君、恋しと言はば 無料

君、恋しと言はば 無料
はHandyコミックで無料立ち読みできます!

▼▼「君、恋しと言はば」無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

Handyコミック【【BL】君、恋しと言はば】LP1※スマホ専用

>>>こちら

君、恋しと言はば1話 ネタバレ

君、恋しと言はば 1話 ネタバレ またフラれた? レビューします。

「君、恋しと言はば 第1話 またフラれた?」

「ごめん、無理~わたし頼りがいのある人が好きなの。肉食系ってやつー?」
相田はそんな簡単な一言であっさりとフラれてしまったのだった。

これまで告白してきた4人の女性たちみんなに言われたこと・・・

『相田くんは優しいケド、それだけ』
腹を立てつつ、家に帰ってふて寝をする相田。

そんな中、こっそりと窓から部屋に侵入しベッドに寝ている彼にラリアットを食らわせたのはタイガ。
タイガは窓からしか相田の部屋に来ないので、いつも部屋の窓のカギを開けているのだ。

タイガは小さい幼馴染。

今日も墓穴を掘って相田の心をえぐり取ってくれるのだ。
「リュウくんにはもっといい人がいるよ・・・」
そう真剣にタイガは呟くのだった。一時経って落ち着いたころ、タイガがフラれた彼女のことについて聞く。
相田は気づいていないようだが、
タイガには彼の好みを聞きたい理由があったのだ。

感想●あああ・・・きっとタイガはリュウのことが・・好きなのだね。
目が真剣ですものね!!!
リュウはまったく気づいていないのでしょうか。
むむむ。切ない展開の予感?

▼▼「君、恋しと言はば」無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

Handyコミック【【BL】君、恋しと言はば】LP1※スマホ専用

>>>こちら

君、恋しと言はば2話 ネタバレ

君、恋しと言はば 2話 ネタバレ へー・・・思ったより毛、生えてんじゃん レビューします。

「君、恋しと言はば 第2話 へー・・・思ったより毛、生えてんじゃん」
「最っ低!そういうデリカシーのないこと言ってるからフラれるんだよっ!」
言い合いの発端は、タイガがフラれた彼女について聞き、リュウがキレて『毛の生えてないようなガキが!』
と言ったことに始まる。

体格のかなり違うふたり。
タイガはあっさりとリュウに抱え上げられ、ぱんつを下ろされてしまう。

「図星なんだろ、生えてないの少しは年上を敬うことを覚えろ、よっ!」
剥かれてしまったタイガはそれ以上動かない。
タイガのアソコを見たリュウは「ほお、思ったより生えてんじゃん」
とさらにデリカシーのない発言を続けた。

しかし、問題はそこではない。
タイガのモノがたっているのだ。
タイガは泣いていた。
リュウはそれを自分のやった行動からだと理解し、ぱっと拘束していた手を放した。
静かな、気まずい時間が部屋に流れる。

最初に言葉を発したのはリュウだった。
「タイガ・・・悪ぃやりすぎた」
「うっさい!!!」

会話はそこで終了。タイガは窓から帰っていったのだった。
ひとりになって思い出す、タイガとの記憶はかわいらしいものだった。

感想●あああ、純愛・・・っぽいwww。
好きな人(勝手に断定)にあんなことされたら恥ずかしいって。
デリカシーないってww。
オトナになったな~と思ってるリュウの顔がなんだか幸せそうで、ドキドキしてくるwww。

▼▼「君、恋しと言はば」無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

Handyコミック【【BL】君、恋しと言はば】LP1※スマホ専用

>>>こちら

君、恋しと言はば3話 ネタバレ

君、恋しと言はば 3話 ネタバレ アイツが何考えてるか、わかんねー レビューします。

「君、恋しと言はば 第3話 アイツが何考えてるか、わかんねー」
「相田ーまたフラれたんだって!」

満面の笑みで慰めてくる先輩と居るのは居酒屋だ。
自分の話を酒の肴に楽しそうに飲んでいる姿を見ると、なんだかイライラしてきて、リュウも一気にビールを飲み干す。

時間がたち、酒もいい具合に回ってきたところで愚痴っているのは彼女ではなく『タイガ』の話だった。

「人のことなんだかんだでバカにするわ。べたべたしてくるくせに、ちょっとからかったら泣くわで、大変なんすわー」

「相田、その幼馴染の子の態度、単純におまえのこと好きなんじゃん?」
「へっ?」

考えたこともなかった、というような声が出た。
思わず酒のせいではない顔の赤みを感じる。
心の中で『いやいやいや男だし、幼馴染だし』

と全否定してみる。

が、なんだか変な気持ちだけが残ってしまった。
家に着くと、ちょうど偶然タイガが外を走りに出てきたところだった。
ついてくるなと言われても、謝るためについていった。

