀬名の真意が分からず、帰宅するまでうわの空だった瀬名を気にかけます。

**アララ、指輪はスルーされちゃったねc(´ω`o)。
ちづるちゃんは、瀬名おじ様が選んでくれたブレスレットに喜んでるけど、
瀬名おじ様の微妙な表情。ここはマンガでぜひチェックしてもらいたい場面です**

わざと元気に振る舞い「幸久さん」2人の時は名前で呼んでいいよね。
このくらいはいいよね、という気持ちで瀬名の腕をつかみます。

しかし瀬名は「それはダメだ」と言い、車で聞いたごめんの言葉と共にちづるを不安にさせるのでした。

そしてあんなに近くに感じた瀬名の心が、遠くに離れた様に感じてしまうのです。

**ちづるちゃんの、まさにすがり付きたい気持ちが痛いほど伝わってきます。
「ダメだ」「ごめん」と言った瀬名おじ様の本心が知りたいですよね(Pд`q。)。**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 25話 ネタバレ

保護者失格。一線を越えた夜 25話 ネタバレ 「親友にも言えない好きな人」レビューします。

ちづるが子どもの頃から願っていた事、せっかく瀬名と心を通わせる事が出来たと思った温泉旅行。

けれど帰りに瀬名の心がまたフッと離れてしまったようなちづるは、帰って以来2人の関係がぎこちなく思えていました。

**普段通りに振る舞おうとする2人だけど、だからこそ感じるものがあるみたい。**

親友のちよ子のメールで、相談があると呼び出されたちづるは、お互いの昔を良く知る相手との会話で心を和ませていました。

**すごいボーイッシュで大人っぽいちよちゃん、昔からちづるのナイトみたいな存在だったんだね(o’∀`o)。ネイリストでオシャレな雰囲気バッチリな子です**

複雑な家庭に育っていたちよ子はよくちづる達の家に遊びに来て、瀬名の事も良く知っている間柄なのです。

ちよ子の相談とは、瀬名よりも年上で、ずっと付き合ってきた相手と結婚するかもしれないというものでした。

「でも、迷っている」とちょっと浮かない表情のちよ子の本音は・・。

**おおー、おめでとうちよちゃん( ´∀`ノノ。
と言いたいところですが、ちづるへの相談の本題、悩みの内容メチャ気になるよね~(*´・д・)。**

▼▼保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

保護者失格。一線を越えた夜 26話 以降はこちらをクリック

つきのおまめトップにもどる。