酒の飲み過ぎで吐いて、結局タイガに送ってもらうことになって、情けなくなった。

感想●えっえっえっ?!急展開?!
ヤっちゃうの?次ヤっちゃうの?!(笑)。
いやはや、やはり純愛じゃないですかっ。
飲みながら出てくる愚痴って、実はのろけですよねってやつです。
のろけです。結局www。
▼▼「君、恋しと言はば」無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

Handyコミック【【BL】君、恋しと言はば】LP1※スマホ専用

>>>こちら

君、恋しと言はば4話 ネタバレ

君、恋しと言はば 4話 ネタバレ 恥ずかしいから・・・あんま見んで・・・っ レビューします。

「君、恋しと言はば 第4話 恥ずかしいから・・・あんま見んで・・・っ」
酒に酔って吐いたリュウを介抱するために、部屋に連れて行ったタイガ。

寝かせたら、返事がなくなったから寝たと思ったのだ。
思わず、キスしてしまった。

その時、ぱちっとリュウの目が開いてばっと身体を離したのだが。。。逃げようにも腕を掴まれてしまってタイガは帰れなくなってしまったのだった。

「おまえ・・俺のこと好きなの?」

そっぽ向いて座っているが、否定の言葉はない。

「・・・なんで?どこが?」
しばらくの沈黙をおいて、「優しいとこ・・・」

と弱弱しい声が返ってきた。

お土産を買ってきてくれること。
風邪ひいたら徹夜で看病してくれること。
そういう優しいところ全部が好きだ。
と、タイガは言った。

ふと手が伸びだのは無意識だったのだろうか。
タイガにキスをしていた。

『なんだ、ちゃんといたじゃん。おれのことちゃんと見てくれるヤツ』
そして、彼らも健康な男子。
気分も盛り上がればアソコも反応するというものだ。
やりかたもよく知らないが、気持ちだけはきちんと入っている。
そんな時間だったのだ。

感想●え、なにこれ純愛?(笑)ほわほわしてドキドキしちゃう( *´艸`)。
「優しいとこだけ」ってフラれたのにそれが好きって言われちゃったらそりゃもう恋に落ちるしかないですよね。ヤりますよね!!!

▼▼「君、恋しと言はば」無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

Handyコミック【【BL】君、恋しと言はば】LP1※スマホ専用

>>>こちら

君、恋しと言はば 無料5話 ネタバレ

君、恋しと言はば 5話 ネタバレ そんなに締めたら・・・!? レビューします。

「君、恋しと言はば 第5話 そんなに締めたら・・・!?」
ベッドに横になって足を広げると、思った以上に恥ずかしいことに気づいたリュウ。

それは相手がタイガだからなのか?!
と頭の中でぐるぐると考えていると、ぎこちなくアソコに口をつけるタイガ。

その口の中のあたたかさに、身体が反応するのを感じて思わずストップをかけてしまう。

それは彼の小さなプライドだったのだろうか。
タイガを下にし、股を開かせ、ゆっくりと自分のモノを入れる。
「ぅあっあ!タイガあんま締めっ・・・」
タイガの身体がびくびくと反応するたびに締まる穴。

それにいちいちイきそうになってしまう。

「はっはっ・・・おれ・・・」
自分が先にイってしまった情けなさが襲い掛かる。
しかし、タイガはそんなことは大丈夫だと言った。

「おれ・・・リュウくんのこと大好きだから何回でもしたい・・・」
そしてキスを。

「おれも、おれもだ・・・」
そして長い夜が始まるのだった。

感想●うおーーーいいっっ!!!
絵柄がほんわかしてカワイイ感じなので、普通の純愛として楽しめてしまった・・・( *´艸`)。
タイガがかなりいい男ですね。
女子にもモテそうなのに・・・リュウは今後苦労するでしょうね。
そんな次回作も見てみたい!

▼▼「君、恋しと言はば」無料立ち読みはこちらをタップ▼▼

君、恋しと言はば 無料

>>>こちら

つくも号にもどる。